« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月の29件の記事

2012年2月29日 (水)

勝ち組は、自己中?

金持ちで高学歴、社会的地位も高い勝ち組ほど、ルールを守らず反倫理的な振る舞いをすると、米国とカナダの研究チームが、約1千人を対象にした実験から結論づけました。

実験は心理学などの専門家らが行ったようです。
まず「ゲーム」と偽って、サイコロの目に応じて賞金を出す心理学的な実験。
この結果、勝ち組ほど、自分に有利になるよう実際より高い点数を申告する割合が多かったそうな。

ほかに、企業の採用面接官の役割を演じてもらう実験で、企業側に不利な条件を隠し通せる人の割合も、勝ち組ほど統計的に多かった。
別の実験では、休憩時に「子供用に用意された」キャンディーをたくさんポケットに入れる人の割合も同じ結果が出たようです。

人に頼らなくても生きていけるという背景があると、自然とジコチューになっていくようです。

今日、病院の帰りに(病院行けました。心配してくれた人ありがとう。その話は明日)信号無視を思いっきり堂々とやってる車がいたのですが、高級車でした。
このニュースをラジオで聞いていた時の出来事だったので、妙にナットクw

結構、この実験、当たってると思います?

2012年2月28日 (火)

僕と うつ病、闘病記 また薬を切らせてしまいました

さっき飲んだ薬が今月分の最後の薬です。
また薬を切らせる事になってしまいました。

出来れば今日目が覚めて体調が良かったら、病院に行きたいと思っていますが、コレばっかりは自分の思ったようには行かないですからね。
なるべく行くように頑張ります。

というか、薬の残りがあと1週間分くらいになったら、病院に行くようにしないといけないんですよね、本来なら。

病院の何がそんなに嫌なのかが、自分でも良く分かりませんが、薬が無くなってくると、近々病院に行かないとと考えるようになり、気分が落ち込んできて、苦しいです。

病院嫌いの一番の理由は、3時間近く待たされる事にあると思うのですが、待たされないような病院は、患者さんからの評判が悪いという事。
家から車で5分の距離にある病院に通っていた頃、あれは酷かった・・・
先生が病気を病人を理解できていないような所がありましたからね。
ちょっと見下したような態度でね・・・

そういう事を考えると、待たされる病院に通っている事は良いことなのでしょう。
暇つぶしになる3DSもありますが、ソフトは「えいご漬け」と「漢検」しかないというね・・・
あれを3時間もやったら、先生とのバトルの前に疲れ果ててしまいます。

車に戻って携帯でタイマーをセットして、昼寝するという時間の使い方もありますが、この季節、寒いですw
アイドリングはストップしたいタイプですので、外で待つのは無理。
待合室では眠るに眠れないしなぁ・・・
読書も疲れてしまって、3時間はもたないんですよね。

病院は病状を良くしてくれる薬をくれる所。
味方のはずなのに、なんでこんなに病院が嫌いなんだか・・・

グダグダ書いていていても意味が無い。
今日病院に行けるように、気合を入れて、眠るとします。
多分行けないと思うけど・・・・
果たして・・・

2012年2月27日 (月)

シネマごしっぷ ホアキンの悪趣味いたずら

20120227故リバー・フェニックスの弟で、過去2度オスカー候補となったホアキン・フェニックス。
2008年に突如歌手転向を発表し、ラッパーを目指す姿を追ったドキュメンタリー「容疑者、ホアキン・フェニックス」のポスター画像が公開されました。

公開されたポスターには、長いヒゲを生やし、サングラス姿のフェニックスの顔面に大きく「WANTED」と書かれたデザインで、“信じた私が、バカでした”というコピーが小さく配置されている。

突然の俳優引退宣言とラッパー転向、その後の奇行と心身の変貌ぶりで世間をあっと驚かせたフェニックスだったが、実は本作のためにすべての仕事をキャンセルし、巨額の自費をつぎ込んだ一世一代の“ドッキリ”だった事が判明。
同情していたファンに悪趣味ないたずらだと全米を激怒させているらしい。

フェニックスの端正な顔つきは見る影もなく激太りした姿や、挙動不審な態度にブルース・ウィリスやジャック・ニコルソン、ベン・スティラーら名だたるハリウッドスターが次々とだまされる様子、ラッパーフェニックスのプロデュースを引き受けた大物プロデューサー、パフ・ダディも被害者となった様も映画には収録されている。

とりあえず、役者復帰という事で、僕は喜んでますけどね。

2012年2月26日 (日)

僕と うつ病闘病記 色々と考えるのですが

毎日、畦道通信は更新しているわけですが、結構しんどい。
しんどいなら毎日更新しなくてもいいし、ブログ自体をやめてしまってもいいのかもしれない。
それでもやめないで毎日更新しているのは、きっと考えるのを止めたら、本当に何もしないで一日が終わってしまうという気持ちがあるからだろう。
体は動かないけれど、頭だけでも回ってはいるって事を確認するような作業なのかもしれない。

