« ハゲるのか?俺・・・・ | トップページ | 美容室に行けた! »

2011年8月25日 (木)

亡くなった弟の誕生日でした

昨日は亡くなった弟の誕生日でした。
肉が好きだった弟の為に、この日のためにとっておいたイイ肉を焼いてやって、お供えしました。
食後に僕が昼間買ってきていたケーキも供えてやりました。

母は今朝、弟の出産の時の事を思い出して泣いていたっそうです。
僕が会った時には、泣いてなくていつもの母だったので、察する事ができませんでした。
姉が言うには、子供の誕生日は親にしてみても嬉しい事らしい。
その子供が亡くなってしまったら、嬉しいはずの誕生日は辛いものになりますよね。
弟の出産の事が兄弟の中で一番ハッキリ覚えているそうです。
お腹を痛めて産んだ子ですから、これからも弟の誕生日のたびに苦しむんだと思う。

夕食のお肉をお供えした時も母は泣いていました。
「○○が選んだ道だから」と諦めの言葉を口にして、気持ちを整理しているようでした。
ケーキを食べる時には「○○食べてるか~、嬉しいかぁ~」と話かけてました。

僕はというと、本当に弟が死んでしまったのか、未だに信じられない所があり、悲しみも薄いようです。
薄情なのかな?
両親、姉は、いまだに泣いていますが、僕は泣きません。
ひょっこり家に帰ってくるような気がして・・・・

« ハゲるのか?俺・・・・ | トップページ | 美容室に行けた! »

まさ爺のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

うん
そうだよね

お母さんの気持ち
まさ爺さんの気持ち

ちゃんと届くと思います

俺からも弟さんの御冥福を祈ります

生きていれば32歳の誕生日でした。
早すぎる死でした。
一生誕生日は苦しい日になるのか?
笑顔でお祝いできる日が来るのか?
わかりませんが、弟をみんな愛しているって事は確実に言える事です。
安らかに眠ってほしいものです。

この記事へのコメントは終了しました。

« ハゲるのか?俺・・・・ | トップページ | 美容室に行けた! »