« 共通点は、しゃくれアゴ | トップページ | あぁ、食い道楽 ついに甘い物好きの彼女を ゲット??? »

2010年8月 2日 (月)

シネマごしっぷ インセプション

20100802インセプションを見てきた。
ネタバレなしで、僕の感想を書こう。

映像は凄いです。
見た事もないような映像が続きます、こういう映像の発想は無かったという物から、これ撮影するの大変だっただろうな という力技の映像もあった。
それだけでも見る価値はあると思う。

ただストーリーは複雑。
夢の中で見る夢、の中で見る夢、の中でみる夢、までと4階層まで行きます。
現実と夢の中の2つの世界だけで話を進めたら、ミッションインポッシブルとか、オーシャンズ11とかのチームワークで頑張るだけの映画になってしまうだろうとは、想像ができる。

しかし4階層下まで行くと、頑張らないと、理解できない。
その複雑さがあるから、見ごたえもスリルもある話になってるけど、その複雑さから、見た人の半分は ???良く分からなかった??? という不思議な顔をして映画館を出て行くだろう。
メメントの監督ですから、コレくらいの複雑さは、普通だと思ってるっぽい。

ネットでラストの解釈について議論が白熱してて、意見が真っ二つに分かれているが、ネガティブな捉え方をする人のが、若干多いようです。
写真の独楽は、映画を見た人だけのお楽しみ。
ニヤリとしてください。

そうそう、渡辺謙さんは、存在感あったね。
ハリウッドで日本人がここまで成功した事はないからね。
今後も頑張ってもらいたいもんです。
アリアドネ役のエレン・ペイジも、色白で、ちっちゃくて、ちょっとぽっちゃりしてて、ぽってりした唇が可愛いかった。
ジェニファー・コネリーと加藤ローサを足して割ったような顔で、好みです・・・(照)

予告編で好印象だったのは、特攻野郎Aチーム、ハリーポッターでした。
失笑を買っていたのは、松島奈々子とソン・スンホンのゴースト。
きな子(盲導犬訓練の実話を元にした話)は予告編だけでちょっと泣いたのは、ここだけの話にしておこう。

星(5つ満点で)
☆☆☆
合格点かと。

« 共通点は、しゃくれアゴ | トップページ | あぁ、食い道楽 ついに甘い物好きの彼女を ゲット??? »

シネマ と ドラマ ごしっぷ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。