« シネマごしっぷ スターウォーズ3D、いつの間にか目前に・・・ | トップページ | 仮面ライダーフォーゼ その斬新すぎる設定 »

2011年10月30日 (日)

僕と うつ病、闘病記 弟の後を追いたくて

弟の一年忌を行ってきました。
あっけなかったです。

普通にお坊さんがお経を読み始めて、あっという間に終わってしまった。
その後、お墓に行って、塔婆を交換し、線香をあげて、こちらもあっさりとおしまい。
もうすぐあれから1年になるんだなぁと考えるけど、あっけなく終わった一年忌と、あっけなく逝ってしまった弟が重なって、むなしさに包まれます。

人の一生ってなんなのでしょう?
自ら死ぬ事とはどういうことなのか?
そもそも死とはどういう物なのか?

あの日から約1年、残された人たちのフォロー、弟の供養などを考え続けてきました。
でも今は、自分の事をかんがえています。
死とは何なのか?
弟が死に場所まで移動中の事。
いよいよ死のうと行動に出た瞬間。
意識が無くなるまでの時間。
意識が無くなってからの、その後・・・・
弟はその行程で、何を考え、どんな体験をしたのかを考えます。

死後の世界はあるような気もするし、意識を失った瞬間から無になるような気もします。
弟と話ができるならば、自ら死ぬ事ってどんな感じだったかを聞きたい。
僕は弟の死を美化し、後を追ってしまいそうです。

自分も自殺して、その後、家族、親戚、友人たちがどうなろうと構わない。
死んでしまえばそれで苦しみから抜け出せる。
そんな事を考える事が増えました。

死ぬってどういう事なんでしょうね。
うつ病になってから、死ぬ段取りを考えて続けてきましたが、ここに来て、根本の部分、「死」が何なのか、分からなくなりました。
自分が死んでみたら、全て分かる事なんですけどね。
死ぬ気になればすぐにでも死ねるけど、弟の遺体の前で「お前の分も生きるから」と誓った事だけで生きているような気がします。

病気は良くならないし、孤独だし、本音を吐き出せるのは、この畦道通信だけ。
この先、仕事に就いて、結婚して、子供を作り、笑いながら生きていける。 とはとても思えません。
死んでしまった方が、どれほど楽か。
みんな、死んじゃったらゴメン。

« シネマごしっぷ スターウォーズ3D、いつの間にか目前に・・・ | トップページ | 仮面ライダーフォーゼ その斬新すぎる設定 »

僕 と うつ病、 闘病記」カテゴリの記事

コメント

まさ爺さん
とてもつらい気持ちの真ん中にいるんだね
きっと痛くて寂しくて心細い思いしてるんだよね

俺も生き地獄は嫌い
でも地獄には・・・お萩もロールケーキもないから(笑)
気持ち良い風も吹かないらしいんだ

俺はまさ爺さんと会ったことはないけど
いつだって味方だぜ!
ずっと味方だぜ!

せーさん、コメント有難うございます。
ブログに気持ちを書き込んだことが良かったのか、その後、死にたい気持ちはだいぶ弱くなりました。
心配かけてスイマセンでした。

弟の位牌の前には、よく甘い物が供えられていますが、当然ですが、食べてくれません。
僕以上に甘い物が好きだった弟は、死んだ事を後悔していると思います。
目の前に有名処のケーキや、地方の銘菓などが日替わりで並ぶんだから、食べられないのは相当辛いと思う。

だから(理由はそれだけかいw)僕は死ねませんよ。
もっと美味しい物ってあると思うし・・・・・

ほんとに、心配かけてすみませんでした。
もう大丈夫です。

はじめまして

なんか人事とは思えず、コメント書かずにはいられませんでした。

私も精神病んでおります。
(全般性不安障害と鬱病を併発し、障害者手帳所持しています)
私の場合は死にたいと考えた事はありませんが、一人ぼっちで孤独感と寂しさを感じたり、感情が鈍くなるの繰り返しです。
肩凝りと首の痛みも常態化しております。

精神疾患になると本当に辛いですよね。
色々失なったような気がします。
これから先どうなるのか自分でも分かりません。

無理をせず生きていきましょう。

ようすけさん、こんにちは。
僕も色々と失ってしまった。
と、考えていました。

でも、案外、得た物も結構多いかな?とも思えるようになりました。
色々な事、家族や友人に感謝するようにもなりましたし。

お互い病んでるわけですが、頑張っていきましょうね。

この記事へのコメントは終了しました。

« シネマごしっぷ スターウォーズ3D、いつの間にか目前に・・・ | トップページ | 仮面ライダーフォーゼ その斬新すぎる設定 »