« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月の27件の記事

2010年2月28日 (日)

自分の名前を検索してみる

ネットで自分の名前を検索してみる というをやった事があるだろうか?
同姓同名の人がたくさん引っかかる。
もちろん他人であるが、自分が別の人生を歩んでいるような不思議な気分になってくる。
さて、爺さんの名前で検索をしてみたら、けっこういました。
名字は日本で14番目?だったかな?よくある物なんですが、名前の方はあまり見ない漢字。
そうですか、いますかいますか。

・学習塾の塾長
・テコンドーをやっている小学生
・近畿大に通うプログラム好き
・相続・遺言セミナーを開くみずほ銀行社員
・広告会社で働く人
・下関で行われた花火大会で特選に選ばれた花火職人
・名古屋で演劇をやってる人
・愛知県のセキュリティー会社に勤める人
・岐阜県に住むやり投げ選手
・国連子供環境ポスターコンテストに入賞した中学生
・カラオケで吉田拓郎を歌いまくる人

こんな感じです。
花火職人がいいな。

2010年2月27日 (土)

東京スカイツリー、その信じられん高さ

20100227ちょっと前に東京スカイツリーを見たんですけどね。
すんごい高さなんですよ。
(えっと、スカイツリーというのは、新東京タワーの事で、現在建設中である)
まだ半分くらいしかできてないそうなんですが、先日300mを超えたと発表されました。
完成時には600mを超えるので、まだあれで半分!?
だって300mって言ったら東京タワーの高さですよ?
さらに倍いくとは・・・・・

公式ページに行ってみたのですが、トップページの画像を見ると、ビルよりちょっと高いくらいにしか見えないのですが・・・・・(なんでそんな画像を使ったの?)
実物を見るととんでもなく高いです。
同じく公式ページに「450m展望台から東京~関東をパノラマで」というリンクが貼ってあるので、そちらを見ていただきたい。
ヘリコプターで空を飛んでいるような景色なのです。
(もちろんこうなりますよというシュミレーションで450mの高さからヘリで撮影したんでしょうけど・・・・だってタワーはまだ300mなんだから)

東京タワーは田舎者が登る物で、都会の人は登らないって聞いた事があります。
確かにそうなのかもしれませんが、東京スカイツリーが完成したら、僕は登りますよ。
高い所に登ると、お尻がムズムズしますが(高所恐怖症ではないが、ちょっと怖い)好奇心の方が上回りそうである。

完成はまだまだ先だけど、楽しみに待ちたいと思う。
公式ページはこちらからhttp://www.tokyo-skytree.jp/

2010年2月26日 (金)

あぁ、食い道楽&独り図書館 栗田さんにライバル出現

漫画“美味しんぼ”を読んでいるわけですが、20巻になったところで出てきました。
二木まり子です。
噂には聞いていたのだけど、こんなに早く出てくるとは。

二木まり子は登場した最初から山岡さんを狙っていて、露骨にアタックする。
山岡さんの腕に絡みつき、栗田さんを横目で見ながらニヤリとするのがお約束のようである。
山岡さんも悪い気はしてないようで、デレデレ状態。
二木まり子のように女の武器を使えない栗田さんは、モジモジするばかりで・・・・
山岡さんにアタックできないだけでなく、二木まり子とくっついた方が山岡さんのためなのではないか?と身を引こうと考えたりするあたり・・・・・いいです、栗田さん。
二木まり子が出てきた事で、栗田さんの更なる魅力に気付いた爺さんであるが、肝心の山岡さんは超がつく鈍感男なので、二木まり子のアタックも、栗田さんの想いも全く分かっていない様子。
あぁ、これはもう料理漫画ではなくて、恋愛ものである。

結婚するなら栗田さんのような人が良いなぁ。
ナタリー・ポートマンの容姿に、栗田さんの性格。
それが理想だ。
そんな人、いない・・・・・・・

2010年2月24日 (水)

僕と うつ病、闘病記 薬を飲まなくなってから・・・その後

両親に薬を飲んでいない事を話しました。
最初は驚いていたようですが、一月半薬を飲んでないのに元気そうにしているので喜んでくれています。
体調ですが、少しずつではありますが、身体が軽くなっているような気がします。(気持ちの持ちようかもしれませんが)
起き上がれない事は無くなり、一日にいくつもやることをこなす事もできるようです。
理由の無い不安に駆られる事はまだありますが、死にたくなるような事は全くなくなりました。
薬を飲まなくなった事で、家族は本当に喜んでくれていますし、友人達も口には出しませんが、ずっと心配してくれているんだと思います。
仕事の事を口にすることも無く、辛抱強く回復を待ってくれているのは僕も感じています。
少しづつですが、僕は回復しています。
もう少し待ってください。
すべての人に感謝している毎日です。

もう7年?闘病してますが、復活したらこれを本にしろという話が出ています。
出版関係の人に言われているわけではなく、親が言っているだけですよ(笑)
そんな文才ないですし、ツレ鬱のように味のあるイラストが描けるわけでもないですし・・・
そこまでして印税が欲しいのかと、ちょっと呆れますが、そこまで回復してきている という事なんだろう とプラスに考えてみる。

2010年2月23日 (火)

龍馬の影響? いいえ違います と言いたい

ある夫婦に僕の髪型は龍馬を意識してるのか?と言われました。
確かに龍馬の癖っ毛のようにパーマはかかってるし、龍馬のように後ろで縛ってますが・・・・・
西郷さんを意識してるのか?と言われたらショックですが、龍馬と言われて悪い気になる男はいません。
しかし冷静に考えてみると、「龍馬を意識」であって「龍馬に似ている」ではないんですよね。
福山さんと比べられている可能性が高いし、ブームに影響されているミーハーだと思われているのかもしれない。
だから、龍馬は意識してません と高らかに宣言したい!!
たまたま時期がかぶっただけですよ!!
僕は龍馬ブームが来る前に髪を伸ばし始めてるし、後ろで縛るのも、食事の時に髪を食べてしまうので縛ってるだけである。
男なんでお団子にするわけにも、三つ編みにするわけにもいかず、シンプルに縛ってるだけなのです。

それと、断髪式は近いと書いたのですが、あと半年くらい切らないかもしれません。
口だけ男と呼ばれてしまうので、切らないと言いだした理由はまだ書けないのですが・・・・・
もう少ししたら、そしてわけを話す事を忘れなければお話することでしょう。
いや、なんだよそりゃ っていうどうしょうもない理由なんですがw

2010年2月22日 (月)

あぁ、食い道楽&独り図書館 栗田さんがイイ!!

