« あぁ、食い道楽 モンテールの直売所へ行きたい  が・・・ | トップページ | ブブ彦日記 日の出と共に散歩(巻き添え篇) »

2010年9月10日 (金)

大技「空手」、超大技「気合」に、抱腹絶倒

イオンにフラフラ行きましたら、中で、大道芸人さんが芸を披露してたんです。
始まって少したってしまったくらいだったのかな?
会場はヤヤ盛り上がりくらいでした。
会場言うても、何も無いちょっとした広場で、一段高くなってたりもしません。
普通の通路です。
そこに子供がぐるっと取り囲み。
それを親が取り囲んで、30人くらいは見ていたでしょうか。

芸人さんがね、マックのドナルドみたいな格好をしているんです。
基本カラーは黄色とブルー?だったかな?(キャプテンCと同じやんけw)
まぁ、ピエロを想像してくれると良いと思う。
顔も白くメイクしてあってね、紫の髪の毛してて。
年齢がねぇ・・・ 分からんのだよ。
20代後半か?30代か?
声がやけに高くて、ハリがあり、ほんと年齢不詳。

ボーリングのピンのような形の物をジャグリングしだしたんですけどね。
上手いんですよ。
上手いんだけど、子供にはあまり受けない・・・・
そしたら芸人さん、焦ったんでしょうね。
大技を出すと言い出した。
「空手」という技らしい。
嫌~~~~な予感がしますよね?
空手と聞いた瞬間に悪寒が走りましたから。
なにを見せてくれるのかと言うと、ジャグリングしながら、水平チョップを一瞬「あちょ~~~~」という怪鳥音と共に繰り出すという物。
ピンを落とさないようにしないといけないから、チョップは出てるかどうかも微妙な動き。

これが、受けない。
子供、口あんぐりですわ。

芸人さん、さらに焦ったんでしょうな。
更なる大技を繰り出すと言う。
「気合」という技らしい。
嫌~~~~~な予感がしますよね?
会場中の全員が、子供ですら、これはハズス と理解しました。

芸人さんのジャグリングが始まります。
ある意味、今回一番注目度が高くなった瞬間である。
次の瞬間、一同、昇天した。
ピンで、軽く頭を叩きながらジャグリングしている。
ピンを空中に上げつつ、受け取った手で、ピンを頭に持って行き、軽く叩いてまた空中に上げる。
多分普通にジャグリングするよりも何倍も難しいはずである。
しかし、「空手」の時以上に、全く受けない。
僕はというと、大笑い。
腹が痛いほど笑い、ドストライクであった。
「空手」の寒さも、この「気合」のための伏線であったかのような展開に唸った。

さらに焦った芸人さん、シガーボックスをやりだしました。
これは中々上手いと思ったら、落とした。
また落とした。
これはマジ落としらしい。
しかし、それで笑いが取れるという皮肉。

その後も子供が参加して、一緒に芸をやるなど、一応の盛り上がりを見せ、芸人さんのショータイムは終わった。
芸の道具を片付け、この後どのようにして、消えていくのか?と思ってずっと後を見ていたら、ただでは歩かないというか、何かしらやりながら歩いて、止まったり、振り向いたりしながら、じりじり進む。
やっぱり、大道芸ってのはすげーな と感心していたら、道を間違ったらしく、へんな方向に進んでいった。
その後、芸人さんが何処に行ったかは謎である。

手段はどうあれ、人前で自己表現ができる人ってのは、尊敬します。
自分が最も苦手とする事だから。
芸人さんのようにちょっとなってみたいと思ったのだが・・・・

来年行われる友人の披露宴で、僕が「空手」と「気合」を披露するとかとか噂になってますが、真相はいかに?

« あぁ、食い道楽 モンテールの直売所へ行きたい  が・・・ | トップページ | ブブ彦日記 日の出と共に散歩(巻き添え篇) »

まさ爺のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。