« あぁ、食い道楽 人目を避けてラーメン雑炊 | トップページ | ゲームしてみる? アニメ声に萌えずになえる »

2010年1月 6日 (水)

龍馬伝、初回の感想

20100106_32010年の大河ドラマ“龍馬伝”の初回を見てみました。
70点。
とりあえず合格点だと思います。
話の展開の仕方も面白かったし。
ただ主役の福山さんが、まだ龍馬のキャラクターをつかみきれてないというか、演技が固まってなかったような印象。
「誰も見たことがない福山がいる」と宣伝していたわりに、「これ、ガリレオの湯川じゃん」とも取れる演技にちょっとがっかり。
もっと人間味のある龍馬を期待していただけに残念。
この点は、時間が解決してくれるのかもしれませんが、果たして福山さんの演技の引き出しはまだあるのでしょうか?
初回の福山さんは、香川照之さんと大森南朋さんの演技と存在感に完全に食われてました。
今後の頑張りに期待したい。

初回の視聴率は23%だったようです。
“天地人”の初回が24%だったので、負けてしまったわけですが、高視聴率を最後までキープし続けた“篤姫”の初回は20%なので、まだなんとも言えません。
歴史上の人物で一番の人気を誇る坂本龍馬を描くだけに、天地人ように失速し、見限られる事はさすがに無いでしょうが、数字を何処まで伸ばすかが見ものです。
ぼかぁ、毎週見る事にします。

« あぁ、食い道楽 人目を避けてラーメン雑炊 | トップページ | ゲームしてみる? アニメ声に萌えずになえる »

まさ爺のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。