Photo_2漫画版美味しんぼを読んでますが、YouTubeでアニメ版美味しんぼも見てます。

海原雄山は愛すべき最高のツンデレキャラだという事は誰もが知るところですが、やっぱり僕は栗田さんが好きなのである。
漫画版は中学生かよっ!!って顔で初登場し、中盤では可愛い顔に、山岡さんと結婚してからは顔が四角くなり別人になってしまった・・・・
やはり山岡さんと結婚する前のピチピチした感じが好きである。

アニメ版の栗田さんもいい感じで、漫画版とはまた違った良さがあります。
あの可愛い声はどっかで聞いたことがあると思っていたけど、ドラゴンボールのチチの声(初代チチである)だと後に分かり、納得。
「悟空さ」という声を覚えている人も多いでしょう。
その他に「こっぱずかしー」「おらの心は水洗便所みたいにきれい」とかいう独特の表現をあの栗田さんが言っていると思うと・・・・

話がそれてしまった・・・・栗田さんの話である。
ヒロインですから一番可愛く描くのは分かるのですが、あの性格もいいんだよなぁ。
山岡さんとの関係も料理以上に見どころ満載。
山岡さんに「きみも自分のボーイフレンドつれて行きゃいいじゃないか」と言われ「究極のメニュー作りで忙しくて、ボーイフレンドなんか作る暇ないでしょっ!山岡さんがグータラしてなければ、究極のメニュー作りも、もっとはかどるんですよ!」と反発。
恥ずかしそうに山岡さんが彼女いるか聞けば、山岡さんの態度に怒ったり。
山岡さんが非モテであることを山岡の先輩から聞いて大喜びしたり。
山岡さんが他の女に抱きつかれたりすると控えめに嫉妬したり。
ぐぅたらの山岡さんのやる気を上手に引き出すあたりとか、言う時はハッキリ意見するとことか。

栗田ファンは沢山いるようですが、結婚後の四角い栗田さんは全員に不評。
僕も同感であります。

2010年2月21日 (日)

ブブ彦日記 ブブ彦さんのあだ名

20100221ブブ彦さんの呼び方は色々あるので、その紹介を。
1、豚、
2、豚犬
3、おまえさん
4、ぶっちゅ
5、ぶた丸
6、ブルドッグ
7、ぶさいく
8、屁こき
9、福太郎
などなど。

面白いのは、どの呼び方をしても喜んでついてくる事。
もちろん自分の名前がブブ彦だと分かっているようですが、あまり呼ばれ方にこだわりは無いようです。
一時期、おまえさんと呼んでいたけど、最近はぶっちゅです。

2010年2月20日 (土)

ゲームしてみる? ゲームの3D化の厳しい道のり

アバターの大成功で今後の映画は3D作品が多くなるのは間違いありません。
家庭のTVも3D対応の機種が発売されはじめています。
PS3はアップデートによって3D映像に対応するらしいですが、任天堂はゲームの3D化には否定的です。
僕も同じ考えです。
というのも、まず3D対応のTVが必要だという事。
次にゲーム機が3D対応になる必要がある事。
そして当然ですがソフトが3D用に作られなくてはいけません。
ユーザーとしてはTVとゲーム機を新たに購入する必要があります。
かなりの出費になりますが、それと引き換えに得られる3D体験と言えば・・・
ちょっと映像に奥行きが出るくらいです。
例えばこれがスターウォーズの立体映像のように、本当に空間に映像が浮かび上がるなら面白い事になると思います。
人形が目の前で闘っているような格闘ゲーム。
特定の方角から見ないと解けないような謎解きなど、ちょっと考えただけでもワクワクします。
が、そうはなりません。
ちょっと奥行きが出るだけですから・・・・

また、専用眼鏡をかけないといけないのも問題です。
アバターを見て一番痛感したのは、とても目が疲れるという物です。
3D映像というのは右目用と左目用の別々の映像を交互に描写しているのですが、人類はそういう視覚体験に慣れていません。
脳が拒絶していると言ってもいいかもしれません。
頭痛や吐き気を感じる人は沢山いると思うので、せいぜい3時間見るのが限界だと思います。
気持ち悪くなったり、疲れてまでゲームしたいとは思いませんし、しかも、左右の視力が違ったりする人は完全に立体に見えないなどの問題もあり、高額の出費をしてまでやる意味はありません。

また眼鏡ですが1個1万円くらいするという情報もあります。
高価な物をメーカーが家族の人数分用意して販売するとは思えまえん。
追加で買うにしても、プラス何万円になるのなら1人分だけ用意すれば良いという人が多くなるでしょう。
一人用ゲームだけをする人は良いですが、友人や家族と一緒に遊ぶ事で真価を発揮するゲームも多くあります。
そういうゲームをするには、当然人数分の眼鏡を用意しないといけないですし・・・
かといって眼鏡を買わないと、他の人はブレた映像を見る事になる。

眼鏡無しで立体にできるようになるか、眼鏡をかけてでも遊びたくなるような本物の立体映像が作れないと、3Dゲームは普及しないと思います。
マニアの人はやるのでしょうが。
ゲームの歴史は新しい体験を求める歴史です。
映像が奇麗になり、音が豪華になり、新しい操作、新しいジャンルを開拓して発展してきました。
WiiやDSは新しい操作方法を用意する事で大ヒットをしました。
今後の新しい体験として3Dが注目されているのでしょうが、高いコストの割に目新しさはありません。
普及は無理でしょう。

2010年2月19日 (金)

