« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月の18件の記事

2011年6月29日 (水)

記録に挑戦、長居組

ファミレスのココスに13時間と30分長居しました。
昼ご飯、デザート、夜ご飯を食べ、ドリンクバーでお茶をがぶ飲み。
トイレに4~5回行った。

昼からの集まりだったけど、解散したのが0時半。
いくらなんでも長居しすぎか?(笑)

何をそんなに喋ったのか?
良く覚えてないが、楽しかったのは間違いない。

店員さんも、うちらのテーブルには近づかなかったね。
裏では「あいつら昼からずっといるんだよ」と話になったかもしれないけど・・・
ちゃんと夜ご飯も頼んだんだから、いいんだよね?

次回も、これに並ぶ記録になるような気がする・・・

2011年6月28日 (火)

あぁ、食い道楽 イラっとくるシェフ、川越

川越シェフがどんどんTV慣れしてきているのがちょっとイラっとくる。
1カメ、2カメ、3カメを使い分け、次々にポーズを決める、その姿は、もはや料理人ではない。

残り物で料理を作り一言
「自分はやっぱりできる子でした」とか言ってるし・・・

イラっとくるんだよね。

2011年6月27日 (月)

コインランドリーのシステムが分からない

コタツを解体しました。
しまったではなく解体です。
コタツ布団は部屋の隅に放置です。
ブブ彦が穴掘りしたり、昼寝したりする場所になってしまってます。
こたつ布団はデカイので洗濯機では洗えず、コインランドリーに持って行かないといけません。

それが面倒でねぇ・・・
イマイチ、コインランドリーのシステムが分かってないのですが、行かないといけないでしょうな。
お金を入れて、何かコースを選ぶんですよね?
で、洗濯が終わるまで・・・・ 何をしていればいいんだ?
洗濯が終わったタイミングで次の人が来ちゃったりすると、僕のコタツ布団は外に出されてしまい、放置されるわけでしょ?
それはちょっと嫌なんだよなぁ。

早く洗濯して、押入れにでもしまわないと、どんどんブブ彦の犬臭が布団についてしまうし・・・・

明日あたり、行ってくるか、ランドリー。
(今日ではないあたりが、行動力の無さを物語ってるな)

そういや、バスの料金表の見方も、ちょっと自信が無いです。
世の中知らない事だらけで、ちょっと情けないおっさんです。

2011年6月26日 (日)

僕と うつ病、闘病記 ワナワナが、ワナワナが

いくらでも眠れると書きましたが、様子が変わってきました。
昼夜逆転の生活になってしまってる。
昼間はどうしても起きていられなくて、座っている事もできず、すぐに横になってしまいます。
横になっていると当然眠ってしまい、昼間寝たぶん、夜眠れない。
夜眠れないから、翌日の昼間眠くなって、また寝てしまう。
という悪循環。

夜眠れない最大の理由に、また腕がワナワナするという事があります。
腕の中を虫が歩いているような、筆の先でくすぐられているような、ざわつく感じがして、かいたり、叩いたりするのですが、いっこうに治らない。
背中が痒くてその場所をかくのだけど、全然違う場所をかいているような感じがする事がありますが、あんな感じ。
ワナワナする場所をかいても全然治まる様子は無い。
おかしな事に、寝ているとワナワナするのに、起き上がるとスッキリと何事も無かったかのようになるのです。
薬の副作用?
血流が関係しているのかな?
それに右手、右足しかワナワナしないので、左脳が関係している?

とにかく眠れなくて、明け方5時頃まで眠れない日が続いています。
昼間眠らなければ、ワナワナよりも強い睡魔で一気に眠れるような気もしますが、ど~~~~~しても昼間眠ってしまいます。

睡眠薬を買ってこようかと本気で考えてます。
睡眠薬は抵抗あるんだけどなぁ。
しょうがないか、この際。
睡眠薬の致死量を調べたら、300錠と書かれてた。
これならオーバードーズの危険性も無いですな。

2011年6月24日 (金)

あぁ、食い道楽 コンビニが近くにやってきたら・・・

コンビニが家の近くにあると、それだけで凄く良い立地に住んでいるような感じがする。
高級住宅地にでも住んでいるかのような眩しさがある。
自分の家から徒歩で行けるくらいの場所にあるとベストなんだけど。
日本中のコンビニに、その気になれば歩いていけますが、そういう意味じゃありません。
半径100メートル以内にあると最高です。

