« 登るハエ、イラつくジジイ、知らん顔の1階・・・・その1年半後 | トップページ | ブブ彦日記 ネコチェック、毎日出動 »

2010年10月27日 (水)

トラベル・レポート 皇居、そのスケールに圧倒されまくる

20101026皇居に来ています。
弟の引越しの翌日にまた東京に来ているのです。
皇居のイメージって、砂利がどこまでも広がる広場の先にお堀があって、橋が架かってる。
それくらいだった。
あるいは、玉音放送で天皇の声を聞いた国民が皇居に集まり土下座している写真。
それくらいだ。

でも東京に行くたびに首都高からお堀は見えていたし、最近はジョギングの聖地としてニュースなどで取り上げられるため、一度近くでその大きさを実感してみたかったのだ。

まず目に飛び込んできたのは、どこまでも広がる砂利が敷き詰められた広場。
そして、警備員の多さ。
多さで言うならジョギングしている人もかなりの人数だった。
すれ違った人数だけでも数百人はいただろう。
とにかく、常に視界に走っている人が入ってくる。
ランナーと観光客の間でのトラブルがニュースで取り上げられていたが、そんなトラブルはどこにもなく、ランナーはスイスイと観光客をさけて追い越していく。

水戸の脱藩浪士たちが起こした桜田門外の変の映画が公開されている事もあり(茨城県民なので水戸は気になる)桜田門を見て、それから江戸時代の正面玄関だったという大手門まで歩く。
歩くといっても1kmくらい歩かないと次の門まで行けないのだが・・・
大手門から中に入れるというので行ってみただけだったのだが、これが何処までも入れる。
しかも無料だというから驚き。
何重にも門があり、護衛の番人が詰める詰め所があったりとなかなか見所がある。
一番凄いのは、400年前の石垣が残っている事。
この石垣は家康も家定も慶喜も見ていたと思うと胸が熱くなる。
それにしてもとんでもない広さで、延々と坂道を登り、大奥と天守閣がある所まで行く。
今は何も残ってなく、芝生が生える広場になっていたが、天守閣の石垣も残っていて、登ってみた。
火事で焼けてしまったので、19年しか天守閣が無かったそうだ。
もったいない・・・・
日本最大の天守閣だったそうだ。
疲れてしまい大奥があった場所に座り、少し休憩。
ここに篤姫がいたのか・・・・
すごい。
結局一通り見るのに2時間かかってしまい、その間歩きっぱなしだったので、かなり疲れてしまった。
運動不足である。
しかし、無料でこんなものが見れるとは・・・・
もちろん税金で全てまかなわれているのだが、(天皇の家なので)それでも良いと思えてしまうほど素晴らしさだった。
これだから歴史は面白い。

« 登るハエ、イラつくジジイ、知らん顔の1階・・・・その1年半後 | トップページ | ブブ彦日記 ネコチェック、毎日出動 »

トラベル・レポート」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。