でも、難しい事を考えているわけでもなく、ブブ彦のホッペは本当に緩みきってるなぁとか、6色のアッキーニャの歌が頭から離れないなとか、そんな事ばかり考えています。

せっかく色んな事を考える時間があるんだから、哲学的な事を考えたいものです。
アッキーニャの歌は手強いぜ。

2012年2月25日 (土)

ガッチャマン、見てくれ

おはよう忍者隊ガッチャマンが面白いっ!! と以前書いたけど、まったく反応が無い。
友人達にも薦めたけど、見てくれることなく今に至ります。
一度見たら絶対にハマるっ!! という自信はあるけど、早朝に放送されているので、見れないんだと思う。
僕は録画して見てます。
日テレの朝6時56分から59分くらいまでで予約すればOKです。
57分になったと同時くらいに始まり、1分で終わります。

見てください。
朝から一笑いできます。
見てください。
ゆる~い感じに包まれます。
見てください。
アンダーソン長官、最高です(笑)

2012年2月24日 (金)

あぁ、食い道楽 苦手な君

あぁ、食い道楽のカテゴリーでは、僕の好きな物、はまっている物などについて書いてきたような気がします。
今回は逆に、何が嫌いかの話です。

シソがダメですね。
紫色のシソが道路脇に生えていたら、匂いを嗅ぎたくないから、道の反対側を通るくらいに苦手です。
あの香りがダメで、食べると、オエップとなってしまいます。
大葉も同様にダメ。
シソと一緒に漬け込む梅干はかなりダメです。

あんまり得意じゃないんだよなぁという物では、胡麻和えがダメ。
ホウレン草の胡麻和え、インゲンの胡麻和え、どちらもダメ。
ゴマのアイスクリームや、ゴマ団子、ゴマ豆腐などは好きなのに、胡麻和えはダメだというのも変なんですが、どういう訳か苦手です。

ウィスキーもダメだなぁ。

香りが強い物が苦手傾向にあるようです。
三つ葉なんかも苦手だしね。
パクチーは食べた事がないけれど、9割方ダメでしょうね。

梅干がダメなのは致命的かな。
グルメレポーターにはなれないか・・・・・

2012年2月23日 (木)

ピアノやギターや英語もいいけれど・・・・

絵心がある人を見ると、羨ましい。
ピアノやギターが弾ける人も羨ましいし、英語が話せる人も羨ましい。
でも今一番羨ましいのは、やはり絵心だろう。

絵が上手くても、何の役にも立たないかもしれない。
絵で飯が食えるようになる人は、ごくごくごく限られた人だと分かっているつもりだけど、それでも今は絵心が欲しい。

アメトークの「絵心ない芸人」の衝撃的な絵を見て笑っていましたが、自分も結構下手なんじゃないか?という、素朴な疑問が・・・

頭に浮かんだ映像をサラサラと描く事ができたら、どれほど楽しい事か・・・
そこまでのレベルになれないとしても、最低限の絵は描けるようになっていたい。

描いた絵の写真が手元にありますが、あまりの出来にお見せするのは控えたいと思います。
恥ずかしぃ~~

2012年2月22日 (水)

大友克洋GENGA展、開催

大友克洋の原画展が開催されます。
イベントの名前は「大友克洋GENGA展」
場所は秋葉原にある「3331 Arts Chiyoda」で、開催期間は2012年4月9日(月)~5月30日(水)。

公式サイトの説明によれば「この原画展は大友克洋のデビューから現在までを網羅した初の総合原画展となる。」とのこと。

東日本大震災に対してのチャリティー企画展でもあり、展示会の収益の30%は被災地復興の一助として寄付されます。

 
展示される原画は、『AKIRA』や『童夢』『気分はもう戦争』『さよならにっぽん』画集『KABA』『KABA2』に収録された、最新のカラー原画。


弟が大好きだった大友さんの展示会。
必ず弟も見に行く事でしょうから、同じ空気を吸いに、初日の4月9日に、僕も行く事にしました。
会場に入ったら、泣いてしまうかもしれないから、上手に誤魔化さないとね。
あっちで会おう。

2012年2月21日 (火)

もう飛んでる? いや風邪か?

2月下旬に入りましたが、もう花粉飛んでるようで・・・
なんだか鼻水がやたら垂れてくるし、涙も出てきます。
花粉症の薬のCMや、天気予報の映像で、杉の木をわざと揺らして、わっさ~と花粉を飛ばしている映像を見ると、いつも
「なんばしよっとねっ!!」 と絶叫します。
何もあそこまでやらなくてもねぇ・・・・

いつも花粉の時期は、「耐えるのみであります」主義だったのですが、今年は薬を飲もうかと思ってます。
なんだか負けた気分なのは何故?

