“裏” あぜ道通信

  • 偉大なマスター
    ブログ本文には載らない、没写真、ひっそりとUPします。 ネタ晴らし、舞台裏、そういうの、欲しいでしょ?
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« あぁ、食い道楽 カフェインに弱い男 | トップページ | 僕と うつ病、闘病記 母は僕が心配、僕は母が心配 »

2010年12月 6日 (月)

チャラ男(失礼w)っぽい友人の本当の姿

中学からの友人が消防士を仕事にしている。
その友人が勤めている消防署が近所にあって、そこを最近散歩するようにしている。
友人と会うと出てくる、消防士の話は、変人たちの集団のよう。
筋肉バカがいたり、日焼けにこだわる人もいたっけかな?
飲み会ではバカをやり、旅行にいけば、予算がたらなくなったとかそういう話ばかり。

今回消防署の裏を歩いていたら、消防士が高い所に登り、手すりにロープを縛り、なにやら合図を出し合っている。
友人がいたりして と思っていたら、声が特徴ある友人の声。
でも高い塔のようなところでやっているので、顔は見えない。
見えないが、口調は厳しい。
自衛隊とかそんな感じ。

人命に関わる仕事だから、締めるところは締めるんだよね。
当たり前だけど。
でも友人はそういう厳しい話はしたことがなくて、いつもしょうもない人が集まっててみたいな事しか言わない。

こうやって町を守るために、人が見ていない所で努力、訓練をしている消防士が、やけに頼もしく見えた。

その後、友人にあの時間訓練してなかった?とメールしたら、仕事中だというのに返事が返ってきた。
「声かけてくれればよかったのに」とある。
無理無理。
あの真剣な訓練を中断させられるわけがない。
人命が関わるのだ。
僕の好奇心で邪魔はできない。

普段はノリの軽い友人だが、愚痴も言わずに仕事する様子は、ちょっとかっこよすぎた。
尊敬します。
働く男はいいねぇ。

« あぁ、食い道楽 カフェインに弱い男 | トップページ | 僕と うつ病、闘病記 母は僕が心配、僕は母が心配 »

まさ爺のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。