あぁ、食い道楽 有名人プロデュースの一品たち

的場浩司プロデュースのチョコバナナマウンテンというデザートをセブンイレブンで購入。
250円である。
商品名からもわかるように、チョコバナナのスイーツである。
さっそくかぶりついてみたのだが・・・・
イマイチである。
前に同じく的場さんプロデュースのシュークリームも食べたのだけど、それもイマイチだった。
2つの商品に共通しているのはチョコレート味だということ。
そして固めのチョコレートがふりかけられていて、とても食べづらい。
味もそれほど良くなるわけでもないけど、なんでそれをやるのかね?
まぁ、見た目は豪華になるだろうけどさ。
的場さんはかなりの甘党で、全国の甘味を食べ歩いているけど、味は分かっても、作る才能は無いのかもしれない。
将来はケーキ屋を開きたいとか言ってましたが、やめたほうが良いような気もします。
ま、コンビニ商品の限られた原価の中じゃ、本当にやりたいことはできないのかもしれないけれど、本当にこだわっていたらコンビニの商品なんてやらないわけでして・・・・・

鎧塚さんプロデュースのきのこの山とたけのこの里もイマイチだった記憶がある。
有名ラーメン店のカップラーメンなんてのも、「こんなもんか」という感想だし。
カレー王の関根勤プロデュースのカレーもおとなしい出来だったな。
落合シェフのレトルトリゾットもイマイチだったしなぁ。
そんなもんですか、そうですか。
本物が食べたかったら、実際に店に行けというわけです。

2010年2月18日 (木)

ブブ彦日記 マスターした単語など

20100218ブブ彦の覚えている単語を考えてみた。

01、座れ(基本です。お座りじゃなくて我が家は座れです)
02、待て(ご飯の時や玄関で待たせる時など)
03、お手(こちらも基本)
04、おかわり(お手ができればおかわりも簡単)
05、伏せ(長時間伏せさせるのが難しかった)
06、良し(待てを解除する時、玄関から降りて良い時の合図)
07、あれ?(誰かが帰ってきた時に言うと飛び起きる。教えるつもりじゃなかったけど、覚えてしまった)
08、帰ってきた(帰ってきた時に使う2。こちらも覚えてしまった)
09、ご飯(自分のご飯の番に使う。これも飛び起きる)
10、ご馳走様でした(人間の食事が終わり、自分の食事になると分かっている様子)
11、おいで(一番教えるのが難しかった言葉。今でもなかなか来ない)
12、いけない(叱る時はコレ。名前を呼んで怒ってしまうとおいでが出来なくなる。このミスを知らない飼い主は多い)
13、行くよ(散歩中に使う。しつこく臭いを嗅いでいる時に使うと諦めて歩き出す)
14、おしっこ(超短距離散歩の時に使う。ホントおしっこさせるだけの時)
15、猫(これも覚えてしまった。庭に猫が歩いている時に使うと窓際にダッシュしてキュンキュン鳴く)
16、ピョン(ドアを開けさせたり、段差を上ったり降りたりさせたい時に仕様。言われると勢いがつくらしい)
17、寝るよ(言われると嫌々起きだしベットへ向かう)
18、お尻かいてあげる(文字通りオケツをかいてやる時に使用。おいでを言うよりも確実にやって来る)
19、入りな(炬燵に入っていく。)
20、お風呂(風呂嫌いなブブ彦はコレを言われると硬直する)

まだありそうだけど思い出せない・・・・
結構覚えていて賢いと思われるかもしれないが、フレンチは反応が遅い。
ボーダーコリーのように指示したら一瞬でキリッと動く事はできない。
言ってから2秒くらいは待ってやる必要がある。
まぁ、そこがフレンチらしくていいのですが・・・・

2010年2月17日 (水)

ハイチに千羽鶴を送る問題について

前から書こうと思っていたのだけど、遅くなってしまった。
1月12日にハイチ地震があり、死者は23万人になったとも言われています。
スマトラ沖地震の大津波の被害を上回った事になります。
mixi内では、被災者に千羽鶴を送るための活動が始まったのですが、2ちゃんねるなどで、運動が迷惑であり、金や物を贈るべきだとの批判が続々書き込まれるようになった。

批判する側の書き込みはこうだ。
・現地で必要なのは、医療品、食料であって、鶴など送っても意味が無い。
・家が倒壊ているので、住民は道端に転がっている死体の隣で寝ているという状況。こんな状況で千羽鶴の気持ちをくみ取る余裕があるわけない。
・相手の気持ちを考えないで、自分の文化を押し付けているだけ、自分は良いことをしていると自己満足したいだけだろう。
・俺が死ぬかも知れない状況の時にやっと届いた物資が千羽鶴だったら・・・・

反論する人の書き込みはこうだ。
・何もしないで批判するな
・気持ちは伝わるはず。

議論が繰り返される中、救援活動をしている日本人からは、
「千羽鶴は加熱調理の種火や放火程度にしか使われない」「千羽鶴を運ぶスペースに医薬品や食料を詰め込むことが被災者の望みである」と批判的に語っている。
ハイチに詳しい支援団体も「理解は難しい」「宗教的な事情もあり配慮が必要では」と難色を示している。
また、ハイチの大使館関係者によると「自己満足のために行動するのではなく相手の気持ちを考えて欲しい」などとコメントが出ている。

ちょっと考えれば、相手が必要としている物を送るのが一番だとすぐにわかりそうだし、支援活動をしている方たちから「迷惑だ」とハッキリ言われているにも関わらず、千羽鶴を企画した本人は意見を曲げない。
「金や援助物資には気持ちがこもらない」と言い切ったらしい。
集まった鶴がもったいないから四川の被災地に送ろうという提案に 『ニュースにならないからやだ』 とも返したようです。

批判はエスカレートし、女性のサイトに1千通以上の中傷メールが届くようになり、女性のサイトは閉鎖に追い込まれた。
すると、鶴を送る考えをあらためました。とか、軽率だった。などのコメントも無く、サイトを閉鎖しただけで終わりかよ。とまたコメントが寄せられている。
女性は、集まった鶴は必ず届けると最後まで考えを変えなかったそうです。
相手の気持ちを考えられない女性の暴走ぶりに、また掲示板は荒れるのでした。
後で、この女性の行動は宗教団体が関係している事もわかり、売名行為の側面がある事も分かってきました。