コンビニの店員さんとも会話をするような仲になり、新作スイーツをオススメしてくれるような間柄になる事を夢見ていたりします。

でも絶対に太るよな。
甘い物買いに行かないわけが無いですもん。

普段手をつけない、ぜんざい系の渋い物から、ちっちゃいのに100円もするチーズタルトなんかにも毎日通っていたら、手を出す事になるだろうし。
そろそろアイスも美味しい季節になってきているし、スナック菓子だって沢山置いてある。
危険だ。
貯金を崩してでも、何かしら買ってしまうだろう。

なんだろうね、コンビニを見ると吸い込まれるような気分になるのは。
夏に光に向って虫が集まるような感覚?
あいつらも吸い込まれるような気がして集まってくるんだろうし。
虫と同レベルです、ハイ。

2011年6月20日 (月)

僕と うつ病、闘病記 また薬が変わりました。 重くなった?

病院に行ってきました。
3時間半待ちで、グッタリしてしまいました。
もう座って待ってられないんです。
横になりたくて、ソファーを一人で占領して、横になってやろうかと何度思った事か。
体力が無いのが原因でしょうか?

さて、診察がやっとやってきました。
先生はいつもの調子で「ど~でしょ~か?」と聞いてきたので、正直に「かなり悪いです」と話す。
どう悪いのか?
原因は考えられるか?
入院してみるか?
など、いつものやり取りが行われる。

入院すると、また頭に電気を流す治療をするのか? と聞いてみたら、あれは筑波大の病院でしかできないから という。
という事は、他の病院に入院する事になるのか?
てっきりまた筑波大の病院に入れられるものだと思っていたのに。
特に治療をしないという事は、お金の無駄ではないのか?
自殺しないように、24時間監視されるだけで、日にちが過ぎたら退院。
意味が無い。
それを勧めるという事は何か意味があるのだろうか?
次回病院に行った時に聞いてみようと思う。

薬がまた変わりました。
朝:アキネトン1mg、セレネース3mg、セルシン2mg
夕:アキネトン1mg、セレネース3mg、セルシン2mg、ジプレキサ10mg
である。

ジプレキサは統合失調症の薬ですが、うつ病にも使用することがあるらしい。
というか昔、ジプレキサは処方されていた薬である。
症状が好転したきっかけになった薬だそうです。
はい、僕は薬の事は全く記憶できないので、その通りカルテに書かれているんでしょうね。
調べたら副作用が結構載ってて、また立ちくらみがするそうな。

しばらくは、コケないように頑張ります。

2011年6月19日 (日)

ブブ彦日記 梱包芸術、一切放棄

20110619今日の巨匠は、梱包芸術を一切放棄。
散らかしたままの毛布の上に横になり、眠るだけ。
コロコロのお腹と短い足が、本物の豚みたい(笑)
巨匠にも、こんな日はある・・・・

2011年6月15日 (水)

僕と うつ病、闘病記 死にたくて死にたくて・・・・

死にたい。
死にたくてしょうがない。
一日中死ぬ事を考えていた。
もう身辺整理が済んでなくても構わないやって思ってしまって、本当に危なかった。
もう少し衝動が強かったり、一人の時間が数時間長かったとしたら、やっていたと思う。

家族などの残された人の事も頭に浮かんだけど、そんなのどうでも良くなってしまって、ただただ楽になりたい一心だった。
家族に2人目の自殺者が出るという事は、どうなってしまうのか?
残された人がどうなるかも分かっているつもりだけど、もう辛くて苦しくて、どうしたら良いのかが、訳が分からなくなってしまって・・・・

誰かに死にたいと口を開いたとしても、その人が一生自分の事を面倒見てくれるわけではありません。
親もいずれは死に、一人になる時が来る。
別にずっと親に甘えていたいわけじゃないんだけどね・・・
とりあえず生きてみようよと言われても、薄っぺらに感じてしまう。
「死ななければ良いこともある」「一緒に頑張っていこう」と言ってくれる方もいますが、ありがたいとは思います。
思いますが、心のどこかで、その場しのぎの言葉に聞こえてしまう。
そんな自分が嫌だし、申し訳なくて、消えてしまいたくなる。

