“裏” あぜ道通信

  • 偉大なマスター
    ブログ本文には載らない、没写真、ひっそりとUPします。 ネタ晴らし、舞台裏、そういうの、欲しいでしょ?
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« あぁ、食い道楽 マリブミルクで安眠を | トップページ | あぁ、食い道楽 カマンベール買占めたろか »

2009年12月17日 (木)

シネマごしっぷ ジブリ新作は借りぐらしのアリエッティ

20092117スタジオジブリの新作は「借りぐらしのアリエッティ」というタイトルで、来夏公開されることが分かった。

人間の家の床下で、生活品を拝借して暮らす体長15センチほどの小さなアリエッティ一家が、その家に引越してきた男の子に姿を見られたことから起こる騒動を描いた作品になるという。

監督は同作がデビューの米林宏昌が務める。
米林監督は「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」「崖の上のポニョ」で原画、「ゲド戦記」で作画監督補、三鷹の森ジブリ美術館で上映された短編「めいとこねこバス」でアニメーション演出など、多数のジブリ作品に携わってきたアニメーターだという。
企画には宮崎駿監督も名を連ねているが、制作に関わっていないので、ちょっと心配だ。
ゲド戦記の失敗を思い出すので・・・
その他、“猫の恩返し”“となりの山田君”“耳をすませば”“狸合戦ぽんぽこ”など、宮崎駿ブランドでない作品は、駄作とは言わないけれど、パワーダウンが否めない物が結構ある。

宮崎監督の作品でないと、ガクンとレベルが下がるジブリ作品。
今回のアリエッティもどうなるか心配である。

« あぁ、食い道楽 マリブミルクで安眠を | トップページ | あぁ、食い道楽 カマンベール買占めたろか »

シネマ と ドラマ ごしっぷ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。