« ダメ人間製造機、発進!! | トップページ | 1年前の、あの日が近づいてきて・・・・・ »

2011年9月29日 (木)

ブブ彦日記 その距離50cm、猫と対面

我が家は魚を焼く時に、ガスコンロの下に付いているグリルは使わないんです。
家の中が魚臭くなるので。
で、持ち運びできるグリルを庭先に置いて、秋刀魚を焼いていたのです。
食事が終わりTVを見ていたら、窓の外に、ニャンコが!!
秋刀魚を焼いた時の残った臭いに引き寄せられてきた様子。
グリルの臭いを嗅いでいます。
すぐにブブ彦を連れてきました。
窓を挟んで、ニャンコとの直線距離は50センチほど。
ブブ彦は、吼えるわけでも、飛びかかろうとするわけでもなく、硬直。
ブブ彦は土手で猫を見た時もそうなんですが、猫を見ると硬直するのです。
北海道土産の鮭を咥えた木彫りの熊のように動かない。
猫もやらしいんですよね。
ブブ彦がいる事を分かっていて、ガラスがあって来れない事も分かっていて、余裕の表情で秋刀魚の臭いを味わってるんですから。

Pちゃんがちょっと窓を開けようとしたら、猫は一目散に逃げた。
それと同時にブブ彦が暴れだし、キュンキュン鳴きまくる。
最初からそうすればいいのに、あの硬直は何だったんだ?
追いかけようとしているから、遊びたいのか?
獲物かと思っているのかは分からない。
ライオンが獲物を草むらから狙う時、姿勢を低くして、スローモーションのように動きますが、あんな感じを本人はイメージしているのかもしれない。
ただ、棒立ちで硬直してるから、猫にはバレバレなんですけどね(笑)

この後、もう一度同じ猫がやってきまして(ふてぶてしい)ブブ彦に同じように立たせたら、まったく同じで硬直&キュンキュンでした。
ブブ彦が喋れたら、あの硬直時間の意味を聞いてみたい。

« ダメ人間製造機、発進!! | トップページ | 1年前の、あの日が近づいてきて・・・・・ »

ブブ彦日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。