« 父親越え、ちょっと寂しい | トップページ | トラベル・レポート 栃木県、那須、ペニーレイン »

2011年10月10日 (月)

トラベル・レポート 栃木県、塩原、ゆっぽの里

塩原温泉にある足湯、ゆっぽの里に行ってきた。
(公式HPへのリンクはこちら
足湯という物に入ったことが無いので、どんな所か興味津々。
無料足湯は、旅行に行った時に目にした事がありますが、結構きゅうくつで、次の人がいるからのんびり入っていられないってイメージがあったのです。
しかしこの、ゆっぽの里は日本最大級の足湯というのがうたい文句なので、のんびりは入れそうである。
60メートルの足湯とあるので、かなり大きいと思う。
それだけに無料ではなく、200円。
さっそく入ってみたが、結構熱い。
足の色が赤く変わり、足の指がふやけてくるまで粘って入りましたが、限界です。
熱いが気持ちいい。
このまま横になってお湯に浸かりたいが、そんな事をしたら、つまみ出されるので、やめておいた。

Pちゃんの話によると、入れる場所を探している時、水虫の足の皮をむいている人がいたそうな・・・・・・・
その足をまたお湯に浸すんですかぁ?
それだけは勘弁。

いろんな意味で熱い足湯だった。

« 父親越え、ちょっと寂しい | トップページ | トラベル・レポート 栃木県、那須、ペニーレイン »

トラベル・レポート」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。