« あぁ、食い道楽 ピンクペッパー、流行に流されてはいかん | トップページ | ブブ彦日記 三十代飼い主、散歩中に下痢 »

2011年7月22日 (金)

僕と うつ病、闘病記 元XのTaijiが自殺した件

ロックグループ「X」の元ベース奏者で、拘束先のサイパンで自殺を図り、重体となっていた沢田泰司(Taiji)が死亡した。
地元警察によると、Taijiは成田からサイパンに向う航空機内で乗務員に暴行、窓や座席を叩いたり蹴ったりしたとして逮捕された。
サイパンの裁判所で審理が予定されていたが、警察の拘束先で自殺を図り、病院に搬送され、集中治療室で意識不明の状態が続いていた。

Xを脱退してからはまったく近況を把握してなかったんだけど、昨年のX JAPANのライブにスペシャルゲストとして参加し、元気そうな姿を見せてくれたんだが・・・・

聞けばTaijiはホームレスになったり、てんかんなり、脳梗塞になり、肝硬変になり、股関節の難病になり、これでもかと不幸が重なっている。
この状態で、機内で暴れる事なんてできるのだろうか?
てんかんの発作だったのでは?という意見も目立つ。
発作を押さえようとすると、余計に身体が暴れてしまうという事がてんかんにはあるそうだ。
そんな事で逮捕され、自殺を図ったとしたら、なんて悲しい人生なんだろうと思ってしまう。

機内で暴れるのは問題なのは分かる。
逮捕されるのもしかたない。
だが、裁判があっても、軽い罪で済んだはず。
自殺するほどの大問題ではないと思うんだが。

度重なる不遇についに心の糸が切れてしまったのだろうか?

Yoshikiも心配だ。
お父さん、Hideと自殺で亡くし、こんどはTaijiだ。
脱退後ずっと音信不通だったなっらともかく、去年ライブで一緒になってるからなぁ。
過去の確執も解け、昔のようにステージで2人とも輝いているように見えたのだが、こんな事になるとは誰も予想できなかった。
Yoshikiが後追いなどしなければ良いのだが。
世界ツアーも延期せずに頑張ってもらいたい。
せっかく掴みかけている世界のステージ、世界のファン。
このままツアーを続ける事をTaijiも願っていると思う。

Hideを亡くした時は、ショックだったし、33歳で死んでしまったから、可哀想って感情があったのだけど、Taijiの場合は、ただただ悲しいです。
持病が沢山有ったから、長生きは出来なかったと思う。
でもこんな最後を迎えるとはなぁ。

さんざん自分が死ぬタイミングをはかってきて、さんざん死に方をシミュレーションしてきて、死ぬなら首吊りだと決めていたけれど、最近はちょっと死ぬのが怖くなってきている。
生きる事の辛さは何ひとつ変わっていないのだが、自死に対する考え方が変わってきている。
残された側の人間の気持ちが分かってきたからだと思う。
それに人が一人死ぬと、物凄く金がかかるのだ。
自殺するには、その金を自分で用意して、残された人の負担にならないようにしたい。
まぁ、理由は色々あるのだが、死なないようにしなくてはと思うし、少なくとも“まだ死ねない”とは思う。

話がだいぶずれてきてしまった。
Taijiの話だ。
晩年は色々とあったが、偉大なベーシストだったと思う。
天国でHideと共演してるだろうか?とスイーツな事は考えない。
死後の世界なんて無いんだから。
Taiji在籍中のXのアルバムでも聴きながら寝るとします。

また死なないように頑張ります。

« あぁ、食い道楽 ピンクペッパー、流行に流されてはいかん | トップページ | ブブ彦日記 三十代飼い主、散歩中に下痢 »

僕 と うつ病、 闘病記」カテゴリの記事

コメント

TAIJIの事を色々見ようとしたらここに来ました。
ただただ悲しかったです、そうですね自殺は残された人を表現しきれないほど悲しくさせます。
毎日をただひたすら生きていくだけですね。

としさん、こんにちは。
コメントありがとう。
僕も死にたくなりますが、生きるという事に執着したいと思っています。
辛いし、苦しいけどね。
お互いひたすら生きましょう

この記事へのコメントは終了しました。

« あぁ、食い道楽 ピンクペッパー、流行に流されてはいかん | トップページ | ブブ彦日記 三十代飼い主、散歩中に下痢 »