« デジ物コバナシ 畦道通信が変わります | トップページ | 一度作ってしまった箱物をどうしてくれようか »

2010年10月 1日 (金)

ブブ彦日記 ブブ彦を異様に怖がるオバサンの悲劇

20101001閉鎖的な土地柄、「よそ者に通す道はねぇ」 で書いたオバサンに出会った。
否、出会ってしまった。
もう視界に入ってきた時には、お互い正面を向いているから、そこから急に後ろを向いて、逆方向に歩くってのも不自然だし・・・

今日は何言われるのか、嫌々近づいていったら・・・・・
なんと、ミニチュアダックスを抱えだし、僕に背中を向けている。
どうやら、この格好をしている間に通り過ぎろという事らしい。

明らかにブブ彦が、うちの子を噛んで、大怪我をさせるから と言わんばかり。
失礼なヤツだと思ったが、こんな人にいちいちイライラするのもバカらしい。
とっとと通り過ぎた。

で、ブブ彦がトイレを済まし、来た道を帰ろうとしたら、またそのオバサンに会ってしまう。
オバサンも来た道を帰ろうとするのだから、また出会うわな・・・・・
するとまた、ダックスを抱きかかえ、背中を向けている。
軽く、悲鳴のような声を上げている。

どうやら、最近、近所の犬に7箇所噛まれたらしい。
それは威嚇しているような犬に、近づいたか、または、ダッコしてるバカダックス(とにかく延々と吼え続ける)が喧嘩を売ったからだと思うんだが・・・・・

オ 「うちの裏に大きな家があるでしょ?」
爺 (どこに住んでるかも知らねーのに、裏って言われても・・・)
オ 「そこの犬に噛まれたのよ」
爺 ・・・・
オ 「背中を向けると噛まれるみたい」
爺 (だからなんでそんな犬に近づいたんだか)
オ 「7箇所も噛まれちゃったのよ」
爺 (いつまででも喋ってそうだなこの人、元気そうじゃねーか)
爺 「あぁ、そうですか・・・・」(引きつった笑顔を精一杯見せる)

と、こんな感じのやり取りがありました。
すぐに犬をダッコする人にありがちな、犬をわかっちゃいない という典型的なタイプらしい。
だからといって、背中を向けて、目も合わせず、悲鳴を上げるのは失礼だと思うぞ。

« デジ物コバナシ 畦道通信が変わります | トップページ | 一度作ってしまった箱物をどうしてくれようか »

ブブ彦日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。