« あぁ、食い道楽 日清、カップヌードルごはん  ラーメンであり、ご飯である | トップページ | まもなく10万ヒット 何でもアリです »

2010年7月29日 (木)

独り図書館 二ノ宮知子 のだめカンタービレ つまらなくなって・・・

のだめカンタービレを今更ながら読み出したんですけどね。
だんだんイマイチになってきたかな・・・・・
最初は面白かったんだけど、ヨーロッパに行くようになってから、話が進まないというか、みんな同じ顔になってきてるとか・・・・

三谷幸喜が古畑任三郎に「少女マンガは登場人物がみんな同じ顔」って言わせてますが、まさにこれもそうである。

顔は同じで髪型だけ違うとか、中年は若者の顔に、ほうれい線を描いただけとか、それだけで登場人物をやりくりしてるんだから、読むほうは大変。
誰が誰だか分からないのに、話はドンドン進む。

絵は面白さに比例しないと分かっているけれど、もうちょっと何とかしてもらいたいもんです。

今14巻を読んでいるので、もう半分以上読んでいるので、、最後まで読みますけど、のだめはもっと面白いもんだと期待しすぎたのが、悪かったんでしょうね。

星5つ満点で
☆☆

« あぁ、食い道楽 日清、カップヌードルごはん  ラーメンであり、ご飯である | トップページ | まもなく10万ヒット 何でもアリです »

独り図書館」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。