« 日に日に増える歯磨き粉、その法則 | トップページ | あぁ、食い道楽 いりこでじるをかってこよう »

2010年7月 6日 (火)

勘違い、17年目の真実

17年間勘違いしていた事と、17年間勘違いされていた事の2つが間違っていたと判明しました。
何てこと無い会話から偶然に誤解が解けたんです。

CDを貸してくれって言ったら、ピシャリと断られたので、僕を信用してないか、または、話はするけど、そこまで親しくないと仕切りを作られたと、17年間思い続けてきたのです。
しかし事実は、そのバンドの売り上げを伸ばしたいから、貸さずに買ってほしかっただけでした。

勘違いされていたのは、当時付き合っていた子との始まりが、相手から告白されたものだと思い込んでいたようです。
実際は、僕から言いました。
しかも、彼女は他の男に告白し、ふられたので、すぐに別の男(私)に告白をした という,、ふしだら女に思われていたようで、だいぶ事実が曲がって伝わっていたようです。

また、爺さんは、放っておいてもどんどん告られるイメージがあり、全く告白などした事がない(する必要がない?)だろうと言われたのですが、実は過去3回告白したことがあります。
3戦何勝かは伏せますが(笑)

イメージや思い込みは恐ろしいもんです。
小さい頃はボーっとしてる子だと思われていたけど、実際は物凄く色々と考える子だった。
中~高校の頃は、目つきが悪い奴く、良く喧嘩を売られたが、それは目が細いだけで、ガンなど飛ばしてなかった。
就職活動を面接をすれば、外でバイクでも乗って、遊び歩いていると思ったと、言われたりするが、それは肌の色が元々黒いだけである。

自分が思ってる自分と、周りが見る自分は、だいぶ違ってるんだと思う。
怖いねぇ~

« 日に日に増える歯磨き粉、その法則 | トップページ | あぁ、食い道楽 いりこでじるをかってこよう »

まさ爺のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。