« トラベル・レポート 栃木県、塩原、ゆっぽの里 | トップページ | 僕と うつ病、闘病記 弟の命日が近づいてきて »

2011年10月11日 (火)

トラベル・レポート 栃木県、那須、ペニーレイン

那須の有名パン屋、ペニーレインに行ってきた。
凄い人である。
那須の森の中に渋滞と人だかりが出来ている。
まず、車を止めることができない。
犬連れや、子供連れが道路を横断したり、歩いていたりするので、思ったように進めないし、駐車場が沢山あっても、それが全て満車。
止められるかは完全に運まかせだ。

なんとか車を止める事ができて店内に入ったのだが、凄い人ですし詰め状態。
どこに何のパンがあるのか見通しは利かない。
そもそも、パンがほとんど無い。
午後4時ごろ行ってしまったのが運の尽き。
残っているパンに皆がむらがり、そのパンもあっという間に無くなっていく。
次々パンを焼いているようだが、とても間に合わない。
なんとかオレンジピールのパンとクリームパンをトレーに乗せた。
受難は続く。
レジ待ちの列が店内を大きく一周していて、何分待たされるか分からない。
列の最後尾が見えない・・・・・
すごい人口密度。
ペニーレインは午前中に行くべし!という格言を思い出したが、時すでに遅し。
レジ待ちだけでも20~30分はかかったかもしれない。
ちょっと異常なパン屋だわ・・・・・

前回来た時はパンも全種類あって、お客さんもまばらだった。
那須地方は、放射能の値が高くて、皆敬遠していたのだろう。
その状態が当たり前だと思って、行ったもんだから、今回の混みようは異様な光景に見えた。
レジ2台で4人がかりで対応しているんだけど、アレだけの列が出来てるのだから、レジをもう一台増やせばいいのにと思った。
でも、パンが無いのだから、レジを増やしてもしょうがないのだと気付く。
そして平日はこんなにも混まないのだろうから、レジは2台でいいのかもしれないと納得。
要するに、午前中に行かなかった事が全ての始まりなのだ。

次回から気をつけます・・・・

« トラベル・レポート 栃木県、塩原、ゆっぽの里 | トップページ | 僕と うつ病、闘病記 弟の命日が近づいてきて »

あぁ、食い道楽」カテゴリの記事

トラベル・レポート」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。