« あぁ、食い道楽 あの「あくまき」が食べられる! | トップページ | デジ物コバナシ スマホが欲しい!買い替えのタイミングは? その2 »

2011年10月26日 (水)

去年の今頃は、まだ生きていてくれた

去年の10月23日に弟は東京から茨城に帰ってきました。
死ぬためにです。
帰ってきてから2週間ほどで、弟は亡くなってしまいました。
あれから1年。
今日、東京から帰ってきたんだよな。
といった具合に、去年の今頃はまだ生きていてくれた などと考えてしまいます。
しかし意外にも、僕は冷静に生活できています。

去年と同じ日といっても、別の一日なわけであって、同じ日が戻ってくるわけではないんですよね。
弟だけ時間の進みが止まりましたが、僕はまだ生きているわけであって、時間は進み、過ぎた時間は二度と戻ってきません。
何を言おうと、何を思い出そうと、何を考えようとも、あの時間は戻ってきません。
弟は救えないし、死んでしまった事実はどうする事もできません。
なんというか、諦めの境地なんでしょうね。
だから弟の事を考えはするけど、落ち込みはしない状態です。

この調子で命日と、遺体と対面した翌日を乗り越えられるのでしょうか?
自分でも分かりません。
さすがに命日と翌日は落ち込むと思いますが、乗り越えられない事はないでしょう。
それに僕がしっかりして皆を支えてやらないといけないからね。
僕が調子悪そうな素振りを見せたりすると、家族が落ち込んでるのに僕の事も心配しないといけなくなり、バランスがおかしくなってしまうので、頑張らないと。

乗り越えてみせます。

« あぁ、食い道楽 あの「あくまき」が食べられる! | トップページ | デジ物コバナシ スマホが欲しい!買い替えのタイミングは? その2 »

まさ爺のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。