« 僕と うつ病、闘病記 お墓に供えてあった風車を見て | トップページ | デジ物コバナシ 15歳のメールスピード »

2011年1月 6日 (木)

「うえす」とは何ぞや

「うえす」を取ってくれとかいう会話が、両親の間で交わされた。
何だ?うえすとは?
方言のような響きもあるし、英語のような響きでもある。
おそらく前者だと思ったのだが・・・・
「餓え巣」とか、「上酢」とかそんな感じの純和風なイメージもある。
一方、ウエハースやウェスタンなどの英語なイメージもある。
「何だい?うえすとは?」と聞いてみたら、物を拭く物だという。
意味が分からない。
方言の可能性もあるので、ネットで調べてみた。

ウエスは、Waste(英語ウエスト:無駄・くず・ぼろ・廃棄物)から、訛ってウエスと呼ばれるようになったらしく。
古着や古布を再利用して雑巾がわりにするものである
とネットで調べたら書かれていた。

Pちゃんのボロボロになったタンクトップとかが、車のオイルを拭くような時に使われたりするが、あれがウエスだったのか・・・・
なんかどうも、茨城の一部でしか使われていない方言のような印象が強い言葉で、あまり使いたいとは思わないのだが、そうですか英語ですか。

英語の知識で60近い両親に負けるのは悔しいが、知らなかったんだから、しょうがない。

着なくなったTシャツを使うのは抵抗があるんだけどな。
なんか嫌じゃないですか・・・?
着なくなった物とはいえ、洋服で、汚い所を拭くのって。
ボロタオルとかを使うのは全然OKだと思います。

うえす、うえす、うえす。
また一つ賢くなりました。
使いたいとは思わないけど・・・

« 僕と うつ病、闘病記 お墓に供えてあった風車を見て | トップページ | デジ物コバナシ 15歳のメールスピード »

まさ爺のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

飲食店で働いていた時、テーブルを拭く台布巾をダスターって言う人もいたし「ウエス取って」なんて言っていた人もいたよ(^-^)

工場ではいつもそばにありましたね。
古着を裁断されたものばかりでした。

古着やさんで大量に買い取り、海外へ送り、向こうで裁断をして、再度日本へ・・・
と聞いたことがあります。

私はもったいながりなので、自分の服をウエスにするという選択肢はなく、基本はボロになっても着続けます^^;

前回の引っ越しの時に、ようやくあきらめた数枚をウエスにしたぐらいですね^^;
ウエスがなくなり、買いに行くほどの量でもなかったし。粗品タオルをもらえる環境にもないので^^;

かずのすけさん> ダスターをウエスって呼ぶのはちょっと抵抗ありますね。 飲食店ですし・・・
僕がバイトしていた所はダスターで統一でした。

あんずさん> 海外から再輸入するような大掛かりな事まで世の中では起きているのですか!
僕もボロになっても着続けるタイプかなぁ~
気に入って買ったのに、ウエスにしちゃうのが可哀想な気がして・・・

普通にうえす使ってた(ρ°∩°)25歳だす。
よくタオルとか子供の服とかあとでうえすにすっからとか。

確かに茨城県!
北部!
でも知らない人はしらないみたい(>_<)
職人とかは使うかも

この記事へのコメントは終了しました。

« 僕と うつ病、闘病記 お墓に供えてあった風車を見て | トップページ | デジ物コバナシ 15歳のメールスピード »