いつも「死にたい」って言ってる奴が周りにいたとしたら、うっとうしいよね?
「じゃぁ、死ねば良いじゃん」って言ってやりたくもなるでしょう。
「ウザいから、死んでよ」って言ってくれる人がいたら、すぐに死ぬのかな?
誰も最後の一押しはしてくれないんだよね。
自分が殺したかのようになってしまうから・・・

死んだら病気に負けたという事なんだろうか?
死に勝ちも負けも無い。
しんだら灰になるだけのような気がする。
死後の世界なんてなくて、無の世界で、死んだ瞬間に、全てがそこで終わりになってお終い。
死ぬ事が怖くなくなって、死が身近になって、死が毎日頭の中にある僕は、やっぱり弱い人間なのでしょう。
弱いから病気になったんだろうし、弱いから、まだ治ってない。
社会復帰したとしても、弱いから、再発するような気がします。

性格も考え方も変えられないし、色々考えると死ぬなら早い方が良い様なきがして・・・
すみません、ウジウジとしていて。

また死なないように頑張りますと、今回は言えないです。

2011年6月12日 (日)

僕と うつ病、闘病記 強烈な睡魔、勝てない

何だろう?
すごく眠い。
いくらでも眠れるし、横になるとすぐに寝てしまう。
睡眠不足で眠いのではありません。
毎日眠いのである。
1時間おきくらいに目は覚めるのだが、起き上がれないし、すぐに次の眠気がやってきて、意識を失うかのように寝てしまう。
このまま死ぬんじゃないか?と思うような落ち方なので、少し心配だが、1時間くらいで、何事も無かったかのように目が覚める。
そして、また睡魔に負け、眠るのである。

薬の副作用だろうか?

2011年6月11日 (土)

あぁ、食い道楽 ついに完成した渾身の一品

いつも料理を作っている夢を見ると書きました。
辛い修行時代の厳しさを思い出してか、はたまた最後まで(煮方まで)行かずに洋食に鞍替えしたのが影響してか、料理はいつも完成せず、仕込みの戦場のような忙しさばかり夢になってきた。

しかし今回はですね!!
いいか良く聞け!!
今回は・・・
料理が完成した!!

三十数年生きてきて、料理が完成した夢を見たのは初めてである。

すごい事なんですよ。
すごい事なんですよ、これは。
すごい事の証拠に、深夜3時半に起きだして、この感動をブログに書いているわけであります。

因みに、完成した料理とは・・・・・
鯛の潮汁(笑)

んん~ 渋いねぇw
潮汁なんて作った事無いけど、なんで潮汁?(笑)

2011年6月 9日 (木)

トラベル・レポート 那須 アルパカ牧場、少年を見殺しに・・・

20110608グレートデンを満喫した一行(僕だけかも)は、アルパカ牧場に向った。
クラレのCMで一躍有名になったアルパカであるが、実物を見たことがある人は誰もいない。
未体験である。
未知数である。
大ハズレに終わるか?感動に変わるか?
結末は意外な展開に・・・

一見すると、とても狭そうなアルパカ牧場だったが、順路を進むと、広い広い。
アルパカの毛を刈る時にアルファベットやマークを刈り残したアートパカがいるとか、マチュピチュに対抗して那須ピチュがあるとか、小出しに罠をしかけてくる。
やばい、ボディーブローが効いてきたっす僕。
犬を見ると、アルパカが全員寄って来るという噂だったが・・・

本当に全員やって来た!!
寝てたアルパカも起きてきて、ブブ彦に注目している。
警戒しているわけではないようだが、何十匹ものアルパカが黒い小さなブブ彦を凝視する様子はちょっとコワ可愛い。

さて、ここで真打登場である。
小学生の男の子が話しかけてきた。
「犬が苦手なんです」と。
「ごめんごめん、犬、怖かったね」と言うと、
「怖いんじゃないんです、苦手なんです」と言い返してきた。
初対面なのに、この細かいニュアンスの違いを指摘してくるあたり、やっかいな性格か?
オタクにありがちな、一人の世界で喋り続ける印象を持った。

