« 僕と うつ病、闘病記 母は僕が心配、僕は母が心配 | トップページ | あぁ、食い道楽 アルチザン パティシエ イタバシ モンブラン »

2010年12月 8日 (水)

人生初、検問

もう1月以上前の話だけど、生まれて初めて検問という物に会いました。
最初は工事か何かをやっていて、片側通行にでもしてるのかと思ったのですが、棒の先に止まれと書かれた旗を車の前に出されまして、強制的に停車させられました。
警官がウヨウヨいます。

一瞬、この前母が東京で捕まった時を思い出す。
参照:「母が捕まった(笑)」へのリンクはコチラ
何か違反したか?
シートベルトはしているし、携帯を使っているわけでもない。

窓を開けると「一斉検問です」と言われ「免許証を見せてくれ」と言われる。
飲酒運転の取り締まりかと思ったけど、周りに飲食店などない本物の田舎道だったので、飲酒運転取締りじゃないみたい。
まぁ、酒臭かったら、ちょっとこちらへ となっていただろうが・・・

好奇心に負けて、言わずにはいられなかった事がある。
「何かあったのですか?」
である。
おそらく、止められた車に乗っている人全てが聞くであろう質問。
テレビや映画で検問のシーンがあると必ず出てくる質問だ。
ずっと言ってみたかったのだ。

「今、凶悪犯がこの辺りを逃走してまして」という言葉を期待したのだが、年末で事故が増えるのと、車上荒らしが多いから気をつけてという事だった。
ちょっと拍子抜け。

免許証をみて、家がある土地の名前を出し、そこに帰る所ですか?とさりげなく探りを入れてくる。
こういう時に、やましい事があると挙動不審になったりするんだろうね。
警官の口調は柔らかかったが、目は笑ってなかった。
恐ろしい。

でもまぁ30年以上生きてきて、初めての検問体験は面白い物だった。
急いでいる時や、出勤途中だったら、イライラさせられるんだろうけど・・・

« 僕と うつ病、闘病記 母は僕が心配、僕は母が心配 | トップページ | あぁ、食い道楽 アルチザン パティシエ イタバシ モンブラン »

まさ爺のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。