僕の考えですが・・・・
同じ千羽鶴を送るとしても1年後とかに送るべきだったのではないでしょうか?
倒壊した家屋25万戸を再建するには10年かかるそうです。
僕は1年後でも早いと思いますが。
広島や長崎には千羽鶴が毎年沢山送られていますが、あれは街が復興し、今後の平和を願った物です。
入院中の人に鶴を送るのも、それは地獄絵図のようなハイチとは違い、平和な日本だから許されるのです。
何かしてあげたいと思う気持ちは尊いですが、方法が間違っていると思います。
生きるか死ぬかの生活をしている人に、そして文化も違う所に鶴を送っても喜ばれるわけがありません。
鶴を送る送料もかなりの額になるはず。
一日1ドル以下で暮らしている人がほとんどのハイチ。
日本円のちょっとした額で、ハイチでは家が建つとも聞きました。
阪神淡路大震災の時に、壺や掛け軸が送られてきて困ったという話もあります。
北海道地震では、古着が大量に送られてきたそうですが、バブル時代のボディコンスーツなどばかりで、使えるものは少なかったそうです。
それでも仕分け作業はしないといけなく、無駄な人手が必要になったそうです。
結局、その衣類を廃棄するのに1億円がかかり、その費用は現地もちになったそうです。
それらの行動と、今回の女性の行動を見ると、マリーアントワネットの「パンが無ければケーキを食べればいい」という発言を連想します。
完全に現実と感覚がずれてしまっている。

暖かい部屋で、「気持ちは伝わるはず」と鶴を折っても、ただの自己満足なんだ と言われてもしょうがない。
募金をする事が、個人でできる事の限界だと思います。

2010年2月16日 (火)

トラベル・レポート 石川、金沢 7年待った鮨

20100216金沢郊外のある鮨屋に向かう。
7年前にPちゃんがここの鮨を食べて感動したそうです。
それ以来Pちゃんは、昼飯を喰らいにこの鮨屋に行こうと言うのだが、片道7~8時間もかけてランチに行くわけにもいかない。
どこまで本気で言っていたかは本人しかワカラナイが、どうやら本気発言だったらしい。

郊外にあって、行くまでにちょっと大丈夫かと心配になったが、駐車場は満車で、どうやら繁盛している様子。
店の造りはしっかりしていて、ちょっと高そうなイメージが漂ってくる。(実際は高くない)
「7年前に一度来てから、ここの鮨が忘れられなくて、茨城からまた来ました」と大将に伝えると喜んでくれたようで(そりゃ嬉しいわな)箸を4膳プレゼントしてくれた。
けっこう高そうな箸である。
こんなのあげてたら商売にならないだろうに・・・・
でも遠慮なくもらっておきます。
鮨はランチですが特上を注文。
にぎりと巻物とあら汁と茶碗蒸しが出てきました。
どれも上品な味付けでかなりレベルが高い。
7年前と味は変わらず安心しているPちゃん。
さんざん行こうと言い続け、行ってみたら大したことなかった となるんじゃないかとドキドキしていたらしい。

これで福井蟹トリップの全日程が終了(と言っても1泊2日の小旅行ですがw)
この後は雪が降るわけでもなく、渋滞に巻き込まれるわけでもなくスムーズに帰ってこれました。
途中のパーキングで買った果汁1%のバナナジュースが大ハズレだったり、オカンが下痢をしてトイレに駆け込んだりしたのですが、書くほどの事ではありません。
色んな意味で強烈な旅でした。

2010年2月15日 (月)

トラベル・レポート 石川、金沢 美術館で不思議体験

20100215福井県を北上し、石川県の金沢を目指す。
帰り道だという事もあるが、寄りたい所が何箇所かあるらしい。

21世紀美術館と金沢城である。
21世紀美術館は有名なアーティストの作品があるわけではなく、無名の新人?の作品が展示されています。
小さな部屋が沢山ある造りの建物なのですが、絵画や彫刻ではなくて、1つの部屋が1つの作品みたいになっています。
写真撮影が禁止だったのでお見せできないのが残念ですが、面白い物が結構ありました。
純粋に面白い物、どうなってんだ?と言う物、口では説明できない物、この部屋にいたらヤバイという危険な物、こんな事良く考えたなという物などです。
ハイ、読んでいても分かりませんよね。
書いていても分かりません(笑)
ただねぇ、係員が沢山配置されているのですが、その人達が口うるさいんです。
触ってはいけないとか、近づいてはダメとか、そっちに行ってはいけないとか。
絵画なら当然触らないですけど、部屋に仕掛けがあって、そこを歩いたり見る角度を変えたりして楽しむ美術館なんだから、もっと自由に行動させてもらいたいです。
子供が見たら大喜びするような物が沢山あるだけに今一歩である。
それに、入館料が高い。
有名な作品は扱ってないし、30分もあれば全部見れてしまう展示数なのにあの料金は割高です。
まぁ、美術館は久しぶりだったし、変わった物も見れたし刺激的でしたけど・・・・

金沢城は美術館から近かったのと、良いお土産屋があるから立ち寄りました。
ブブ彦がいるので、石川門の前までしか行けなかったけど、雪が積もった石垣は壮観だったなぁ。
さすが100万石のお城である。
あんなに高くて立派な石垣だった記憶が無いけれど、増築した???
んなわけないか・・・・

2010年2月14日 (日)

トラベル・レポート 福井 早朝の日本海、大荒れ

20100214宿からすぐの場所に海があるので、早起きしてブブ彦を散歩に連れて行く。
海の近くだからなのか、この地域は全く雪が無い。
テンションの高い女将さんの話だと、降るみたいですが、積もるほどは降らないそうな。
気温もそんなに寒くない。
茨城で夜散歩に行く方がよっぽど寒い。

