« 僕とうつ病、闘病記 早朝6時起き、始まる | トップページ | 怪録ボレコマン現る 3メートルのガンダム »

2010年9月 7日 (火)

また泣いてしまった(心優しきオトコ篇)

また泣きました。
先日はHIDEが死んだ事を思い出し泣きましたが、今回は龍馬伝でした。
ついに寺田屋騒動があり、龍馬が死にかけます。
日本のために行った、龍馬の行為の代償は、今後ずっと命を狙われる事。
もう、後戻りはできません。
何処に行こうと、いつ何時も、死がそこにある生活が始まる。
龍馬が暗殺される事実はどうにも変えようが無いので、ドラマもそれに向って、暗く、緊張感がある物になってきています。

もうダメ。
龍馬が死にかけただけでも、龍馬が可哀想で可哀想で、無念で、苦しそうで、痛そうで、色々できなかった事に想いを馳せて、これからの日本を見てみたかったという気持ちが伝わってきて・・・・・
今回の龍馬伝は、暗殺へのプレリュードになるとあったけど、まさにそのとおりで、最終回を予感させる物でした。
もう、ボロボロ涙が出てきて、ティッシュを5枚ほど消費しました。

「いやぁ~ 今回の龍馬伝は良かったよね。 泣いたよ」って親に言ったら、「助かるのは分かってたし、普通だった」と・・・・
言われてみればたしかに、龍馬は寺田屋騒動では死なない。
分かってるけど、泣いたというのに・・・・・

龍馬と同じような髪型をしていて、シンクロ率70%なので、龍馬ブームに乗ったミーハー野郎と思われがちですが、それでもいいや。
秋には髪を切ろうと思っていたけど、まだ、龍馬と同じ髪型にしていたい。
ずっと髪をバッサリと切りたいと思っていたけど、まだ総髪でいたいです。

因みに、私は良く泣く男だと思われるかもしれませんが、滅多な事じゃ泣きません。
ただ、僕も歳をとったんだよね。
涙もろくなりました。
痛かったり、悔しかったり、情けなかったりでは泣きませんが、ちょ~~~~~とでも可哀想な話とか聞くと、もう泣いてるんだよね。
親友が、ハチ(アメリカ版リメイク忠犬ハチ公)のラストだけ見て泣いたって言ってたが、同じような事なんだと思います。
ラストだけ見て泣けるのも凄いが、その場にいたら、一緒に泣いていたと思う。
ぽっちゃり、ピュア系、王子 って肩書きでよろしくであります。

« 僕とうつ病、闘病記 早朝6時起き、始まる | トップページ | 怪録ボレコマン現る 3メートルのガンダム »

まさ爺のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。