« ダイエット奮闘記、第3部エピローグ あれ?目標変わったの? | トップページ | 消えたニュースを追え »

2010年10月 5日 (火)

僕と うつ病、闘病記 障害年金を不正に入手するためのマニュアルが出回ってる件について

うつ病患者を対象に「生活費を確保しよう」と触れ込み、障害年金の取得を促すマニュアルが有料で出回っているというニュースが流れた。

年金申請には障害認定が必要で、診断書に症状を重く書いてもらうように「医師を誘導してください」などと指南する内容。

マニュアルはネット上に5種類流通している。
3千~2万円程度で販売されていて、購入手続きを取るとダウンロードできる。

うつ病患者向けに、障害年金2級を取得すれば「年額で約200万円が7年間にわたって支給される」などと説く内容が多い。
マニュアルは障害2級の認定基準に合わせた表現で病歴資料を作り、医師に受け取らせることを勧める。
家族全員で診察室を訪れ、プレッシャーを与えましょう」とも書いている。

出回っているマニュアルは、うつ病などを抱え、将来の生活に不安を感じている人をターゲットにしているとみられる。

日本年金機構は「マニュアルの存在は把握している。その通りに医師を誘導しようとしても、医師が影響されるとは思えない」と話している。

消費者センターには最近、「マニュアル通りに年金申請をしたのにうまくいかない」という相談があるという。
国民生活センターも、同様の相談が寄せられている。

これに対し、1年前からインターネット上でマニュアルを販売している男性は「うつ病で不安を抱えている人に障害年金制度を知ってもらう目的で作成した。不適正な申請であるかのように誤解される表現があったことは事実。 と現在、全面的に書き換えている」と話している。


こんな事を考える奴が出てくるとはね・・・・
僕は障害年金をもらってるけど、正当に評価されてもらっている。
でもこういう輩が出てくると、まるで僕まで不正に病気を偽って、年金をもらっているかのように見られるような気がして、気分が悪い。
好きでもらってるわけじゃないし、生きるためにしょうがなく支給されているお金で生活しているというのに。
ただでさえ、働きもせずに、国民の税金から生活費を頂いている事に肩身が狭い思いをしているのに、今回のニュースのような事が起こると、精神病で年金をもらっている人全てに疑いの目が向けられてしまうのではないかと心配になる。
過激な某掲示板には、税金を食い尽くす寄生虫みたいな奴らに、一銭も払う必要無し、働けないなら死ねばいい とでも書く人が必ず出てくる。
死ねたらどれだけ楽か・・・・
マニュアルを販売している人間こそ、いなくなってほしい。
なんでこんな事が起こってしまったんだろう・・・
こんな世の中、生きていてもしょうがないのかな・・・

« ダイエット奮闘記、第3部エピローグ あれ?目標変わったの? | トップページ | 消えたニュースを追え »

僕 と うつ病、 闘病記」カテゴリの記事

コメント

私は年金はいただいていないのですが、状態が悪いときは、「年金がいただけたら、こんなにつらいのに働くこともないのに…」と思ったりします。
でも、病院でまったくそんな話は出ないし、まして自分から動く気もありません。それは先生が判断することだと思うし…

ちゃんとした病気で支給されているのですから、変に考えちゃダメですよ。
「私たちとは関係ない人たちだと思わなくては。」

…て、先生によく言われるんですけど、難しいですよね。

ゆりさん、こんばんは。
今日病院に行ってきて、この話をしてきたのだけど、先生もこのニュースは知らなかったようです。
やる気の無いような先生しか引っかからないんじゃないかな?とのことでした。
今は国が、障害年金を出さない方向に持っていくようにしているようなので、なかなか年金はもらえないようです。

前にも書きましたが、年金は、家族のお荷物になってないと思え、治療に専念できる反面、お金が入ってくるから社会復帰が遅れる側面もあるようです。
僕がいい例ですから。
年金をもらうのも一長一短です。
税金をいただいてると思うと、自己嫌悪に陥りますし。
年金をもらっても、もらわなくても、何をしたとしても、情けないと思うんだと思います。
そういう病気なんで・・・・

ゆりさんが言うように、変に考えないようにしますね。
僕が考えてもしょうがない問題ですしね。
でも、考えちゃうんだけど。

損得で考え出すと
胸がヒリヒリして苦しくなりますね

難しいことですが
自分を取り巻く環境すらすべて
良くも悪くも他人事感覚で受け流す術をもちたいものです
(僕もそれが出来ないから時々詩人になります)

ベストを追いかけるのはやめて
ベターな波に乗れている幸せを感じるようにしています

誰かに会えた幸せ
感動した幸せ

実がそれこそが人生攻略法のベストな気がしてます

せーさん、こんにちは
さすが哲学者のせーさん、といったコメント。
ありがとうございます。

ベストを追いかけるのはやめて
ベターな波に乗れている幸せを感じるようにしている ですか・・・
われただたるをしる に通じるような言葉ですね。
ちょっと違うか?(笑)

ゆる~~~く、頑張るようにします

はじめまして。

高校三年の娘が毎日
死にたいといい

学校だけでなく
全てが、生きていることがいやだといいます


じゃあもう
学校行かなくていいし

好きに生きようというと
そういうのも
自分として納得いかないみたいで

学校へ行って飛びおり自殺するといいます。

メンタルクリニックで

半夏厚朴湯のんでます。
リーゼ、えびりふぁいなどは、気持ち悪くなるばかりでだめのようです。
私も疲れました。

のだめめさん、こんばんは
のだめめさんも娘さんも辛いでしょうね。
死にたくなるのは、娘さんが悪いわけじゃありません。
病気がそう思わせるようにしているだけです。

家族は振り回されてしまって、本当に疲れると思いますが、近すぎず、遠すぎずの距離感で接してあげて下さい。
近すぎると、重荷になったり、プレッシャーを感じてしまうし、遠すぎると、本当に孤立してしまいます。

娘さんにだけは、もううんざり、疲れたって顔を見せないようにしてあげてください。
娘さんは、のだめめさんだけが頼りなはずですから。

薬も合うものが見つかるまでは時間がかかりますし、病気が良くなっていくのも、すごく時間がかかります。
それまで頑張って、娘さんの力になってあげてくださいね。

この記事へのコメントは終了しました。

« ダイエット奮闘記、第3部エピローグ あれ?目標変わったの? | トップページ | 消えたニュースを追え »