松林を歩いていたら、さっそくブブ彦が大きい物をモリモリ出し始めた。
脱腸を入れてやろうとしたら、コリコリした感触が急に無くなった。
見てみたら赤くてツブツブしていてフランボワーズにそっくりな腸が取れていた。
まだちょっと出ているけど、入れるのがかなり楽になった。
毎回入れる時に痛がってキャイーンと悲鳴をあげるのだが、これで痛がる事も少なくなるはず。

早朝の浜辺を見渡すと誰もいない。
当たり前か、時間が早すぎる。
他にわんこがいれば遊ばせてやりたかったのだけど・・・・
誰もいないので、ブブ彦のリードを外してやる。
この犬はいつもそうなのだが、外しても何処に行くわけでもなく、走るわけでもなく、近くの臭いを嗅いでいるだけである。
日本海の浜辺が貸切り状態だというのに張り合いが無い犬である。

それにしても日本海の荒れ方といったら凄い。
大波がガンガン押し寄せ岩に当たり、水しぶきを上げている。
波の花も飛んでました。
海水が泡立つってどんだけ荒れてるんだという話です。
それが空に舞い上がるのだから、どんだけ風が吹いてるんだという話です。

やる気の無い豚犬をまたリードに繋ぎ、宿に帰った。

2010年2月13日 (土)

トラベル・レポート 福井 蟹尽くし、強烈な夜

20100213宿に到着しました。
この宿は蟹料理が有名なのです。
そして宿よりも有名なのが、ここの女将さん。
TVに良く出ては蟹を剥いていて、むきむきみっちゃんとして知られる人である。
僕は見た事が無いのだが、結構出ているそうなので、知っている人もいるかもしれない。

食事処に行くと蟹が綺麗に並んでいる。(写真上段参照)
でもちょっと品数が少なくて寂しいかな?という第一印象。(それが甘かった)
すぐに「むきむきみっちゃん登場で~す」という声を発しながら女将さんが入ってきた(笑)
なんなんだこのノリは!!
一応有名人なのでカメラに収めておこうと構えると、蟹を持ち出しポーズをとる女将さん。
な、慣れてやがる(笑)(写真中段参照)
女将さんは宿までの道のりや雪の事など世間話をしながら、茹で蟹を剥き始めた。
速いっ!!!!!
速いなんてもんじゃないっ!!!!
会話のペースは普通なのに、手の動きが人間じゃない!!!
頭の中にスタープラチナという言葉が浮かぶ(笑)
写真に撮ってみたが、女将さんの手だけがピンボケ(写真下段参照)
一杯の蟹を剥き終わるのに1分ぐらいだろうか?
湯で蟹は一人1杯ずつ用意されているので、人数分剥くのだが、まったくペースが落ちることなく、あっという間に終わってしまった・・・・
この日の宿には30人くらい泊まっていたので、その人たちの蟹を全部剥いて回ったらしい。
あの速さじゃないと全部は回れないか・・・食事の時間が重なったりするだろうし・・・・

さて、女将さんが部屋を出て行き、蟹に集中する。
蟹の刺身、湯で蟹、焼き蟹、刺身(鰤、蛸、雲丹)、茶碗蒸し、蟹鍋と出たのだが、はっきり言って飽きてしまった。
それも最初の湯で蟹を食べただけで・・・・
湯で蟹だけで一人一杯あるという事は、太い足を10本食べて、お腹の部分も食べないといけない。
蟹の刺身も普通の刺身も食べたらもう満腹。
焼き蟹も焼いたんですが、数本食べただけでもう無理・・・・
蟹鍋にいたっては、汁を飲んだだけで終わってしまった。
うーん、蟹だけで腹一杯になるって凄い事だ。
数えてみたら一人当たり2杯半から3杯は蟹が出ている。
でも、どんなに旨い物でもそれだけでは飽きてしまうという事が判明。
10年冬の日本海の蟹が食べたいと言っていたPちゃんもほとんど食べる事なくリタイア。
半分以上の蟹を残してしまい罪悪感を感じるが、気持ち悪くなってしまったのでしょうがない。
「仲居さんに残してしまってすみません」と言うと「まだ雑炊とフルーツが出る」って言うじゃないですか!!
どんだけ出せば気が済むんじゃい!!と飽きれたが、帰りの廊下で更に飽きれた。
「○○号室おかわりでーす」と仲居さんが言いながら蟹の皿を下げてきた。
あの大量の蟹を食べて飽きる事も苦しくなる事もなく、おかわりだとっ
この宿には全国から蟹好きがやってくるのは分かっていたが、ちょっと信じられなかった・・・・そういうツワモノもいるんですか・・・・

地元でとれる蟹を出しているのは3月までで、それ以降は北海道などの蟹を出しているとの事です。
しかし、かなり味が落ちるそうなので、行くならば冬の時期にした方が良いでしょう。
蟹好きは、死ぬまでにあの大量の蟹を食べてみてください。
味は保障しますが、食べきれないと思う・・・・
女将も蟹も強烈な夜だった。
全員、うめきながら早めに眠ったのは言うまでもない。

2010年2月12日 (金)

トラベル・レポート 福井 松平春嶽ゆかりの地へ

20100212福井県庁近くにやってきた。
福井県の観光と言えば、永平寺や東尋坊くらいだろうか?
(馬鹿にしてませんよ。茨城なんて何も無いですから)
歴史好きの我が家としては、ただの観光地を回るつもりは毛頭ない。
福井ゆかりの人物が関係する場所を前もって調べていた。
いました、いました。
松平春嶽(しゅんがく)です。
第16代越前福井藩主で、幕府の政治総裁を務め、明治維新後も重要なポストを歴任した人物。
幕末の四賢侯の一人とされる名君ですな。(残りの3人は知らないけどw)
明治という年号は春嶽が命名したんですよ!!