2012年2月20日 (月)

あぁ、食い道楽 はんぺん小僧がやってきた

僕ねぇ、おでんの具で一番好きなのは、はんぺんなんです。
両親に言わせると、「なんであんなフニャフニャで味の無い物が好きなのか」なんですが、イヤイヤイヤ、フニャフニャじゃぁなくて、フワフワでしょ?
味が無いんじゃなくて、お出汁を吸って、いい感じの味でしょ?

僕がはんぺんを好きな事は母も知っているので、夕食にはんぺん料理が出たりするのですが、なんかね、半笑いなんですよ。
小馬鹿にしたようなね。
こんな物食べちゃってねぇ・・・・っていう失笑です。
しょーがないから出してあげるけど っていう上から目線です。

失礼だっちゅーねん。
僕にじゃなく、はんぺんに謝れって言いたい。
真っ白でフワフワで、ピュアな奴なんですよ、はんぺん。

コンビニのおでんでもはんぺんって人気無いのでしょうか?
売れ残っちゃった感が出てるはんぺんを目にする事がありますが、はたして・・・・

はんぺんを愛す会、茨城支部、課長のまさ爺は、今後もはんぺんの冷遇改善を求めていきます。

2012年2月19日 (日)

ゲームしてみる? えいご漬けに漬かり、3週間が経過

えいご漬けをやるのが日課になり、3週間が経過。
最近ちょっと体調が悪くて、集中力が続かないので、一日15分くらいしかできてませんが、毎日やるって事だけは守っています。

ヒアリングには自信がちょ~~~~~っとだけあったのですが、その自信はもろくも崩れ去り、何度も何度も問題の声を聞いて、1単語ずつチビチビ書くという地味な作業に・・・w

出題もジョジョに難しくなり、っと言っても、まだレベル2なのですが、だんだんしんどくなってきました。

そうだよなぁ。
語学の勉強がそんなに楽なわけがないか・・・・

レベル2だというのに、問題は、結構な長文になってきていて、一度聞いただけでは、全てを理解できません。
問題は何度聞き直しても、ペナルティーにはならないけれど、あれを一回で聞き取ってサラサラと英文を書けたら気持ちがいいんだろうなぁ、と。

次のレベルに進むべきか、出来なかった問題を徹底的に復習するかで、迷ってしまいます。
次に進んでも、難易度が上がり辛く、復習しても、覚えきれない文章を延々と書き続けるという過酷さがあり辛く、どの道大変。
やめませんけどねw。

えいご漬けを極めたら、「もっとえいご漬け」という続編もやらないといけないので、このしんどさは続くんだろうなぁ。

極めるまでに何十時間かかるのやら・・・・
やめませんけどね。

2012年2月18日 (土)

ブブ彦日記 オムツブヒちゃん

20120218初公開!
これがブブ彦のオムツ姿だっ!!

オムツだけだとかじってしまって、オムツをボロボロにしてしまう事があったので、上からズボンを履かせ、かじれないようにしています。

しかし、オムツにも慣れてきたのか、意外と温かくて良い物だと思うようになったのか、オムツをかじる事は最初の1回だけで終わり。

なので、ズボンを履かせる必要は、もう無いのですが、今度はオムツでウロウロしていると、お客さんが来た時に見た目が悪いとか、理由をこじ付け、ズボンを履かせる事に。
ブブ彦は更に温かくなって、喜んでいるような素振り。

写真のズボンは犬用の物ではなく、西松屋で買ってきた人用の物。
90cmの身長の子が履くズボンを買い、足の部分をカットしています。
書かれている文字は、パワフル(笑)
ブブ彦も歳をとってきて、落ち着いてきましたが、まだまだパワフルであってもらいたいもんです。

たまにスイッチが入ってしまって、突然家の中を駆け回る事がありますが、ありゃ何なんだ?w

2012年2月17日 (金)

あぁ、食い道楽 ガリガリ君、ジェダイに転身

20120217_3赤城乳業は、3月16日公開の映画「STAR WARSエピソード1/ファントム・メナス3D」とコラボレーションした限定パッケージ「ガリガリ君リッチ チョコバニラチョコクッキー」を2月28日に発売することを決定しました。
価格は126円。

パッケージでは映画の各名シーンに、ジェダイの騎士に変身したガリガリ君が描かれます。

味は宇宙(チョコ)と砂漠の星(バニラ)と隕石(チョコクッキー)の組み合わせ。
中のカキ氷部には「濃厚なバニラクリーム」が40%も増量。

アイスのスティックにすべてライトセーバーのデザインが焼き印されるそうな。

当たりが出るとここでしか手に入らない「STAR WARS×ガリガリ君オリジナルTシャツ」がもらえます。

これは、買わないといけないでしょうな。
映画公開まで、あと一月になり、いよいよお祭りが近づいてきた って感じがします。
ガリガリ君を食べて、期待を高めるとします。
食べ終わったスティックで、ヴォォォンとライトセーバーの真似をする人、いっぱいいるんだろうな・・・・w

