« あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ ガレット・デ・ロア | トップページ | シネマごしっぷ ミッションインポッシブル ゴーストプロトコル »

2012年1月12日 (木)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ お土産のコンフィチュール

トシ・ヨロイヅカの正月限定で行われる、ニューイヤースペシャルデザートライブに参加したわけですが、その最終回です。
6品の料理、スイーツ達を食べた後、鎧塚さんの著書を買いたいという人が殺到し、サインを書いてもらって、皆満足そうに帰っていきます。
そして、最後に鎧塚さん自ら、お土産を手渡ししてくれます。

確か、去年か一昨年は、パウンドケーキがお土産だったと聞いています。
今年もそうかと思っていたのですが、コンフィチュールだと、鎧塚さんが言ってました。
ジャムとコンフィチュールの違いが分かってませんが、果物を甘く煮詰めた物が入っているのでしょう。

コンフィチュールは2つ入っていました。
小田原蜜柑の蜂蜜とイチジクのコンフィチュールです。

まず、蜂蜜から食べてみます。
普通の蜂蜜とも違うし、メイプルシロップとも違う、花の香りのような物が口の中に広がります。
薔薇じゃないですが、何かの花。
一夜城ヨロイヅカファームでも養蜂はやるようですが、まだ花が咲いていないので、蜂蜜が採れるのは春以降になるそうです。
小田原の養蜂家の方に色々と教えてもらっていると、鎧塚さんは言っていたので、そこの蜂蜜の可能性大ですね。
蜂蜜ってねっとりしていて、パンに塗るには合わないと思っていましたが、この蜂蜜はサラサラしていて、香りも良く、たっぷり塗っても全然重くない感じです。
ただ量が少量なので、ちょっとだけしか塗りませんでしたが・・・・

2つ目は、イチジクのコンフィチュールです。
苺ジャムかと思っていたのですが、イチジクでした。
淡い桃色のそれは、一見、イチジクだとは思えません。
イチジクの皮をむき、一口大にカットして、煮詰めてあるようです。
よく読むと、ウィスキーが入っているとの事。
蓋を開けて驚いたのは、ジャム状ではなく、液体に近い事。
トロっとしている部分と、汁のようにサラサラしている部分がある。
さっそくパンに塗ってみます。
サラサラしているので、簡単に塗れます。
味は、こんなジャムがあるのか!! という驚きの物でした。
甘さは控え目で、イチジクの味を味わってもらうような塩梅。
なにより、ウィスキーが最高に合っている。
僕はウィスキーが苦手なのですが、これくらいの分量ならいけます。
味はイチジク、香りはウィスキーと言ったところでしょうか。

いやはや、ジャムでも鎧塚さんは凄い事しよる という印象。
人々の幸せを演出する事ができるパティシエという職業って、素敵だなぁと思います。

今年は毎月トシ・ヨロイヅカに行けたらいいなぁと思ってます。
あぁ、甘い物を食べてる時って幸せです。

« あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ ガレット・デ・ロア | トップページ | シネマごしっぷ ミッションインポッシブル ゴーストプロトコル »

あぁ、食い道楽」カテゴリの記事

コメント

まさ爺様、はじめまして。
恭ちゃんのマァーマと申します。
いつもブログ拝見しております。
『トシ・ヨロイヅカ』のお話、とても楽しく拝見いたしました。
まるで、私も参加した気分になりました。いつか行ってみたいと思います!!
私は今、もうすぐ2歳になる娘と昨年認知症と診断された母と、一時的に同居しております。
毎日いろんなことが起こります。
昨年は母に対し、怒ってばかりでしたので、今年は笑顔で毎日を過ごしたいと思います。
人によって、人生いろんな学びがありますね。
これからもブログを、拝見させて頂きますね。

恭ちゃんのマァーマさん、こんばんは
いつもブログを読んでくれているのですか。
ありがとうございます。
そういったコメントが一番の励みになります。

昨年、僕の祖母が亡くなりましたが、やはり認知症でした。
70歳の頃から、その症状が出始め、95歳で亡くなったので、随分長い看病の生活があったのだと思います。
祖母は伯母の家に最初同居していて、その後、面倒見切れなくなり、養護施設に預ける事になりました。
面倒見切れなくと書くと冷たいようですが、それまでは4姉妹で分担して、面倒を見に伯母の家に行き、伯母が仕事から帰宅するまでの時間、面倒を見るというような生活を何年もしていました。
徘徊してしまって、何度も警察にお世話になるなどして、いよいよ限界かという事になり、施設に預けたのですが、その後も毎週のように祖母に会いに行き、一緒にご飯を食べたり、歌を歌ったりしていたようです。

怒ってしまう気持ちもわかります。
あれをやるな、これは持つな、あそこに行くなで、ダメダメの連続とると、お母様もいい気にはなりませんよね。
僕の祖母がそうでした。
こっちが怒ると祖母も怒り出すような感じでした。
大きな赤ちゃんがやってきたのだと思うようにすると、良いのかもしれませんね。

偉そうな事を書きましたが、恭ちゃんのマァーマさんの一年が穏やかに過ぎますように。

この記事へのコメントは終了しました。

« あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ ガレット・デ・ロア | トップページ | シネマごしっぷ ミッションインポッシブル ゴーストプロトコル »