« あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ シャンピニオンとバニラのスープ | トップページ | あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ タルト・タタン »

2011年12月15日 (木)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ タンバル・フィザリス

20111215東京ミッドタウンのトシ・ヨロイヅカに行ったわけですが、その1皿目の紹介です。
タンバル・フィザリスです。
メニュー表には、
旬のほおづきとまろやかなフロマージュクレム、ヨーグルトのシャーベットと共に、ぱりぱりの籠の中に盛り付けました。
様々な食感と旬のほおづきをお楽しみください。
とある。

これ10月頃から始まり、是非食べたかったのです。
茨城県高萩で、期間限定でオープンした高萩茶房でも、このフィザリスは提供されていたのです。
しかし、10月いっぱいでほおづきの旬が終わりという事で、メニューから消えていたのです。
当然トシ・ヨロイヅカの方でも終わっているだろうと思っていたのです。
開店前に外に置いてあるメニュー表を見て、ニヤリとしたのは、このフィザリスがまだやっていたからなのです。

クリームチーズとヨーグルトのシャーベットは分かるのですが、ほおづきを食べた事がない。
ほおづきの色はオレンジ色ですが、形や大きさからプチトマトのような味だろうか?と予想をしていた。

さて、小夏の果肉入りジュースを飲んでいると、さっそく出てきました。
タンバル・フィザリスです。
思ったよりも小さい。
ショボいと言うんじゃんくて、妄想が妄想を呼び、でかい物かと思っていたようだ。
完食したら、丁度良い量でした。

まずは、皿の回りに配置されている、ほおづきを食べてみる。
甘いくて、柑橘系の味に近い。
味は蜜柑、食感はトマトという感じか。
トマトの種の部分にあるチュルチュルした部分はなく、キウイのように、実の中に小さな種が入っている感じです。

てっぺんに乗ってるほおづきを手で持って食べてみる。
こんどはホワイトチョコがコーティングされていて、また違った味に。
オレンジとチョコレートの相性がいいですが、それをホワイトチョコでやった感じ。
茶色いチョコよりもまろやかになり、優しい味になった。

次にクリームチーズの部分をすくう。
たまげました。
こんな味のクリームチーズ食べた事がない。
チーズケーキには、レア、ベイクド、スフレとありますが、レアが一番好きな爺さん。
クリームチーズは身近な存在だけに、このクリームチーズの凄さが良く分かります。
ほんのり甘くて、後味さっぱり、コクもある。
あぁ、これだけ舐めていたい・・・・
と、真面目に思った。

途中、クリームチーズに刺さっている外側のタルト生地を食べる。
紙のように薄いので、パリパリと食べる。
またクリームチーズをすくう。
それを数回繰り返したら、クリームチーズが無くなってしまった。
そりゃぁ、食べてりゃいつかは無くなるのだけど、なんだか妙に寂しかったのを覚えてます。

その後、下の層に出てきたのは、ヨーグルトのシャーベット。
とてもきめ細かいシャーベットなので、シャーベットよりもクリームのようでした。
味は、さっぱりしていて、先ほどのクリームチーズとバランスを取っているのでしょう。
それでいて、後味はしっかりと濃いヨーグルトの余韻が残ります。

外側の籠の部分を崩して、シャーベットと一緒に食べる。
こちらもタルト生地を使っているのだけど、極薄のタルトが2重になっているようだ。
少し食べ応えが出てくる。
皿のソースと絡めたり、シャーベットと食べたりで、完食。

ほおづきがこんなに美味しいとは知らなかった。
それにあのクリームチーズ。
驚いている間に食べてしまったという感じ。

他のお客さんは、ほとんどフィザリスを頼んでいなかったけど、きっと僕と同じようなトマトなんだろ?とかほおづき食べるの?という先入観に負けたのでしょう。
もっとも、普通の人は一皿しか食べないから、無難な物を頼むのだろうけど。
僕はこういう発見や驚きがあるから、珍しい物には手を出すようにしている。
出して正解だった。

明日は2皿目を紹介。
次は、いよいよアレです。

« あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ シャンピニオンとバニラのスープ | トップページ | あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ タルト・タタン »

あぁ、食い道楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。