« 緑亀携帯、小さな親切大きな漏電 | トップページ | 新・三銃士、こりゃ掘り出し物。 面白い »

2009年11月21日 (土)

シネマごしっぷ タラ新作を観てきて感想(ネタバレ無し)

20091121タランティーノ監督の新作、イングロリアス・バスターズを観てきた。
う~ん、タランティーノ色、弱し。
ちょっと普通すぎるかなぁ。
もっと、タラ色に染めてほしかった。

いつもの無意味会話、レザボア・ドッグスなら、マドンナのライク・ア・バージン。
パルプ・フクションなら、ハンバーガーの会話 などだ。
あれが無い。
会話のシーンがほとんどの映画なのに、会話は進行上必要な説明をしているかのよう。

痛いシーンも弱め。
ナイフを使った、○○シーンも、そんなに痛そうじゃなかったし・・・
やっぱりキル・ビルの腕切りシーンくらいに、ブシューと血が飛び散るくらいにやってほしかったものです。
これは、爺さんが痛シーンに免疫ができただけかもしれない。
慣れちゃったのかもしれない。

また、ここでそんな曲使いますか的な、絶妙な選曲も無かったなぁ。
というか、曲自体がほとんどかかってなかったような・・・
小さい音でかかってた??? かかってないよね???

ブラピ率いるバスターズが、ナチ公とドンパチするのかと思ったら、そんな事は無かったし(それで正解だと思う)、ブラピの出演時間も30分くらいかな?
正味20分かもしれない。

ま、ブラピを見に行ったわけじゃなく、タランティーノの新作だから見に行ったわけで、割引日だったらしく千円でみれたし、良い席だったし、迷惑な客もいなかったので、楽しめました。

星(5つ満点で)
二つ半です。
全額返金キャンペーンがあと数日だけやってますけど、席を立つほどひどい出来じゃない、でも大満足だったともいかない・・・
「普通の映画だった」という言葉に尽きますな。
(アバターの予告編を大画面で見たら、美しかった・・・・)

« 緑亀携帯、小さな親切大きな漏電 | トップページ | 新・三銃士、こりゃ掘り出し物。 面白い »

シネマ と ドラマ ごしっぷ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。