2012年2月16日 (木)

あぁ、食い道楽 鎧塚氏、失明を告白

僕の大好きなトシ・ヨロイヅカの鎧塚俊彦さんが、左目を失明していた事を公式HPで告白しました。

------<抜粋ここから>------
一昨年の春、網膜中心静脈閉塞症という、目の奥の血管が詰まってしまう病気にかかってしまいました。
視力が徐々に落ち出し昨年は三度の手術を行いましたが病魔に勝つ事が出来ず昨年夏頃からは光をも感じる事が出来なくなってしまいました。

Toshi Yoroizukaでは時代遅れと思われるかもしれませんが髭、長髪、髪の毛の着色、アクセサリーの着用、香水などを禁止しております。
食に携わる人間として清潔感が大事だと考えるからです。
その親方である私が今後、アイパッチやサングラスを仕事中や公式な場でも着用させて頂きたいのです。

一時はお菓子のデコレーションも細かい所が上手くいかず引退も考えましたがそれを救ってくれたのはスタッフのみんなです。
私を信じて懸命に働いてくれているスタッフを置き去りにして引退なんて出来ません。
多くのToshi Yoroizukaのお客様、ご安心下さい。
味覚はますます健在であります。
独眼竜パティシエは益々、より良き菓子作りに向かって邁進いたします!
--------------------------

と力強く書かれています。

正月限定のお祭りイベント、スペシャルデザートライブで鎧塚さんにお会いし、1メートルも離れない距離で、目と目を合わせて5分ほど話をしましたが、そのような様子は全く無かったので、本当に驚いています。

この正月ライブの時、隣に座っていた、かなりの常連さんが、鎧塚さんに、「アイパッチをする事はあるのですか?」と質問していたのです。
昨年末に発売された著書「職人力」で、アイパッチをしながら、パフェを作っている写真があったので、それを見ての質問だったのですが、この時鎧塚さんは、「よく痛めてしまうんです」と笑顔で答えていました。
まさか、全く見えない状態だったとは・・・・

それにしても、本当に強い人です。
こういう頑張っている人を見ると、自分も頑張って生きないとと思います。
鎧塚さん!応援します!!
近々、また食べに行くので、楽しいお話を聞かせてくださいね。
あぁ、エネルギー貰った気分です。

2012年2月15日 (水)

ブブ彦日記 脱糞問題の解決へ一歩

ブブ彦を病院に連れて行きました。
爪が割れていて、ピョンピョンと片足で歩く事はなくなりましたが、まだ爪の死んでいる部分が残っているので、今回はそれを切るのです。
「今回はかなり痛がると思いますが・・・」と先生は言うので、可哀想ですが、しょうがないと覚悟を勝手に決めたのですが、ばっさり爪を切ったのに、ブブ彦は鳴きもしませんでした。
拍子抜け・・・・・w
もっと根元の部分まで、この爪は死んでいるのかもしれませんが、割れている部分までは切ったので、爪に関してはこれでおしまいだそうです。

そしてそして、脱糞してしまう問題の話を切り出しました。
9月に手術して12月までは脱糞していなかった事が、どうしてなのか先生にも分からないようす。
こちらからアレコレ聞いてみました。
まず、散歩の量が少なくなっているから、足、お尻の筋肉が弱ってしまった説。
これは完全に否定されました。
もっともっと散歩して筋肉を付けないと、と言う先生もいるそうですが、それは根拠が全く無いとの事。
では、食事の量が多かったのでしょうか?と聞いてみた。
食事の量が多くて、朝夕の散歩では排便しきれないのかも?というと、先生も困ったようす。
これもちょっと考えられないそうです。
お尻の穴に指を入れて、直腸検査もしたのですが、肛門の筋肉はちゃんと付いていると言っていました。

対処療法ですが、繊維質の物を食べると、ウンチの水分が吸収されて、コロコロのウンチになるそうで、お尻からチョろっと漏れるような事は無くなるかもしれないと言っていました。
何を与えればいいでしょうか?と聞くと先生またも困った顔。
ドッグフードのサンプルをあげるので、それをちょっと食べてみてという事になりました。

そうそう、待合室で、ブブ彦がボクサーと間違われました。
昔ボクサーを飼っていたそうで、ボクサーの子犬かと思ったそうな。
「普通のフレンチって、鼻がもっとこう、くしゃっと・・・・」と言葉を濁してくれたので、こっちから「こいつは鼻が長くて、偽フレンチって言われてるんです」と自虐ネタ。
「ボクサーはもっと体が締まってるわよね」というので、またこちらから「こいつはブヨブヨですw」と言ってやりました。
犬トークって面白いなぁ。
口下手な僕でもスラスラ言葉が出てくるのは、どういう事なんでしょうね。

2012年2月14日 (火)

