« デジ物コバナシ おねがいグリーン、ツイッターをはじめる | トップページ | ブブ彦日記 温度差 »

2010年6月 3日 (木)

タイヤがパンク、おしゃべりJAFにウンザリ・・・

タイヤがいきなりパンクした。
ヤマダ電機に行き、ウキウキして帰路につき、「そうだオヤツを買って帰ろう」と思ってスーパーに立ち寄った。
ロールちゃんを3本買い、さぁ帰ると車を動かしたら、車が重い。
変な音もするし、こりゃおかしいぞと思って車を元の位置に戻してみたら、タイヤがペシャンコになってるし・・・
車を走らせてる時はなんともなかったのに、買い物をしている間に、タイヤの空気が全部抜けてしまった。
こりゃ、誰かにやられたのかと思ったが、釘などは刺さってない。
しょうがないのでJAFを呼びました。
40分後、JAFがやってきた。
駐車場の真ん中に現れたゴツイJAFのトラックは注目の的で、何々可哀想なヤツはどんな顔してんだ?って買い物袋を抱えた家族連れが遠巻きに眺めていく。
JAFのおっさんは、話しをしながら作業をしていく。
手際は良いが、ずっと話しながら作業をしてる。
この時点で、こいつが曲者だということに気付くべきだった。
タイヤの交換が終わり手続きをしている最中も話は続き、手続きが終わった後も、無意味な話しは続く。
もう暗くなり寒くなってきてるし、龍馬伝が始まる前には帰りたかったのだが・・・どこまでも話は続く。
「親には感謝しろ」とか「俺はバブルの頃テストドライバーだった」とか「俺の歳は何歳に見えるか?」とか言い出し、話が止まらない、そのうち「あそこのタイヤ屋は安いから、そこで買いなさい」とか言い出すし。
後になって分かったのだが、自分が働いてる店で買えって事らしい。
寡黙に車を直し、何も言わずに去っていくからカッコイイのに、この人ときたら・・・

パンクしたショックもあるし、タイヤを買い換える金が必要だとか、色々考えて余裕なんて無いのに、今回の事とは関係ない話を延々としだしてウンザリだった。
修理中に話をするならともかく、終わってからも話を続けるのは、いかがなものか・・・
普段、話しを聞いてくれる人がいないから、ここぞとばかりにまくし立てるって感じだったなぁ。

精神的にまいりました・・・

« デジ物コバナシ おねがいグリーン、ツイッターをはじめる | トップページ | ブブ彦日記 温度差 »

まさ爺のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。