« デジ物コバナシ 今更グーグルアース | トップページ | あぁ、食い道楽 ダヴィッドパン カヌレを求めて早朝ドライブ »

2010年5月17日 (月)

僕と うつ病闘病記 友人を意識してしまう自分が嫌

早朝に友人宅に押しかけた。
いきなり行ったのに嫌な顔をすることなく、家に上げてくれた。
一緒に軽く朝食を食べ、その後昼食に出かけ、帰りにお土産までもらってしまった。
引きこもりの日常とは違う、外の世界。
楽しかった。

だが同時に「この友人には勝てないな」と別の事も考えていた。
僕は病気、無職、独身、人付き合いができない、子供が怖く、人様の税金から生活費をもらい、親のスネをかじって生活している。
一方友人は、出世をして部下を持ち、バリバリ働き、信頼され、高い給料をもらい、可愛い奥さんがいて、子供がいて、一戸建てを持ち、良い車に乗っている。
人と自分を比べても何の意味も無い事は分かっているが、それでも、同い年で、同じ街で育ち、同じ学校に行ったのに、こうも違う人生になるのかと・・・
自分に無い物を持っているから憧れるのか?
分からない。
友人の地位、環境をそっくりもらえたとしても、自分には全く適応できないだろう。
自分に無理な事をやってのけてるから敵わないと思うのかもしれない。
嫉妬?妬み?憧れ?敗北感?
どれも当てはまるようでいて、どれも違うような気がする。
人と比べてみてもしょうがないのだが、どうしても意識してしまう。

最初に書いたが、とても良い奴なのである。
友達が少なく、人付き合いができない自分の相手をしてくれるのだから、とても感謝している。
だけどそれを素直に受け止めず、構えて見てしまう自分に自己嫌悪する。
人は人、自分は自分。
誰も意識しない、難しく考えない、もっとシンプルに生きたい とは思うんだが、なかなか上手くはできないんだよね。
病気が治ってきて頭が回るようになったのは嬉しい事だけど、余計な考えまで浮かんできてしまう状態には苦笑いである。

自分が大嫌いである。
いなくなればいいのに。

« デジ物コバナシ 今更グーグルアース | トップページ | あぁ、食い道楽 ダヴィッドパン カヌレを求めて早朝ドライブ »

僕 と うつ病、 闘病記」カテゴリの記事

コメント

いなくなっては困りますが
僕も消滅願望は持っています

僕がこのろくでもない世界からまだ消滅しない理由は
この少しだけ素晴らしい世界への感謝の気持ちと
甘いものへの未練しかありません

せーさん、こんにちは
そうなんですよ。
世の中、救いようがないほど最悪だったら、すぐにでも逝きます。
でもいい事だって少しはあるし、いい奴らだって周りにはたくさんいるんですよね。
死のうとする時には、いつもそれが頭に浮かんで踏みとどまります。
もっと甘い物が食べたいってのも、もちろんある・・・・・(笑)

この記事へのコメントは終了しました。

« デジ物コバナシ 今更グーグルアース | トップページ | あぁ、食い道楽 ダヴィッドパン カヌレを求めて早朝ドライブ »