周りに家族らしき人は見受けられないが、この子がずっと付いて来るんですよね。
連れの甥っ子とドンドン先に進んでいく。

心配になってきて聞いてみた。
「お父さんかお母さんは?」
「一人です」
「何処から来たの?」
「○○」(聞いたところで地元の名前だろうから分からない)
「何で来たの?」
「バスと徒歩」
段々不安が大きくなる。
この子は、何をしにココにいるのか?
家出?
服は綺麗だし、今日出てきたようだし・・・

なんだかんだで出口まで一緒に歩くがことになってしまって、ちょっと困った。
アイスを甥っ子姪っ子が買うと言い出した。
それは良いんだけど、この少年、金が足りないと言う。
しょうがないから50円出してやって、ご馳走してやったが、ってことはだよ。
ってことはだ。
所持金0円なわけでしょ?
こっからどうやって帰るのか?
「バスは何時に来るの?」
「もうそろそろ来る」という。

可哀想だが、この子を車に乗せて家まで送ってやる事はできない。
車が満員なのだ。
バスに乗れなくても、どうしようもない。
アルパカ牧場の店員さんに、少年が言っていた家のある地名を言ったら、そんな遠くから来たのかと驚いていた。
ほんとに、この少年、その後どうなったんだろう?

訛っていて、独自の世界を持つ、奇妙な少年よ。
ゆるせ、おじちゃん達はもう茨城に帰らないといけない時間なのだ。

因みに、那須ピチュは小さな岩山でした・・・・(写真右下)

2011年6月 7日 (火)

トラベル・レポート&ブブ彦日記 憧れのデーン×2+会長

20110607ベーカリーペニーレインで昼食を済ませ大満足の一行は、道路を挟んで反対側にあるイマジンドッグスに向った。
満足度が異様に高い、ペットと止まれる宿である。
綺麗な部屋、広いドッグランを3つモチ、食事にはペニーレインのパンが大量に食べれるのだから、人気がでるのも頷ける。

宿は利用しないからドッグランだけを利用。
犬一匹につき500円。
良心的な価格である。
しかし今回は、ドッグランの話ではない。

ドッグランの受付に向う際に見つけてしまった、グレートデン2匹を連れて椅子に腰掛けてるボーイスカウト風の格好をした叔父様を。
犬の中のアポロと言われる、その凛々しいバランスのとれた体つき。
たまりません。
ほっぺのお肉もデカイ
尻尾も太い。
背中が高い。
顔でかい。
あ、叔父様がアポロなんじゃなくて、デーンがです。

もうブブ彦を置いておいて、グレートデンに走りよりました。
触ってもまったく動じない。
軽く手の臭いを嗅いだだけで仕事終了。
自分がデカイ事を理解しているらしく、乱暴な事は一切しない。
賢いぞ、デーン。

問題はこのオジサンだ。
60~70歳は行ってるだろうか?
イマジンドッグスのHPに同じ柄のデーンの写真があったから、イマジンドッグスのオーナーだな(たぶん)
ペニーレインも兼ねた、会長かもしれん。

スタッフの若造をとっつかまえて、
「○○は今日はどうしてる?」
「今日は研修で○○に行ってます(緊張気味)
「○○とも、一度じっくり話しをしないといけないな」
などと会話していました。

連れが、
「餌はいっぱい食べますか?」と聞くと、
鼻で笑いつつ
「デカイだけに食う」という。
この兄貴っぽい豪快な態度、やはり会長であろう。

それにしても、グレートデンの可愛い事ときたら。
あぁ、一緒に寝たい。
ほっぺの肉を引っ張りたい。
大きな足の肉球を突きたい。

室内で飼うのは無理か・・・・
あぁ、飼いたい。
もっと遊びたい。
食べちゃいたい。
連れて帰りたい。

2011年6月 6日 (月)

トラベル・レポート&あぁ、食い道楽 那須、ペニーレイン

20110606栃木県那須市にあるペニーレインというパン屋に行ってきた。
関東近郊に住み、パンが好きな人なら、その名も知っていることでしょう。
犬を連れて外出する事が多い人も知っているかもしれない。
イマジンドッグスの隣にあるのがペニーレインである。
テレビ東京の放送なので全国区には知られていない番組かもしれないが、TVチャンピョンと言う番組で優勝したとかしないとか・・・
それらしき写真が飾ってあったかっら、多分本当に優勝した様子。

前置きが長くなったが、ペニーレインのパンは旨いと聞く。
那須はテリトリーじゃないから、ナビの無い僕には到達できない店だったのだが、Pちゃんが行くというので、即決で同行する事にした。

