« あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ モンブラン シーニュ | トップページ | 僕と うつ病、闘病記 また悪い波が来ています »

2011年12月18日 (日)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ タルト・タタンが無い

東京ミッドタウンのトシ・ヨロイヅカに行ったわけですが、お土産を買って帰る事にしました。
しました というより、これが本当の目的だったのです。
弟の前にタルト・タタンを供えてやりたい が最初の動機だったわけですから。

さっそくショーケースの前に行き、タルト・タタンを探します。
ありました。
ところが、3つしかない!!
開店から1時間半しか経ってないのに。
他のケーキは十分にあるのに、タルト・タタンだけが減っている。

スタッフに「これしかないのですか?」と聞く。
ないのだと言う。
トシ・ヨロイヅカは、出来立てこそが最高に旨いという信念から、サロンをやっているわけですが、ショーケースのケーキも同じ事を実践している。
少量だけ作り、それを一日何回も作り続け、できるだけ作りたてを提供しようとしている。
このタルト・タタンも後から補充されるのだろうと思っていたが・・・・
作るのにとても時間がかかる物で と言われてしまった。
何時間でも待ちます とは言えなかった。
というか、今日はもう出てきませんというニュアンスに聞こえ、諦めてしまった。

3個のうち、1個は弟へ。
これは絶対だ。
残りの2個は両親にあげるとしよう。
僕はさっき、デラックスな方を食べたから、家に帰ってまた食べようとは思わなかった。
買えてたら食べてるのでしょうけど(笑)
別のケーキを僕用として買って帰っても良かったのだけど、今日は3皿も食べたので、買わなくても良いかと感じた。
食べる気になれば食べれるし、実際は食べたいのだが、ちょっと太ってきた最近の事を考えると、やめておこうという気になった。

それにしても、開店から1時間半の間に、一気に売れてしまったのだろうか?
他のケーキの残ってる数と比べるとあきらかに少ない。
人気あるのかなタルト・タタン?
いくら作るのが大変なケーキだとしても、開店と同時に3個って事はあるまい。
普通に考えて5個か10個の区切りの良い数を並べるはず。
開店と同時に入店しているのだから、席に着く前にショーケースの方に行って、タルト・タタンをキープしてしまえば良かったのだ。
そういう事も出来るんです、じつは。

タルト・タタンを買ってきて供えるという事は毎年の恒例としようと思う。
初の3皿に挑戦し、それが可能だと証明し、隣の亀梨君にライバル心を燃やし、お土産が足りなくて絶句し、色々と充実した一日でした。

今後は、ちょくちょくトシ・ヨロイヅカに出没しようかと思ってます。
甘党の皆様、レポートお楽しみに。

« あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ モンブラン シーニュ | トップページ | 僕と うつ病、闘病記 また悪い波が来ています »

あぁ、食い道楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。