« あぁ、食い道楽 食べるラー油のおにぎりを食べてみた | トップページ | ダイエット奮闘記、第3部エピローグ あれ?目標変わったの? »

2010年10月 5日 (火)

超ド級の“ド”って何?

「超ド級」という言葉をたまに目にするけど、ドって何?って思いません?
ド級って言うんだから、ドくらい凄いって事。
超が付くんだから、ドよりも凄いぜ って事になります。
だから、ドって何?って話しです。

調べてみたら、ドレッドノートという軍艦の頭文字の引用らしい。
漢字では「弩」という難しい字を書く。
イギリス海軍が建造したドレッドノートは、排水量は17900トンと当時としては度肝を抜く大きさだったのである。
後に日本の有名な軍艦でさらに大きい「大和」が建造された。
この大和は排水量64000トンとドレッドノートの3倍以上のあるにもかかわらず、ドレッドノートの印象が強かったのか「ド級」という言葉として残された。
大和から引用したら、「や級」とかいう呼び方になっていたってことか・・・
それはちょっと気持ち悪いというか、しっくり来ないなぁ。

因みに「ど根性」「ど真ん中」「どえらい」などもこれに該当するという説もあるが、さだかではない。

« あぁ、食い道楽 食べるラー油のおにぎりを食べてみた | トップページ | ダイエット奮闘記、第3部エピローグ あれ?目標変わったの? »

まさ爺のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。