朝8時に開店し、開店と同時に交通整理が入るというペニーレイン。
普通のパン屋の3倍くらい広いが、外まで会計で並ぶらしいぞ。
遅く行ったり、タイミングが悪いとパンが3種類くらいしかなく、焼きたてのパンが並べば、そのパンに皆が群がり、またパンが無くなるという事態になるという。

そのペニーレインに11時半に到着した一行。
もうパンはないだろうと店内に入ったら、パンがある。
ある、ある、ある。
全種類ある。
駐車場は満車で、店内も凄い人だが、これでも空いている日らしい。
おっかねーところだペニーレイン。

因みに、イマジンだのペニーレインだの言っていてピンと来た人は鋭い。
店内はビートルズの音楽が流れ、ビートルズ関連の装飾品で飾られている。
ちょっとしたミュージアム状態の中にパンが並べられていて、何ともお洒落。
リンゴスターという林檎のパンや、HELPという名のカレーパンが売っていたりする。
パンを持って帰るビニール袋の取っ手がピースマークに彫られているのも粋である。

さて、僕が食べたパンは、ブルーベリーとカスタードクリームのパンと、オレンジピールのパン、バジルとベーコンのパンである。
みんなそれぞれイカしたネーミングがあるんだろうが、説明も兼ねてこの紹介で勘弁を。

店の外に買ったパンを食べられるテーブルがあり、飲み物を頼めば利用できる。(商売上手)
木陰になっていて、晴れだったので、最高のコンディション。
心身ともにリフレッシュさせていただきました。

一番旨かったパンはオレンジピールのパン。
直径10センチくらいの円盤状のパンに薄くカスタードを塗って、その上にオレンジピールがたっぷりと乗っている。
普通チョコレートと合わせる所を、カスタードにしている事でさっぱりと食べられ、甘さと苦さが絶妙であった。
そして、パン屋の命、パン自体の味がしっかりしていて、いつまでも噛んでいたいパンであった。

那須に行ったら、是非また行きたい。
お気に入りの店発見である。

2011年6月 5日 (日)

あぁ、食い道楽 セブンイレブン 塩おにぎり

セブンイレブンで“塩おにぎり”という物が出ているのを見たことがあるでしょうか?
名前から分かるとおり、味付けは塩のみ、中身に何も具は入ってないし、海苔も無い。
これまでそんな発想すら無かった、男気ある一品。

それで100円である。
ちょっと高いんじゃない?
80円くらいが妥当じゃない?
と思いつつも、食べないで評価はできないと、思い切って購入。

これがね。
旨いんですわ。
塩加減が絶妙で、食べれば食べるほど、もっと食べたくなる味。
これイイ塩使ってるのかな?
天然塩にありがちな、粒の大きな塩は見当たらない。
はたまた、イイ米を使っているのかな?
これまた分からない。

でも、コストをかけるところは、米か塩しかないので、どっちもイイもん使ってるんだろうなという所に話は落ち着いた。

いつものぱりぱり海苔でおにぎりを食べているので、海苔が無いと手がべた付く。
もっと基本的なところで袋からすら出しづらく、手間取ってしまうという、お子チャマ失態をしてしまった爺さんであるが、それを除けば、100点のおにぎり。

美味しんぼが、究極VS至高でおにぎり対決をやったとしたら(ひょっとしてやってる?20巻までしか読んでないので・・・・)、雄山が出しそうなおにぎりだよな。
山岡さんが究極のご飯のお供になる物を日本中からかき集めておにぎりにしても、雄山はそれを笑う。
「日本人は太古より塩を調味料として使い、その使用方法も・・(中略)・・・東西新聞は究極のメニューなどとわめいているが・・・(略)・・・日本人が食べたい物は米なのだ。 それを士郎は小手先の技術で・・・・(小略)・・・こんな男を究極のメニュー作りに使っているなんて東西新聞もたいしたことない」
などと言うだろう。
雄山ならば本当に言いかねない。

究極のおにぎりとは、塩おにぎり なのだろう。
安いから食費を浮かそうとか、素食にしようとか、そう言う事は全く関係なく、「俺、日本人だったよ」って感じでした。
米が好きなんだなと、気付かされて、ハッとしましたもん。

段々話が大きくなってきているが、塩おにぎり、次セブンに行っておにぎりを買う事があった場合、必ず買いたいと思います。
2個買いの可能性もあるくらいです。

安いし、米が好きな人は是非、“塩おにぎり”を!!