僕と うつ病、闘病記 認知行動療法についての番組

今日は何も書く事がありません。

何も起きなかった一日は、はたして良いのか悪いのか。
体調も良く、平和な一日だったとも言えるし、社会復帰してないからこそ、何も起きない平日だったわけです。

NHKでやっていた「うつ病治療はココまで来た」という番組を見たんですけどね。
磁気を頭に当てて、劇的に回復している人たちが沢山出てきました。
日本ではまだ、受けられない治療法なんですが、アメリカではこの方法が普及しているみたいです。
日本で採用されるのは、5年は後になるだろうってさ。
それまで待っていられないですから、自力で何とかしないといけないんだろうなぁ。

認知行動療法についても取り上げられていて、うつ病初期の人には効果があるって言ってたっけ。
要するに、発想の転換の習慣をつける事なんだけど、これは誰にでも必要だと思った。
社会復帰したとしても、4割の人がうつ病再発するってデータもありますしね。
復帰を早めるためにも、再発を防止するためにも、発想の転換は必要不可欠だと思う。

今行っている病院は、腕はいいし、申し分ない所なんだけど、カウンセリングはやってくれないのです。
ちょっとカウンセリングに興味があります。
でも、違う病院には行くのは相当体調が良くないと行けないだろうし、現実的ではないかもしれません。

あまり遠くを見すぎると、「無理だ・・・」と愕然としてしまうので、できる事からコツコツやっていくしかないですね。
また死なないように頑張ります。

2012年2月13日 (月)

絶対開かない鍵、絶対に動かないスポーツカー

うちの母は天然な所が多々ありまして、先日も面白い話を聞かせてくれました。
自転車で買い物に出かけ、スーパーの前で自転車に鍵をかけて買い物を済ませたそうです。
帰ろうとしたけれど、自転車の鍵が開かない!!
何度やっても開かないので、近くにいたオジサンに助けを求めたんですって。
それでも開かない。
しばらくやっていて、母はある事に気付いたそうです。
その自転車は、自分の物じゃなかった・・・・。

自転車を止めた時に、一番端に止めたのが自分の自転車 と記憶して買い物に行ったそうですが、自転車だって、新しく止めに来る人がいるわけです。
当然、一番端でいられるわけもなく、今回の事件に発展してしまったというわけ。
自分の自転車を記憶してないのも凄いし、鍵の形だって覚えてないのだから、凄いよなぁ。普通気付くでしょ?

こういう事が初めてではない人です。
沖縄に姉妹で旅行に行った時、自由時間になり、街を散策。
自動車屋さんの駐車場に赤いスポーツカーを見つけ、それを目印に行動していったそうです。
しかし帰ろうとしたら、そのスポーツカーが無い。
実の所、自動車屋など無く、ただのコンビニに止めていたお客さんの赤いスポーツカーだった事が後になって判明。
なんとか集合時間に間に合ったという話もあります。
スポーツカーなどではなく、コンビニの屋根の色とかで覚えましょうよ!!
だいたいコンビニを自動車屋と間違えるなんて、何処を見ているのやら・・・・
スポーツカーなんて珍しい車が止めてあるってだけで、車屋だと思い込んでしまうあたりが、なんとも母らしい・・・・

自転車も、スポーツカーもそうなんですが、動いてしまう物、季節によって変わる樹木、よく建て変わるテナントなんかを目印にしてしまうそうです。
何回言っても直らないので、もう無理なんだろうなぁ。

この人の血が半分自分に入っているのかと思うと、恥ずかしい・・・・かも(笑)
まぁ、面白い話を聞かせてくれるので、楽しませてもらってますけど。

2012年2月12日 (日)

僕と うつ病、闘病記 薬の怖さと有難さと

インヴェガを飲み始めて、吐き気とふらつきの副作用が出ていると書きましたが、その後落ち着いてきました。
24時間かけて薬を放出する特殊なカプセルのインヴェガですが、体に合わないと、24時間ずっと副作用に苦しむという側面もあります。
薬は怖いですね。

とにかく、落ち着いてきて良かったです。
カフェインとの相性が悪そうなので、コーヒーは絶対禁止のままです。

それと睡眠薬を処方されたと書きましたが、いい感じに眠れます。
ちょっと効きすぎるのか、朝起きられないのですが、眠れないで明け方まで天井を見ながら、死にたいと思っている生活よりはずっと楽です。
そして、見る夢の内容も良くなっているような気がします。
人を傷つけたり、自分が殺されたり、死体が出てきたりする夢は見なくなり、ゆる~い感じの夢を良く見るようになりました。
睡眠薬の効果かどうかは分かりませんけどね。
とにかく眠れるし、安定した生活ができるような気がします。

インヴェガで薬の怖さを再認識し、睡眠薬で薬との上手な付き合い方を再認識しているところです。

2012年2月11日 (土)

