« 僕と うつ病、闘病記 弟が遺書を残して失踪した | トップページ | 僕と うつ病、闘病記 初七日が終わりました »

2010年11月11日 (木)

僕と うつ病、闘病記 弟を救えませんでした

結局、弟を救う事はできませんでした。
必死に可能性のありそうな場所を夜中まで探し、翌朝も早朝から探したけど、家族では見つけてやれませんでした。

遺体が見つかり、検死室に入った時、家族3人で人目もはばからず大声で泣きました。
とにかく目の前に弟がいるのに、死んでしまった現実が受け入れられませんでした。

悲しくて、苦しくて、身体の震えが止まらなくて、食事も喉を通らないしで、2日で3kgやせました。
涙もこんなに出るのかというほど泣き、頭痛が治まりませんでした。
この辛さに比べたら、鬱病の苦しみなど取るに足らないくらに辛かった。

もうこんな気持ちには誰もさせたくないので、僕は絶対に自殺はしません。
もうしようとも思いません。
強くなって、性格も変えようと決めました。
いまより明るくして、口数を増やそうと決めました。
言いたい事はいうようにして、なんでも知り合ってる家族になろうと思う。
溜め込む、背負い込むは良くないと弟が自分の命を使って教えてくれた事だから・・・・

弟の分も生きようと思います。
楽しい事をいっぱいやって、僕が元気にやっていく事が、弟の成仏に繋がると思うので。

何か趣味でも見つけるなり、サーフィンをまた始めるなりして、外にも出ようと決めました。

ブログはまだ、楽しい話ができるほど、いきなりはスイッチを変えられないので、更新はもうしばらく不定期で更新したいと思います。

弟の無事を祈ってくれた人たちに感謝しています。
ありがとうございました。

« 僕と うつ病、闘病記 弟が遺書を残して失踪した | トップページ | 僕と うつ病、闘病記 初七日が終わりました »

僕 と うつ病、 闘病記」カテゴリの記事

コメント

私も母を亡くしました。
母も私と同じうつ病で苦しんでいて、自殺してしまいました。
突然の母の死に、私はがく然としました。
今でも母を思うと辛いです。

せーさん:いつも僕の事を気にかけてくれてありがとう。
弟の無事を祈ってくれてありがとう。
顔も本名もしらず、住んでる土地しか知らない関係だけど、随分と勇気付けられました。
またせーさんのサイトにもお邪魔するので、コメント書かせてもらいますね。
せーさんからのコメントも待ってます。

なりすけさん:コメントありがとうございます。
毎年3万人が自殺をする現実があり、噂であちこちで自殺があったと聞きますが、まさか自分の家族がそうするとは思ってもいなかった。
死ぬなら自分だとばかり思っていたから。
弟がいなくなってしまったのはショックだし、とても悲しい事なのですが、弟の分も生きていこうと思います。
辛い事があったら、同じ境遇という事で、コメント書いてくださいね。

この記事へのコメントは終了しました。

« 僕と うつ病、闘病記 弟が遺書を残して失踪した | トップページ | 僕と うつ病、闘病記 初七日が終わりました »