勝海舟とも親交があり、坂本龍馬が勝海舟に会いに行ったとき、春嶽の紹介状持って訪問したという資料がある。
通説では龍馬が勝海舟を斬りに行き、海舟の持論を聞き即座に弟子入りしたという事になってますが、事実は違うようです。
坂本龍馬も神戸海軍操練所の建設資金の援助を求めて春嶽に会いに福井に来ています。

さて、前置きが長くなりましたが、何処に行ったかという話です。
福井神社と養浩館庭園です。
福井神社は松平春嶽を祀る神社です。
総檜造りだったのですが、第二次世界大戦の戦災で焼失し、今はコンクリート打ち放しになっています。
ちょっと残念だったなぁ。
ここには春嶽の銅像があるのでやってきました。
椅子に座っているという珍しい銅像でしたが、貫禄十分で良い銅像でしたよ。
養浩館庭園は福井神社からすぐの場所にあります。
福井藩主松平家の別邸で、数奇屋風書院建築と回遊式林泉庭園は江戸中期を代表する名園として知られています。
あまり期待していなかったのですが、庭も建物も立派で洒落てました。

まだ正式発表は無く噂なのですが龍馬伝で松平春嶽を演じるのは夏八木勲さんらしい。
渋くて知的で意思の強さが感じられる夏八木さんは春嶽のイメージにぴったりだ。
大河ドラマって毎回終わった後に史跡やゆかりの地を紹介しますが、おそらく春嶽の像や養浩館庭園の映像が流れるでしょう。
放送前に行けて良かったよぉ~

2010年2月11日 (木)

トラベル・レポート 福井 雪の永平寺

20100211永平寺にやってきた。
曹洞宗の大本山である。
爺さんの住んでいる町に母方の墓があるのだが、そこも曹洞宗である。
ただ関係があるというのではなくて、実際に住職が永平寺に修行に行ったりするらしい。
800km以上離れた場所にゆかりの地があるのが興味深い。

永平寺にも国宝、重要文化財があるのだが、日光東照宮のように装飾が素晴らしいわけでもないし、宮島のように面白い場所に建っているわけでもない。
山の中にひっそりと建っているだけなので、観光気分で行くと肩透かしを食らう。
案内してくれる修行僧も言っていたが、ここは修行の場所なので見所はあまり無い。
修行という物を感じる場所なのである。

そして、わかっちゃいたけど、修行僧は夏の頃と同じ格好をしている。
裸足だし、かなりの薄着である。
また永平寺の造りは開放的で、どこからでも出たり入ったりできる(もちろん観光客は順路以外から出入りはできないが)。
扉を閉めないというのではなくて、壁の無い廊下で各建物が繋がっているというイメージです。
つまり修行僧は、あの薄着で大雪の外にいるのと同じ状態なのだ。
冬の永平寺は荘厳だろうくらいの気持ちで行ったのだが、こんな厳しい環境で修行をしているとは。

永平寺は雪によって毎年瓦がダメになってしまうと聞いていた。
そのため寄付を募っているのだが、金儲けでもしてるのかとちょっと疑っていたのだが・・・・
あの雪じゃ瓦がダメになるわな。
修行の厳しさも分かり感動したので、小額ながら3千円を寄付してきました。

夏の永平寺にも行った事があるが、一度しか行かないなら絶対に冬に行くべき。
夏に行ったら、普通の寺って印象で終わってしまうだろう。
雪が凄いので行くのは大変ですが、それに見合った感動があると思う。
近所にはごま豆腐や精進料理などの店しかないので、お昼時に行くと食事に困る。
街中まで走ってガストに入ったけど、ガストなら茨城でも行けるしなぁ。
精進料理を食べるかガストで食べるか?
難しいところである。

2010年2月10日 (水)

トラベル・レポート 福井 酒蔵に立ち寄ってみる

20100210吹雪の峠を越え、小さな町にやってきた。
この町に来たのはある酒蔵に寄るためである。
と言っても、特別な酒蔵ではなく、宿に向かう途中にあったから立ち寄っただけなんですが・・・・
雪の町にひっそりと建つ酒蔵は雰囲気あります。
それだけで旨そうな酒が置いてあるような気分になってくる。
とりあえず中に入ってみて、おかみさんを呼んでみた。
酒蔵を見学できるか?と聞いてみたけど、ダメだと一蹴。
これじゃ普通の酒屋で買っても同じじゃないかと思ったけど、次なる質問。
試飲はできますか?と聞いてみた。
そしたらできると言うので、さっそく飲んでみる。
でも爺さんあまり酒に詳しくないので、味の違いは分かるけど、どれがいい酒なのかは分からない。
それにお土産で買うとなると、相手の好みも分からないし、もうどれを買ってよいのやら・・・・
物凄く旨いという酒は無かったけど、これは無難かなという物を購入。
しかし宿の夕食に出たなんて事ない普通の酒の方がはるかに旨かったのだが・・・・
日本酒は奥が深い・・・

2010年2月 9日 (火)

トラベル・レポート 福井 雪国の洗礼

20100209福井県に旅行に行ってきた。
爺さんは冬の雪国に行った事は一度も無い。
関東でも年に数回雪が降るが、積もっても10センチ。
翌日には溶けてなくなってしまう程度なので、雪国の恐ろしさをまだ知らなかったわけです・・・

福井に行く理由は単純で、冬の日本海の蟹が食べたというだけである。
もう10年もPちゃんが食べたい食べたいと言い続けているので行く事になったのである。
しかし爺さんは寒いのが嫌いである。
厚着と気合でなんとかなるだろうくらいの気持ちだったが、最初から面食らう事となる。
福井に着くまでの高速で、3件の交通事故があった。
雪でスリップしてガードレールに突っ込んでいる車が多数。
同じ日に違う高速道路で18台の玉突き事故があったと宿に着いてから知った。
どうやらこの日は全国で大荒れだったようである。