デジ物コバナシ 壊れたPCを弟に持たせた良い思い出・・・・

弟がまだ東京にいた頃に、僕の先代の壊れたパソコンをあげようとした事がある。
だからもう、2年以上前になる話だ。
弟に壊れたパソコンを持たせて、東京に帰してしまった事は、申し訳ないと思っている。
重かったろうに・・・・
そして、当然タダで高性能なノートPCを手に入れ、ウハウハだった弟は、電源を入れてみたら・・・・・まったく立ち上がらない。
重い物を何時間もかけて家まで運んだ苦労は何だったんだ?
これをよこした兄貴は、何を考えてんだ?と思った事だろう。

それからしばらくして、そのパソコンは我が家に返ってきたのだが(当然である)、その時から、もう2年以上、壊れたパソコンを家に置いている事になる。

家電リサイクル法が出来、パソコンを捨てるに捨てられなくなってしまったと言うのは、下手な言い訳だが、実際問題、SONYに電話して、処分料を払ったうえで、持って行ってもらわないといけないのも事実なわけで、ずっと後回しにしていて、2年以上が経過してしまった・・・というのが正しいかもしれない。

そこで、廃品回収車だ。
最近、毎日のように来るんだけど、回収車。
随分と同じ所をグルグル周っているなと思っていたら、半径100メートルくらいの中に、2台の廃品回収車がいたというね。
放送の声がちょっと違かったから、気付けましたが、なんだろうね。
リサイクル業者って今、儲かってるの?
それとも、僕の家がある地域が、美味しい地域で、集中的に周ってるとか?
毎日来る理由が分からないもんな。

話を戻さなければ!!
パソコンを廃品回収に出してしまえば、処分料はとられまい。
しかし、セキュリティーは大丈夫だろうか?
壊れたパソコンは、もう立ち上げる事もできない状態で、ウィンドウズのマークすら画面に表示されない所で止まってしまうのだけど、その道のプロがやったら、データを吸い出す事が出来てしまうのだろうか?という事が気になる。

弟にパソコンを渡すときに、パソコンは立ち上がり、リカバリーをかけたので、ディスク上には、もうデータは無くなっているかもしれない。
が、パソコンという物はファイルを削除しても、ファイルが見えなくなっているだけで、実際にはそのファイルはまだパソコン内に残っている物なので、リカバリーでもファイルが残っている可能性も考えられる。

う~ん、廃品回収は、回収した後、何処に行って、何をするのだろうか?
パソコンを出すのはちょっと危険だよなぁ。
お金払って、SONYに取りに来てもらうしかないか・・・・・
家電好きでも、電話をかけるのは嫌いだというね。
気が重いです。

2012年2月10日 (金)

ブブ彦日記 オムツ犬デビュー

ブブ彦の脱糞問題は、解決する問題ではないので、何か手を打たないといけません。
ブブ彦とは一緒に寝ているわけですが、1晩に7回もウンチをされ、1時間おきに起こされたという事があり、この生活が今後ブブ彦が生きている限り続くのかと考えたら、もう限界だと思いました。
(奇跡的?にウンチまみれにはならなかったけど・・・w)

一緒に寝ないで、ブブ彦をケージに入れるという方法もあるのでしょうが、コタツの味を占めてしまったブブ彦は、冬の寒い時期にケージで寝るという事は無理だと思うし、可哀想。
子犬の頃からほとんど毎日一緒に寝てきたので、今、ケージに入れたら、一晩中キュンキュン鳴き続ける事でしょう。

そこで、オムツを買ってきました。
近所には、大きなペットショップが無いので、車で1時間かけて大型ショッピングモールに行ってきました。

犬用オムツはありますか?と店員さんに聞いたら、すぐに案内してくれて、場所はすぐに分かったのだけど、どれを買ったら良いのかが分からない。
マナーベルトという物は、マーキングをしてしまう子用なので、オシッコが出る部分だけを覆う、腹巻のような物。
ブブ彦はウンチの方が問題なので、マナーベルトは却下。

次に迷ったのが、尻尾の穴が開いているかどうか。

その次に迷ったのが、サイズをどうするか?
フレンチは小型犬と中型犬の中間のサイズなので、こういう時になると困ります。
さらに筋肉質ゆえ、同じサイズの犬が着れる服が着れなかったりするのです。
さらに、メジャーな犬種じゃないので、参考に書かれている犬のサイズが当てはまらないという事がほとんど。
ワンランク大きいオムツを買うべきか?

