« トラベル・レポート 福井 雪の永平寺 | トップページ | トラベル・レポート 福井 蟹尽くし、強烈な夜 »

2010年2月12日 (金)

トラベル・レポート 福井 松平春嶽ゆかりの地へ

20100212福井県庁近くにやってきた。
福井県の観光と言えば、永平寺や東尋坊くらいだろうか?
(馬鹿にしてませんよ。茨城なんて何も無いですから)
歴史好きの我が家としては、ただの観光地を回るつもりは毛頭ない。
福井ゆかりの人物が関係する場所を前もって調べていた。
いました、いました。
松平春嶽(しゅんがく)です。
第16代越前福井藩主で、幕府の政治総裁を務め、明治維新後も重要なポストを歴任した人物。
幕末の四賢侯の一人とされる名君ですな。(残りの3人は知らないけどw)
明治という年号は春嶽が命名したんですよ!!

勝海舟とも親交があり、坂本龍馬が勝海舟に会いに行ったとき、春嶽の紹介状持って訪問したという資料がある。
通説では龍馬が勝海舟を斬りに行き、海舟の持論を聞き即座に弟子入りしたという事になってますが、事実は違うようです。
坂本龍馬も神戸海軍操練所の建設資金の援助を求めて春嶽に会いに福井に来ています。

さて、前置きが長くなりましたが、何処に行ったかという話です。
福井神社と養浩館庭園です。
福井神社は松平春嶽を祀る神社です。
総檜造りだったのですが、第二次世界大戦の戦災で焼失し、今はコンクリート打ち放しになっています。
ちょっと残念だったなぁ。
ここには春嶽の銅像があるのでやってきました。
椅子に座っているという珍しい銅像でしたが、貫禄十分で良い銅像でしたよ。
養浩館庭園は福井神社からすぐの場所にあります。
福井藩主松平家の別邸で、数奇屋風書院建築と回遊式林泉庭園は江戸中期を代表する名園として知られています。
あまり期待していなかったのですが、庭も建物も立派で洒落てました。

まだ正式発表は無く噂なのですが龍馬伝で松平春嶽を演じるのは夏八木勲さんらしい。
渋くて知的で意思の強さが感じられる夏八木さんは春嶽のイメージにぴったりだ。
大河ドラマって毎回終わった後に史跡やゆかりの地を紹介しますが、おそらく春嶽の像や養浩館庭園の映像が流れるでしょう。
放送前に行けて良かったよぉ~

« トラベル・レポート 福井 雪の永平寺 | トップページ | トラベル・レポート 福井 蟹尽くし、強烈な夜 »

トラベル・レポート」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。