« 茨城の楳図かずお、恐怖のハガキを出す | トップページ | ダイエット奮闘記、第3部エピローグ ジリジリ痩せてはいるものの »

2010年9月27日 (月)

僕と うつ病、闘病記 深海の底から

墓マイラー京都に行く と予告めいた事を書いたのですが、ツアーでなく、故人旅行なので、全て自分で計画しないといけない。
一番の問題は、うちのブブ彦。
3日間の旅行の間、預かってくれる友人も兄弟も親戚もいないので、ペットホテルに預ける事となるのですが、ペットホテルが探せないのです。

情けないですが、事実です。

現地京都市にあるペットホテルは5件くらいあったのだけど、全ての店のホームページを見ることができない。
3件くらい見たら、ぐったり疲れてしまって、それ以上クリックする事すらできない。
横になり、数時間休み、起き上がっても、どうしてもクリックができない。

やりたくないとか、面倒という感覚ではありません。
可愛がってるブブ彦の事を考えたら、少しでもストレスの少なくてすむいいホテルを探してやりたい。
そう思っていても、クリックができない、画面を見ることができない。

YouTubeや、録画したテレビ番組などの受身で見ているだけのサイトは短時間なら見れるんです。
ただ、今回のように調べものなど、ちょっと頭を使うような事は、拒絶反応が出てしまう。

これはまだ、プライベートな遊びに関する事だし、日にちの猶予も数週間あると思うが、これが仕事だったらと思うと・・・・
仕事だったら、すぐにやらないといけないし、責任もある。
それができなかったら信用を失い、いずれは解雇となるだろう。
社会復帰など無理なのか? と愕然とする。


もうすぐ病院なので、こういう状態の時は、無理しないで身体を休めるべきなのか? それとも無理してでもやっていかないといつまでたってもリハビリにならないのか? という事を先生に聞いてこようと思います。
どちらの答えが返ってきても、自分を不甲斐無く思って、落ち込むと思います。
また先生面白い話はしてくれなくて、真顔、怖い顔で、冷徹に宣告するような事を言うんだろうな・・・・
希望が持てるような軽い話しもしてほしい・・・・


今年の正月から断薬実験しても体調を崩し、薬を真面目に飲んでいても、このザマですからね。
飲んでも飲まなくても、どうにもならない。
昔は、バリバリ仕事をこなし、毎日が充実してたのに、今のこの状態は何なんだ。
頑張って仕事をした結果がこれって、残酷すぎるような気がする。
自分が何をしたというのだ。
ずっと真面目に生きてきて、誰にも迷惑はかけてないし、人の道を踏み外すような事はしてこなかった。
それなのに、この仕打ちは、あんまりじゃないか?
なんで自分がこんな目にあわないといけないのか?


いつもだったら、「また死なないように1週間がんばります」と書いて締めくくる所ですが、今はちょっと死ぬ気力すらないです。
辛いという感情すら、分からない状態で、深海の底で、重りをつけられて、沈められてるような感覚ですね。
そこから海上、空を見上げるけど、光すら届かないし、どうやったら浮上できるのかも分からない。
もうあがくのも疲れた・・・・
そんな感覚です。
僕は何をするために生まれてきたんでしょうか?
何で生きないといけないのでしょうか?
生きる意味って何?
暗い深海の底で、そんな事ばかり考えています。

« 茨城の楳図かずお、恐怖のハガキを出す | トップページ | ダイエット奮闘記、第3部エピローグ ジリジリ痩せてはいるものの »

僕 と うつ病、 闘病記」カテゴリの記事

コメント

死ぬ気力もないって、そういうときが私にもあります。
私は女なので、家事手伝いという肩書きがあるし、親のやっているお店の手伝いでおこずかいももらえて、何となくやっていますが、普通の仕事にはまず付けないです。このまま自分は何のために生きていくのかって思っちゃいますよね。何のアドバイスも返事もできないですが…
私もそう思うって思いました。

共感してくれてありがとう。
それだけでも、救われます。
ゆりさんは、お店の手伝いをやられてるそうですが、それだけでもたいしたものです。
僕なんて、本当に何もやれてませんから。
社会の役に立てているという実感が持てるような事ができるといいのだけどね。
なかなか難しいです。

この記事へのコメントは終了しました。

« 茨城の楳図かずお、恐怖のハガキを出す | トップページ | ダイエット奮闘記、第3部エピローグ ジリジリ痩せてはいるものの »