2011年6月 4日 (土)

ゲームしてみる? やっとる場合かバカチンが!!

任天堂の3DSが欲しい。
僕の私生活を知っている人は、皆口をそろえて言う事だろう
「お前、ゲームしてる場合か?」と

仕事をする、しない、の話を別の場所に置いといても、「ゲームしてる場合か?」は言われ続けるだろう。

HPを作らないといけないし、スキャナーで取り込んだジョジョの奇妙な冒険の編集作業、海外逃亡計画など、やらんといかん事が山積み。

ケータイでパクロスをやるのも、モバゲーのお世話になるのも禁止であります。

Wiiもやりたいソフトが安くなるのを待っていたら、やりたいソフトが何本にも増えてしまって・・・・

ゲームをやっても、何も残りません。
暇つぶし、時間の無駄使いとさえ言えるかもしれない。

でも、遊びたいんだなぁ~

2011年6月 3日 (金)

デジ物コバナシ またチクチクやり始めましたよ

こっそりホームページを作り出しました。
ここで書いたら、もうコッソリじゃないですねw
まだ一文字も表示されない実験段階のHPです。
完成するかも分からないし、途中で投げ出すかもしれません。

昔買った、HTMLとCSS、JavaScript、Webデザインの3冊の分厚い本を引っ張り出してきて、とりあえずJavaScriptの勉強を始めました。
一冊3センチ~5センチくらいある本なので、勉強って言っても本気じゃなと、とてもやってられません。
HTMLもCSSも、エクセル、ワード、UNIX、その他色々な事は全部独学だったなぁと昔を思い出しています。
昔と違い脳が8割に萎縮してしまった現在。
病気もあるし、1時間だけやって、ダウンしました。

コンピュータの世界に限らず、百聞は一見にしかずです。
百読は一プレイにしかずです。
読んで理解したつもりでも、頭には全く入っていない事がほとんどです。
少なくとも自分はそうです。

実際に、本に書かれているプログラムを、書いてみて、動かしてみて、好奇心の赴くまま手直ししてみる。
コレが一番地味ですが、一番吸収が早くて、一番自分の物になる方法だと理解しています。

プログラムを勉強したからといって、難しいHPを作るつもりはありません。
シンプルだけど、清潔感があり、説得力がある物を作りたいと思います。

完成は半年後かな?
1年後かもしれない・・・・
完成しないかもしれない・・・・・
もし完成したら、URLを教えますね。

2011年6月 2日 (木)

デジ物コバナシ 今更ですが、ブルーレイって何?

もう何回説明しても理解できないようなので、放置プレーかましてるんだけど、母がブルーレイを理解できない。
まず、DVDと何が違うのかを説明しても、聞き流すような返事の仕方をして、本気で理解しようとしてないのがバレバレ。
7月に地デジ移行が終わったら、HDDビデオも地デジ用に買い換えないといけないので、最近になってブルーレイの話が良くのぼるようになったわけである。
Pちゃんは理解しているので、2人で適当な物を買ってくる事になりそうである。

ブルーレイって何? ってだったら最初から聞かなければ良いものを、どうせ聞き流すんだったら、黙ってろと言いたい。

で、機械音痴かというと母はそうでもなく、今のHDDビデオを使いこなし、Pちゃんは使いこなせない。
この辺りが、立場が逆転して面白い。

まぁ、近いうちに電機屋に行き、ブルーレイを買ってくる事になると思います。
あと3回は説明する必要があるだろうけど、めんどくせい!!

2011年6月 1日 (水)

ブブ彦日記 草を食むように、毛をむしる

20110601ブブ彦は全く耳をかかなくなりました。
薬をマメに与えたのが効いたようです。
しかし、後ろ足のモモの部分を、牛や馬が草を食む(ハム)ように、前歯で毛をむしりとってしまいます。
おかげで、モモの部分だけ、毛が薄くなってしまいました。

衣替えだから、クールビズなどと冗談をいってもいられないようです。
多分次回、話の長い動物病院に行ったら、指摘されると思います。
早くも気が重いっす・・・・

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »