« デジ物コバナシ スマートフォン勢力、急拡大 お年寄りとは思われたくない | トップページ | 僕と うつ病、闘病記 薬が増えました。 »

2011年1月16日 (日)

僕と うつ病、闘病記 弟の部屋を使うことにしました

弟の2度目の月命日が過ぎ、初めて弟の部屋のドアを閉めてみました。
やっぱりダメです。
何か得体の知れない恐怖心に襲われます。
ドアを閉めると、弟が帰ってきて亡くなるまでの2週間、夜部屋にこもって遺書を書いていた事を想像してしまうからです。

遺品整理をしたので、テーブルは無くなり、布団もなくなり、ほぼ何もなくなった部屋なんですが、ドアを閉めるのはダメ。

この部屋は、母が寝室に使うようにしました。
それで良いと思います。
遺族が亡くなった人の部屋をそのままにしておくっていうのは、TVなんかで良く見ますが、うちは部屋をスッキリさせて利用する事にしました。
家が狭いからっていうのもありますが、部屋を使わないで、弟がいた状態にしていても、前に進めないような気がするので。

母が寝室として使うようになり、ドアは閉めるようになるでしょうが、そうなってからなら、閉められても大丈夫になるような気がします。
(僕が先に寝るし、僕が後に起きるので、ドアが閉まっているのをまだ見ていません)

弟が家に持ち帰ってきていた謎のミュージシャン(ジョンレノンのようだが、タトゥーが入っていて、ちょっと別人ぽい)のポスターもそのまま飾る事にしました。
弟の部屋に12時で止まっていた時計も、使うようにして、また動き出しました。
弟が最後に家を出る時に時計を12時に合わせて、電池を抜き、止めた時計です。
正装して最後の格好に着替え、この作業をしている様子が目に浮かぶので、この時計を見るのが辛かったのです。
こうして時計が動き出す事が、家族の再スタートの象徴のように見え、涙が出てきました。

母は、弟が亡くなった11月8日から、毎日1時間おきに目が覚め、熟睡できなかったのですが、弟の部屋で寝るようになった途端に、ぐっすり眠れるようになったそうです。
49日はとっくに過ぎてるし、何か墓参りをしたとか、何かお供えしたわけではありません。
寝る場所が弟の部屋になっただけです。
あの部屋にいると、何か弟と一緒にいるような、安心感があるそうです。

とりあえず母が眠れるようになっただけでも、また前進したような気がします。
部屋を母の部屋に作り変えて本当に良かったと思います。

また死なないように頑張ります。

« デジ物コバナシ スマートフォン勢力、急拡大 お年寄りとは思われたくない | トップページ | 僕と うつ病、闘病記 薬が増えました。 »

僕 と うつ病、 闘病記」カテゴリの記事

コメント

まさ爺さんはちゃんと眠れてますか

僕は一度自律神経失調症で
夜中に目が覚めると再び眠れない
という状況になって非常に辛い時期がありました

眠れなくなると
脳神経が参って他のことも駄目になる気がします

眠れるって
ただそれだけで幸せですよね

まさ爺さんのお母さんが
せめてちゃんと眠れるようになりますように

母がせーさんにお礼を言ってます。
「わざわざ心配してくれてありがとうございます」ですって。

僕はすぐに眠れるんですが、夜中に何度も目が覚めます。
弟が亡くなる前は一度寝たら朝まで起きなかったんですけどね。
最近まで夜中に何度も目覚めている自覚が無くて、最近になって、そういえば、母だけじゃなく、自分も目が覚めてるなと理解しました。

ただ布団が寒くて目覚めているのかもしれないですし、ブブ彦が動いたりして目が覚めてる可能性もあります。
でもまたすぐに寝れますし、毎日10時間くらいは寝ているので(寝すぎですね)疲れが溜まったり、頭が回らないという事はないです。

うつ病は朝日を浴びると良いって言われたりするので、朝にしっかりと起きたいのですが、寒くて起きる気力がありません。
昼頃起きだすと一日が短いですし、良い事ないので、なるべく早くに起きるようにしようとは思ってます。

あぁ~、変わりたい、変わりたい
でもなかなか変われないんですよね。
変わりたいと思うだけでも、少しは変わり始めているのでしょうか?

>まさ爺さん

せー理論ですが
計画には大きく4つの時期があり
いま自分がどの時期にいるかを知ることは大事です

わかりやすく体内改造を例に挙げますと

1、無関心期
   カロリーなんて気にしない
   ゴロゴロしてるのが楽だし気持ちいい

2、関心期
   自分の一日の摂取カロリーと代謝カロリーの差が
   大切なのだと気付き食品のカロリーに詳しくなる
   ジョギングシューズや筋トレアイテムが欲しくなる

3、実行期
   おやつを求める量が減る
   豆腐など低脂肪高たんぱく質の食品を求め始める
   とりあえずアイテムを買ったんだからと運動してみる
   体重をデイリーでグラフ化し始める
   「痩せたよね」と言われ始めると運動が楽しくなる

4、維持期
   3を乗り越えた自分に自信がついたので
   以外にノンストレスで活発で健康的な生活を送っている
   でも悪魔の誘惑に乗ることも多い

まさ爺さんは関心期
いや限りなく実行期に近づいているのでしょう

僕の経験上ですが
背中を後押しするものは
プライドやコンプレックスの属性を持った事件です

せーさん、こんばんは
プライドやコンプレックスの属性をもった事件です ですか・・・
コンプレックスの塊ですが、事件は起こらないですなぁ。
8年もうつ病やってるって事自体が事件な気もするし、そろそろいい加減に何かやらないといけないので、実行期は近いのかもしれません。
アドバイスいつもありがとうございます。
いつも勇気付けてくれて感謝感謝です。

この記事へのコメントは終了しました。

« デジ物コバナシ スマートフォン勢力、急拡大 お年寄りとは思われたくない | トップページ | 僕と うつ病、闘病記 薬が増えました。 »