« 怪録ボレコマン現る ボレコを洗濯いたし申候 | トップページ | デジ物コバナシ おねがいグリーン、ツイッターをはじめる »

2010年6月 1日 (火)

デジ物コバナシ ネットラジオの試験運用、その後どうなった? 

インターネットを使いPCでラジオが聞けるようにする試験配信を、東京、大阪の大手民放ラジオ局が3月に試験的に始めたと以前書きました。
あの試験運用はその後どうなったのか?
中間報告が出ました。

利用者の4割が新たにラジオを聴き始めた人たちだったようです。
新規のお客さんが4割って物凄い数字ですよね。
リスナーがどんどん減ってきていて、ジリ貧状態だったラジオにとって、これはかなり嬉しかったでしょう。

調査は利用者にネットを通じて行った。
回答を寄せた2万2000人のうち、34%は試験放送が始まってからラジオを再び聴くようになった「復活組」。
初めてラジオを聴いたという10%も合わせた計44%が新たに掘り起こした聴取者。
12%は通常のラジオ放送から乗り換えた人だった。

回答者の8割は男性。
そのうちの6割は30代~40代。
性別、年代の偏りは大きいのが気になる。

8月末に試験配信を終了し、実用化を目指すようですが、どのように運用されるのでしょうか?
CMなどもそのまま流れるので、全国配信にしてしまうと問題もある。
しかし、日本中のラジオが聞けるのなら、聞いてみたいもんである。
大阪のラジオとか面白そうだし、何この地方CMw っていうのも楽しみたい。
それが無理だとしても、関東のラジオは関東で聞けるくらいにはしてもらいたい。
通常のラジオは聞けるエリアに住んでるのに、地理、距離が関係ないネットで何故に聞けないのか・・・
聞けるなら、毎日聞きます。
聞きますともっ!!

« 怪録ボレコマン現る ボレコを洗濯いたし申候 | トップページ | デジ物コバナシ おねがいグリーン、ツイッターをはじめる »

デジ物コバナシ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。