写真は高速を降りて福井の街中に出るまでの峠道での一枚。
この状態で視界30メートルってところでしょうか?
しかしこれは良く見えている状態。
この日は風が強く、いわゆる吹雪だったようで、風が雪を舞い上げ濃い霧のようになってくるのです。
車よりもはるかに大きく“の”の字を描くように渦を巻く雪煙は視界1メートルくらいになって、まったく前が見えない。
豪雨ならワイパーを高速で動かせばなんとかなる。
霧なら中央線を見ていればなんとかなる。
しかしココは雪が積もっていて、ガードレールも中央線も見えない、前も全く見えない、おまけに峠の長い下り坂で急ブレーキを踏むとスリップする恐れがあるので止まるわけにもいかない状態。
道にはわだちが3本あるのだが、真ん中の1本は対向車と共用w
対向車が来たらどうしろというのか・・・
おまけに後ろからダンプがぴったりとつき、あおってくる!!
道が狭くて抜いてもらうわけにもいかないから、スピードを出すしかないし・・・・
やっと広い場所を見つけて追い抜いてもらったら、うちの車の倍のスピードで走っていき、あっという間に視界から消えた。
地元の道を知り尽くし、どこにカーブがあるか分かっているのだろう。
それに雪道に慣れているんだろうなぁ。
関東の人間にあんな運転は不可能である。
外気は-5にまで下がり、フロントガラスに付いた雪が凍りはじめ、ワイパーを動かしても取れない。
あの視界全部が雪と氷で真っ白になる怖さはどう表現すればいいのやら。

家には雪で窓が割れないように板が打ち付けてあったりするし、屋根の積もった雪はまめに落とさないといけないだろうし、暖房代は高いだろうし、家を建てる時は窓を2重にしたり壁を厚くしたりでお金がかかるだろうし、買い物に出かけるにも大変だろうしなぁ。
歩道が全部雪で覆われてしまっているけど、子供はどうやって学校に通っているのだろうか?
いつ車がスリップしてくるか分からないし、車道を歩かせるのは危険すぎる。
家族が送り迎えをするのかな? うーんかなり大変である。
関東で雪が降ったら、ちょっとしたイベント状態ではしゃいだりするのだが、街の様子を見ると、遊んでいる人は全くいない。
この地で生きていく事を受け入れているというか、じっと春が来るのを待っているという印象。
戦いなんだと思う。
僕は雪国では暮らせないなぁと痛感し、便利な関東で生活できる事を感謝したのである。

いやぁ、恐ろしかったし、勉強になりました。

2010年2月 8日 (月)

あぁ、食い道楽 カレー探求の道049 猛者達の動向を監視

HPが更新されると、自動でお知らせしてくれるフリーソフトがある。
更新されているかを見に行く必要が無いので便利である。

更新を楽しみにしてチェックすると何も変わってない時のがっかり感が嫌いなものでね。
(そういうガッカリをさせないために、自分のブログだけは毎日更新しているわけです)

その更新チェックソフトにカレーの食べ歩きをしている人たちのサイトを大量に登録しました。
カレーの食べ歩きをしている人達は、カレーの事だけでHPを作っているわけでして、カレーへの想い(ただのスパイスジャンキーw)はハンパではない。

毎日のランチはカレー、仕事帰りにカレー、休日はカレー店をハシゴ、新しくカレー店がオープンすれば何処までも食べに出かけ、旅行先でも名物を食べずにカレーを食べ、全国のレトルトカレーを取り寄せ、家でスパイスを調合し(カレールーを使う人は皆無)理想のカレーを追求していたりするのだ。

猛者達のHPは、勉強になる反面、ついていけないという気持ちも半分w
ただ美味しい店の情報は手に入るので、更新チェックは続けていく事になりそうである。
東京のレベルの高いカレーを食べたら、僕もスパイスジャンキーになってしまうのだろうか?
スパイスを買い込み、家の中は常にカレー臭が充満、なんて事になるのだろうか?

最終目標は人にふるまえる位の旨いカレーを作る事。
それはいつになるのやら・・・
カレーサイトのチェックは続く。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

2010年2月 7日 (日)

ダイエット奮闘記、第3部エピローグ スイーツ中毒

久々の奮闘記である。
体重は正月前の64kgに戻りました。
ただ甘い物が無性に食べたくなって困ってる。
シュークリームを一気に4個食べたり。
ロールケーキ一本を一気に食べたり。
それだけ食べても体重をキープできてるのは、どういう事なんかね?
久々に会った伯母に痩せたと驚かれた。
そりゃ100kgのヒデブだった頃から会ってないもんな。
あの頃には戻りたくない。
しかし甘い物は止められない。
ヒデブ時代の写真でも部屋に貼ってみるか(笑)
そしたらシュークリーム2個くらいには控えるかもしれん。

2010年2月 6日 (土)

あぁ、食い道楽 焼きそばという存在

僕はソース焼きそばが嫌いである。
ソースの味だけで押し切ろうとする姿勢がダメなのだ。
醤油、味噌、塩と違って、ソースは味付けにはならないと思う。
あれは最後に少量かけるくらいでいいのだ。
ソースで煮たり焼いたりはあり得ないでしょ?
僕の中では焼きそばはあり得ない料理なのである。
でもここ数年、塩焼きそばが勢力を伸ばしてきているが、その流れは歓迎。
あれなら食える。

さて、前置きが長くなった。
家で塩焼きそばのカップ麺が大量に見つかった。
カップ麺なんて僕しか食べないのに、焼きそばを用意しますか、そうですか。
塩味なので食べてみたのだが、マズイ。
魚介系の味がする粉を振りかけろとあるのだが、それがいけない。
カビ臭いと言ったら言い過ぎだが、なんか変な香りが残る。
じゃあかけなければ良いのだが、塩味を付ける粉も変な味がして救いようが無い。
今度食べる時は、何もかけません。
お湯で戻しただけの麺に醤油を数滴垂らして、シンプルに食べるようにしようと思う。
結局、焼きそばの存在って何なんだ?という疑問は消えない。

2010年2月 5日 (金)

