« まさ爺改造計画(ぷち) | トップページ | 一発芸サバイバル »

2011年12月 5日 (月)

あぁ、食い道楽 麩買ってみた、作ってみた、食べてみた

麩(ふ)ってあるじゃないですか。
僕結構好きなんですよ。
20歳くらいの時に京都や金沢などで使われている生麩を食べまして(京都にも金沢にも行ったわけではないw)その「もっちりつるん」とした食感と、湯葉のような味わいにハマったというわけ。
でも、生麩は茨城じゃ手に入らない。
そこで車麩を買ってきてもらったが、今までまさ爺宅で麩が食卓に上ったことは一度も無い。
説明書を読みながら水で戻し、煮物にした。
豚肉と白菜と麩の煮物である。
車麩でも、やはり湯葉のような味わいがあって、旨い。
好評でした。
だが、誰の口からも「また買ってきて」という言葉は出なかったというね。
なんなんでしょう。
「君悪くはないんだけど、何か違うんだよね」とオーディションで言われたようなもんである。
おそらくもう麩が食卓に上る事は無いのでしょう。
そんな予感がします。
日本中で麩を沢山食べる地域があるのは知ってますが、茨城じゃぁ麩は食べない。
いや待てよ。
売り場には何種類もの麩が並んでいたって聞きました。
食べてる家では食べてるということか。
じゃぁこうだ。「我が家じゃ普及しない」
可哀想だが、それが現実だ。
好き同士でも、結ばれる事の無い恋愛もあるのだよ。
忍ぶ恋っていうんだけどね。
そういう恋もいいもんだ。
大人にしかわからねぇ感覚なんだろうな。
子供にはわかるめぇ。
って何の話だっけ。

« まさ爺改造計画(ぷち) | トップページ | 一発芸サバイバル »

あぁ、食い道楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。