« デジ物コバナシ いじってる時、何を聴く? | トップページ | あぁ、食い道楽 ブロッコリとカリフラワーって同じ物!? »

2009年12月 4日 (金)

シネマごしっぷ 3D映画上映が無い茨城、どうする?

2009120412月23日公開で、ジェームス・キャメロン監督14年ぶりの新作“アバター”。
これ3D映画なんですが、田舎の茨城では3Dで公開する映画館が無いかもしれないという事が判明。
行きつけの映画館では3Dで公開しないのだ。
ちょっと足を伸ばすと行ける、遠くの映画館のHPを見てみたが、まだアバターの情報が載っていない。
23日公開だというのに、のんびりしているなぁ・・・
同じ3D映画のクリスマス・キャロルは子供向けという事もあり、通常版と3D版を2つ別々に上映している。
しかし、3D版は日本語吹き替えになっている。
飛び出す映像に大喜びする子供達が目に浮かぶ3Dは、子供向けという事で位置づけなのだろう・・・・

となるとアバターである。
3D版が日本語吹き替えにならないだろうかが心配である。
吹き替えの3D版と通常版のどちらが見たいか?というと通常版になりそうである。
3D映画として作られているのに、通常版で上映されてしまうのはもったいないのだけど、吹き替え版には見たくない・・・
自分は3D映画を見たことが無いので、始めての作品ではアタリを引きたい気持ちもある。

14年ぶりのキャメロン監督作品。
これはお祭りに近い気持ちがあり、乗っておいて損は無い映画。
必ず映画館で見ることにするけれど、上映方法はどうなるのやら・・・
東京まで行って見る という強行手段もあるのだけれど・・・

« デジ物コバナシ いじってる時、何を聴く? | トップページ | あぁ、食い道楽 ブロッコリとカリフラワーって同じ物!? »

シネマ と ドラマ ごしっぷ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。