更に更に迷ったのが、オムツの上に履かせるズボンのような物を買うかどうか?
恐らくブブ彦は、オムツだけだと、かじってしまって、すぐにオムツをボロボロにしてしまうだろうと思っていました。

結局、尻尾の穴有りタイプ。
サイズはL(腹回り45cm~50cm)
ズボンも購入しました。

オムツを履かせて、3日経ちましたが、オムツにも慣れてきてくれたようです。
ズボンは、オムツをかじらせない為には最高なんですが、がっちりガードするような作りなので、ブブ彦が普通に歩けない状態になってしまうという問題がある事が分かりました。
オムツだけならば、今までと同じように歩いたり、走ったりできるのですが、ちょっと目を離した隙にオムツを食い破ってしまった事があり、困っています。

今の所、オムツだけで何とか生活できるかもしれない という所まできました。
が、いつまたオムツをかじってしまうかも分からないし、お尻歩きをしてしまったら、ズボン無しでは、すぐにオムツが脱げてしまうでしょう。
オムツ自体にも問題があって、尻尾の穴が当たっているのか、ブブ彦の尻尾の周りが赤くただれてしまっています。
2日履かせただけでこうなってしまうのだから、何かオムツ側に塗ってあるのかもしれません。

とまぁ、こんな感じです。
爪を傷めてしまっているブブ彦ですが、また一週間経ったので、病院に連れて行く事が必要です。
脱糞をなんとか少なくする方法があるのかを聞いてきたいと思います。

2012年2月 9日 (木)

僕と うつ病、闘病記 フラフラしてます

1月末に病院に行き、新しい薬を処方されたわけですが、副作用が出てきていて、つらいです。
新しく処方されたのが、インヴェガという薬なので、その薬が原因だと見て間違いなさそう。
頭がクラクラしていて、吐き気も少々。
この前コーヒーを飲んで、吐き気に襲われたって書いたけど、あれも薬の影響っぽい。
ただ、コーヒーに弱いのは、前からそうだったので、一生飲まないという発言は撤回しませんよ。

薬と一緒に付いてきた冊子には、頭痛、めまいが出たら、薬を飲むのをやめ、主治医に相談してくださいとあるのだけど、めまいって程、強烈な物じゃないんだよね。
やめるべきか、ちょっと悩んでます。

一日中吐き気があるってのも辛いものです。
こういう副作用の薬は初めてなので、ちょっと面食らってます。

2012年2月 8日 (水)

シネマごしっぷ 新ブレランにハリソン出演か!?

1982年のSF映画「ブレードランナー」の続編の計画が進行中なのですが、その新作に、ハリソン・フォードの出演交渉中であると、米Twitchが報じた。
これまでの報道では、ハリソン・フォードが出演する可能性はゼロとされていた。

同続編プロジェクトを手がけるアンドリュー・コソボは、昨年8月のインタビューで、主人公デッカードを演じたハリソン・フォードが新作にかかわる可能性について、「それはない」と明言している。
またリドリー・スコット監督も11月のインタビューで、デッカードというキャラクターさえ続編には登場しないとコメントしていた。

ハリソン・フォードとの交渉はごく初期段階らしい。
ハリソン・フォードは当初、新「ブレードランナー」始動に対して、「あの作品をいじっていいものかどうか、意見を言うつもりもない」とクールな反応を示していた。

なお、クランクインは早くても2013年初頭で、公開は14年以降になることが予想されている。

2012年2月 7日 (火)

意外!それは黄色いアイツ

近所にコンビニらしき物を建てているのだけど、どのコンビニになるか分からないと書きました。
先日、チラシが入りまして、何色のコンビニになるかが判明しました。

意外!それはミニストップ!!

ローソン過疎地だったので、ローソンが来るかと思ってましたが、そうですか、ミニップでしたか。
ミニストップは何処にあるのか分からないくらい、無いので、もっとミニップ過疎地だったって事でしょう。

何処にあるのか分からないくらいなので、ミニップに行った事は、80年生きてますけど、人生で2回しかありません。
ソフトクリームが美味しいって話は良く聞きます。
ハロハロも食べてみようと思います。

ブンブン、ファミマだけでやりくりしていたスイーツローテーションに、ミニップが加わる事で、第三の柱が誕生です。

頑張れば散歩でも行ける距離!!
行くしかあるまい。
通うしかあるまい。

ミニップで僕がバイトするのでは?という噂が流れていますけど、どうなのかな?
自分でも分からないです。

2012年2月 6日 (月)

あぁ、食い道楽 やはり僕には合わないんだな、と

僕、カフェインに弱いみたいなんですよ。
コーヒーを飲むと、その後6時間くらいは眠れなくなってしまうのです。
6時間どころか、徹夜してしまう事もあり、飲むタイミングはとても重要なんです。

そして、毎回ではないのだけれど、コーヒーを飲むと、頭がクラクラしてきて、吐き気がする事もあります。
夕方コーヒーを飲んで、その後夕食をとり、テレビを見ていたけど、なんだか吐き気がする。
なんで吐き気がするのか?自分でも分からなかったのだけど、あぁ、そういえばコーヒーをあの時飲んだなという事にやっと気付いたのです。
その後、ブブ彦の散歩に行った時に、少し吐いてしまいました。

もうコーヒーは飲まないようにします。
やっと学習しました。
一生飲まないぞ。
眠れないなんて言っててお子チャマだとからかわれるくらいなら、いいんだけど、吐くほど体に合わないのは、マズイでしょう。

因みに、今日飲んだコーヒーの量は、100ccくらい・・・・・
たったそれだけで・・・・(笑)

