« 独り図書館 頭の中で何かが変わったのである | トップページ | ブブ彦日記 寸止めの散歩、平気なようである »

2011年12月 9日 (金)

あぁ、食い道楽 定番が始まらない焦り、電話してみた

おとといのこのブログ、あぁ食い道楽のカテゴリーで、トシ・ヨロイヅカに行き、タルトタタンを買って帰ってくる と書いた。
弟の前に供えるためである。
(参照:亡き弟に贈るタルトタタンへのリンクは こちら

ややこしいのだが、トシ・ヨロイヅカのミッドタウン店は、通常のケーキ屋のようにショーケースに入ったケーキを買って帰ってくる方法と、店内(サロンというらしい)に座り目の前で作られるデザートを食べる方法がある。
そして、スフレなどのように、一秒でも早く食べなければならない物、アイスのように溶けてしまうような物以外は、大抵ショーケースに同じ名前のケーキが並んでいる。
そこがややこしいのだ。
店内で食べる物は、ボリュームもあるし、盛り付けも凝っているし、味も抜群にイイ。
ショーケースに入っている物は、一般のケーキ屋のそれと同じく、小型である。
買ってから家に帰り食べるまでにどうしても時間が経ってしまうので、味もわずかだが落ちる。

さて、弟にタルトタタンを買ってくる事が一番の目的だが、あそこまで行って、何も食べずに帰ってくるのももったいない。
店内で食べるデザートは味がどれも抜群なのだ。
そして、弟が一番好きだったのがタルトタタンだった事からもわかるように、その味は、超一級。
僕もトシ・ヨロイヅカで沢山の一皿、またはテイクアウトのケーキを食べてきたが、タルトタタンは必ずベスト3に入るだろう。
それを食べずして、帰るわけにはいかない。
店内でデラックスなタルトタタンを食べ、テイクアウトでタルトタタンを買い、その晩家で食べる。
そうなるだろう。

しかし、ここで一つの心配事が。
公式HPではタルトタタンが始まったと、一向に更新されないのである。

サロンで食べる物も毎月変わるし、ショーケースのケーキもドンドン変わる。
忙しい鎧塚さんが、いつ新作の構想を練り、試作品を作り、店で提供しているのか?
どうなっているのかは分からないが、とにかく商品の入れ替わりが早いのだ。
そして、人気商品や定番物、スペシャリテなどが登場すると、HPで始まりましたとお知らせがあるものなのだが・・・・
先に書いたように入れ替わりが早いので、だいたい2週間に一度は新商品の話がHPに載る。
それが一向に載らない。
最後の更新から3週間が経ってしまった。

一夜城ヨロイヅカファームが開店し、そうとう忙しいだろうが、お店の宣伝を怠るだろうか?
否、鎧塚さんがHPを更新しているとは考えにくい。
忙しい人だし、職人だからケーキを作っていたいはず。
それに公式HPのHTMLコードを見たことがあるが、素人には更新できまい。
きっと専門の業者に、その都度頼んでいるのだろう。
写真や動画なども、新作の紹介には絡んでくるからだ。

果たしてタルトタタンは始まっているのか?
弟と最後にトシ・ヨロイヅカに行った時に、もうすぐタルトタタンが始まります と鎧塚さんは言っていた。
10月下旬の事である。
今はもう11月を通り越し、師走になってしまった。
そしてタルトタタンの話題は一切出ずに、飛び越えて正月に行われるスペシャルデザートライブの募集が載ってしまった。
ひょっとしてうかうかしている間に、タルトタタンは終わってしまったのでは?
最悪の事態である。
さっそくミッドタウン店に電話をかけた。
接客もしっかりしている店である。
てきぱきと丁寧に答えてくれた。
始まっている と。
ここでまた、ややこしい話になるのだが、サロンで提供しているのか、テイクアウトで提供しているのか そこを確認しないといけない。
僕の聞き方が悪かったのだろう、少し話に食い違いがあり、お互い確認しあうような形で話が進む。
どちらもやっているとの事だった。
ただ、数がなくなり次第終了になると、告げられた。
これは早い時間に行かねばなるまい。
それともう一つ。
いつまで提供しているのか?
これは重要である。
1月~2月までは提供しているとの事。
ひとまず安心した。

な~に、小難しく語っているが、自分が旨い物を食べたいだけなのである。
そして、「これは旨かったぞ、ほらお前も食え」とばかりに、弟と時間を共有したいのだろう。
まずは自分が優先なので、身勝手なものである。
年が明ける前に行こうとは思ってる。

« 独り図書館 頭の中で何かが変わったのである | トップページ | ブブ彦日記 寸止めの散歩、平気なようである »

あぁ、食い道楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。