“裏” あぜ道通信

  • 偉大なマスター
    ブログ本文には載らない、没写真、ひっそりとUPします。 ネタ晴らし、舞台裏、そういうの、欲しいでしょ?
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« あぁ、食い道楽 炭火焼肉トラジ チーズ明太石焼ビビンバ | トップページ | 僕と うつ病、闘病記 弟との最後の1日 »

2010年12月16日 (木)

僕と うつ病、闘病記 自殺遺族はうつ病になりやすいとキッパリ言われる

病院に行ってきました。
僕はここ数ヶ月とても安定しているので、今日の診察は、自分の話はせずに、ほとんど姉の話をしてきた。

姉はこの前「消えたい」とメールに書いてきて家族が騒然となったのですが(典型的なうつ病患者が口にする言葉なので)先生はこの「消えたい」メールをかなり心配していた。

僕がマメにメールしたり、この前も姉の家に母と一緒に押しかけて、元気か確認しに行ったのだけど、そういう時は元気にふるまってるだけの可能性があるって言われた。
確かに、家にまで来てくれたら、落ち込んでるところは見せられないって心理は働くよなと思う。
ハッとしました。
姉に会うといつもニコニコしていて、安心させられるけど、それは無理してるんじゃないか?と今更になって気付いた。

苦しかったら何でもメールしてって言っても、姉はメールを読む相手の事を考えて書いてるだろうから、100%吐き出してないと思う。
頼りない弟かもしれないけど、何でもいいから吐き出してほしい と送りました。
それに対して、姉を納得させる答えを返せるかは分からないけど、誰かに気持ちをぶつけるだけでも違ってくると思う。

それと、1月になっても姉が「消えたい」と思っている場合は、病院に連れて行くって話があるのだけど、普通だったら新規に診察をしてもらう場合、3ヶ月待ちくらいなんだけど、特別に早めに診察できるようにはからってくれると先生が言ってくれた。
「なんとしても、もうY家から死者を出すわけにはいかない」って先生言ってた。
それはY家の僕、Pちゃん、母の3人の事を言ってるんじゃなくて、姉を死なせるわけにはいかないって事を言ってるわけです。

身内が自殺した場合、遺族がうつ病になってしまう事は多いのですか?って聞いたら、「多い」ってキッパリ言われた。
だから姉が心配で心配でね。
姉は精神化に通う事に抵抗があるかどうかは分からないけど、早くに行けば行くだけ治りも早いし、精神科は拍子抜けするくらいに、普通の病院と同じだよ。とメールする。
1月になっても気分が落ち込んでるなら、「病院紹介して」って正直に言ってほしいと言いました。

僕は安定しているので、薬に変更は無し。
朝:セルシン2mg、アキネトン1mg
夜:セルシン2mg、アキネトン1mg、ピーゼットシー4mg、セレネース3mg です。

また頑張ります。
姉と一緒に頑張ります。
応援コメントがあったらヨロシクです。

« あぁ、食い道楽 炭火焼肉トラジ チーズ明太石焼ビビンバ | トップページ | 僕と うつ病、闘病記 弟との最後の1日 »

僕 と うつ病、 闘病記」カテゴリの記事

コメント

うん

何故だか僕はまさ爺さんに伝えたいことが
たくさんあります

たぶんそれは
僕が対峙して来た決して少なくない重大事件の経験上でそう感じるのだ

人間が人間である以上
個人はそれを完治するということでなく
共存していく術をどう見出すか
それがもっとも効果的で的を得ている唯一の対処方法だと

そういう僕も未だにタフではないけれど
世界が抱える深刻な常識を話半分で聞けるよう努力しています

この記事へのコメントは終了しました。

« あぁ、食い道楽 炭火焼肉トラジ チーズ明太石焼ビビンバ | トップページ | 僕と うつ病、闘病記 弟との最後の1日 »