断髪式は近い

そろそろ髪を切ろうと思う。
親から「いい加減にしろ」という声がかかった。
親の意見だろうが誰の意見だろうが、自分が納得しない限りは動かない爺さんですが、さすがにこの髪型にも飽きてきた。
何より色々と面倒なのだ。
長い髪に憧れていただけの勢いでココまで来てしまった。
アデランスの新庄みたいに坊主にして驚かせてやろうかと思ったけれど、坊主が似合うのは、整った顔か、逆に無骨な顔かだろう。
ヒゲがあっても良いのだろうけど、爺さんは何故か顎先にしかヒゲが生えない・・・
もみあげとヒゲが繋がる事はあり得なく、産毛も生えてこない不毛地帯。
これじゃ坊主にしても、一昔前の中学生。
やめとこう。
そうなると、次の髪型は・・・
爺さんの中ではイメージが出来上がっている。
しかし切る前にタネ明かしはしまい。
切ったらお知らせします。

2010年2月 4日 (木)

ブブ彦日記 伝説の犬、イギーがやって来た

20100204_2ゴゴゴゴゴゴゴという音と共に宅配便が届く。
弟からイギーのフィギュアが送られてきたのだ。
イギーというのは、爺さんの大好きな漫画「JOJOの奇妙な冒険」に出てくるボストンテリア。
コーヒー味のガムが大好物で、人の髪の毛をむしりながら、屁をするのが趣味の下品な奴である。
プライドが高く、人にはなつかないのだが、最後は人間の仲間をかばって死んでしまうのです・・・
「そこにしびれる、あこがれるぅ」(スマン、分かる人には分かる台詞であるw)
登場する期間は短いのだが、その強烈な存在感から語り草になることもしばしば。
ボストンテリアやフレンチブルドッグにイギーと言う名前をつけている人が多いのはそういう理由があるのです。
僕もブブ彦の名前を考える時に、イギーが候補にあったのですが、ブブ彦はフレンチブル、それに牛柄じゃなかったので泣く泣く諦めたというエピソードがあります。
しかし、イギーとこうして2ショットが撮れる日が来るとは夢にも思ってなかったよ。
いやぁ~良い物をもらってしまった。
しばらくは周りに自慢して歩こう。

2010年2月 3日 (水)

実力を伴わない若手芸人達、俺は認めん!、

M-1王者っていうふれこみで、お笑い芸人がTVに出てますが、つまらないよね。
漫才は面白いのかもしれないけど(一度も見た事は無い)フリートークが全然できないって奴らが多すぎる。
ネタを作る才能はあっても、ネタはどうしても飽きが来るし、漫才だけではTVでやっていけない。
次々にM-1王者として新しい芸人が出てくるが、ハッキリ言って話題性だけの使い捨てである。
他のお笑い番組でも芸人は使い捨てで、新しい奴が出てきてもいつの間にか出てこなくなるってパターンがほとんど。
1年後も同じようにTVに出てるか?って疑問が・・・
「あいつは出始めの頃から買っていたんだぜ」って楽しみ方をする人もいるんだろうけど、目新しさだけの完成度の低い芸を見ていると何だか時間を無駄にしているような気がしてきてしらけるんだよね。
番組は新しい芸人を出し続けて新鮮さを保ち、ギャラも相当安いだろうから、おいしいシステムなんだろう。
しかし、僕はレベルが低すぎて見る気にもならん。
ハズレを引いても構わないというゆとりは無い。
もっと頭を空っぽにすれば楽しめるものなのか?
うーん、僕には無理。
くだらない番組が多すぎるよ・・・

2010年2月 2日 (火)

ゲームしてみる? ファミコンのFFをやってみる

20100202今のゲーム機は昔のゲームをダウンロードして遊べます。
店頭で売ってるゲームに遊びたい物が無い事もあり、初めてダウンロードしてみることにした。
友人はネットで音楽やゲームをダウンロードし、楽しんでいるようで、珍しくそういう事に遅れをとってのデビューです。
購入したのはファイナルファンタジーの第1作。
500円だった。
第1作は、GBA、WS(ワンダースワン覚えてる?w)、PS、PSP、携帯などに移植され、その都度グラフィックや音楽やゲームバランスが変更されてきたのですが、今回ダウンロードしたのはファミコン版。
グラフィックはしょぼい、音楽もしょぼい、ゲームバランスは昔らしくかなりシビア。
でも、それが良いのだ。
懐古主義のジジイだと言われればそれまでなんだけど、ファイナルファンタジーはファミコン、スーファミの頃が楽しかった。
作品毎に実験的なシステムを組み込み、その挑戦的な姿勢が好きだった。
しかしPSで作られるようになってからは、ムービーばかりで、その方向性に疑問を感じる事もしばしば。
何作作っても変わろうとしないドラクエも問題だけど。
暴走気味のファイナルファンタジーも問題。
どちらも遊びたいと思えないようになってきている。

そこでファミコンのファイナルファンタジーだ。
ハードの性能は低い、ソフトの容量は少ないで制約だらけの時代。
ミニゲームもムービーも無いシンプルなゲームに豪華さは無いけれど、今のゲームには無い輝く何かがあるような気がする。

ファイナルファンタジーシリーズへに思う事と、今回ダウンロードしたファミコン版ファイナルファンタジーの話は続きます。
ではまた。

2010年2月 1日 (月)

シネマごしっぷ アバターの大ヒットでルーカス卿も刺激され・・・

アバターの興行収入がタイタニックを抜いて1位になりました。
記録を塗り替える事は不可能と言われたタイタニックっをあっさりと抜いてしまったあたりはさすがなのですが・・・
確かにアバターは面白かった。
一度は見ておくべきだと思う。
3D版で体験するべきだと思う。
でも絶賛するような出来なのかな?と思う。
まぁいいんじゃない ってくらいだったから、そこまでヒットするとはと驚いている。

アバターの大ヒットで今後3D映画が増えるのは確実らしい。
ジョージ・ルーカスもアバターの刺激を受けて「3Dでスターウォーズを作ってみたい」と発言したそうで、スターウォーズファンは熱狂している状態です。
ただし、これは完全新作なのか、過去公開された6作品を3Dに作り直すだけなのか分からない状態。
おそらく後者だろうという予想ですが、ファンとしては新作を作ってほしいという望みを捨てきれない。
6作で話は完結してるし、そこから話の続きを作るのは無理があるのだけど、新作が見れるならどんな話でも「構わんですたい」である。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »