« JADE 聴き直してみて | トップページ | 座布団のようなマスクを付けてみる・・・・ »

2011年3月 5日 (土)

今更!? ゲゲゲの女房

ゲゲゲの女房を今更ながら見始めました。
アレだけ視聴率も取れましたし、「イイ」だの「よく出来てる」など言われているのを聞いていたので、安心して見始めました。

朝の連続テレビ小説を見たことがある人は分かると思うのですが、ほんわかした温かい気持ちになりますよね。
ゲゲゲの女房もいい感じに、ほんわかしていて、優しい気持ちになれるのですが、野際陽子演じるオババが亡くなるシーンに号泣。
亡くなるフラグが立って、そろそろ亡くなるって辺りから泣きながら見てましたから。
ダメですね、涙もろくて。
人は必ず死にますし、それをドラマで描くのも当然ある事なのに、気持ちがついていけなくて、鷲掴みにされて、グルングルン振り回されるような感じになります。
分かってるのか?弟よ。
連続テレビ小説で泣いてしまうほどの傷を作ったんだぞ、お前は。

弟を責めても何も話が進みませんね。
ゲゲゲの女房の話をしないと。
とてもよく出来ています。
たまに笑いを取りに来るようなドラマもありますが、ゲゲゲの女房は無し。
人の感情、気持ちを丁寧に描いていて、好感が持てます。
まだ9回までしか見てないのですが、1話15分だというのもイイです。
1時間のドラマは起きて見てられなくて、疲れ果ててしますからです。
○○殺人事件などというドラマは見たいと全く思わないし、コメディーで笑えるほど、まだ傷は癒えてませんし、ドンパチがあるようなドラマも見たいとは思えません。
その点このゲゲゲの女房は、最適のようで、見ていて、気持ちが解放されます。
オババが亡くなるような、大きな死はもう描かれないかもしれないし、なんとか最後まで見れるような気がします。
久々のヒット。

« JADE 聴き直してみて | トップページ | 座布団のようなマスクを付けてみる・・・・ »

まさ爺のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。