2012年2月 5日 (日)

ブブ彦日記 微妙な距離感

ブブ彦の脱糞で困ってしまっている。
(参照:コタツで脱糞 へのリンクはコチラ

と言っても、誰が悪いわけでもありません。
病院の先生にはベストを尽くしてもらったのは、良く分かっています。
もちろん、ブブ彦が悪いわけでもない。

初めてブブ彦が脱糞したのが、ブログによると、去年のクリスマス・イヴ。
手術をしたのが、9月中旬なので、しばらくは脱糞していなかった事になる。
それが最近、毎日ウンチが漏れてしまっている。

原因は分からないけど、寒くなってきて、散歩の距離が短くなっている事だろうか?
後ろ足の筋力が弱くなってしまい、それで漏れるようになったとか・・・・・
あるいは、餌の量が多いのかもしれない。
考えてもしょうがない、今度病院に行った時に、先生に原因と対策を聞いてきます。

とりあえず、ブブ彦がコタツから出てきた時は要注意で、お尻をチェックするのですが、結構な割合で、ウンチが付いています。
すぐに拭き取るのですが、その回数も増えていき、トイレットペーパーに血が付くようになってしまった。
手術した事によって、お尻が弱くなっている事を忘れてしまっていた・・・・
ひどい飼い主です。
ブブ彦も、お尻を拭かれると痛いと思うようになり、お尻を見せないようになっている。

コタツに出入りする時はブブ彦も何かされると分かっているのでしょう。
僕と目を合わせると、近づいてこなくなってしまって・・・・
この心の距離感はまずい。
いつ脱糞するか分からない故、物理的に離れるのは理想なんだけど、心の距離が離れるのは、ブブ彦がいなくなってしまうようで、怖いのです。
(ブブ彦がいる事によって、随分と自殺を思いとどまった事があるのですが、同時に、ブブ彦に依存している自分も感じています・・・・)

なんだか、虐待でもしているような気分になってきて、ブブ彦への申し訳なさと、自己嫌悪に陥っています。
オムツをはかせるしかないのかもな。
ブブ彦がおとなしくはいてくれるとも思えないのだけど・・・・

2012年2月 4日 (土)

あぁ、食い道楽 甘酒?をもらってきたっす

何と呼ぶべきか。
甘酒でいいのであろうか。
白くてドロドロした液体を、オカンがもらってきた。

甘酒は酒かすを・・・・えっと・・・・どうするんだっけ?
とにかく酒かすだ。
酒かすを使うのは間違いないだろう。

今回もらってきたのは、酒かすを使っていないタイプの物。
米こうじを発酵させただけの物で、まだアルコールは発生していない物らしく、真っ白でかなりドロドロしている。
これが本来の甘酒なのか? ただの未完成の物なのか? は分からない。
だから甘酒と呼んで良い物かもわからない。
別名があるのだろうか?

これを、お湯で1対1くらいに薄めて、飲んでみた。

米粒が無くなるほど煮込んだお粥・・・・・そんな味だ・・・・・
砂糖は入っていないはずなのに、米だけでこれほど甘い物ができるとは、驚きだ。
元々甘酒が好きな子なので、これもかなり好き。

オトンが昔の甘酒はこんな味だったと言っていたが、味覚が鈍い人なので、あまりアテにならない情報だ・・・・
何なんだ?この白い液体は?(笑)

2012年2月 3日 (金)

ブブ彦日記 爪の辺りがなんとも・・・・のその後

20120203ブブ彦が左足を使わずにピョンピョン跳ねるように歩いていて、病院に連れて行った話のその後です。
(参照:爪の辺りがなんとも へのリンクはコチラ

先週病院に連れて行き、爪を短く切ってもらったことで、地面に爪が当たる事がなくなり、普通に歩くし、普通に走るようになった。
1週間分の抗生物質をもらい、様子を見てきたわけですが、今日一週間が経ち、また病院に行ってきました。
元気そうだったので、大丈夫だと思っていたのですが、結果は微妙・・・・

爪が伸びてきて、肉の中に隠れていた部分が見えてきたのだけど、その爪に横一直線、筋が入っている。
どうやらこの線は爪が折れている事を意味しているらしく、この線の先は爪が死んでいて、線よりの根元側は生きているという。
また爪を切りましょうね と先生犬用爪きりを持ち出して、バチバチ神経の部分まで切っていく。
普段だったら、きゃいーん と悲鳴をあげるところだけど、死んでいる部分を切っているので、全く痛くないみたい。
神経を切り刻むなんて、見ているこっちがゾクゾクしてくるような絵だったねぇw

また一週間様子を見て、爪がまた伸びて、線の部分がもっと出てきたら、線の所まで爪を切りましょうと先生言っていたね。
生きている部分だけになったら、そのまま普通に伸びるようになって完治するかもしれないし、爪の根元がちょっとぐらついているので、どうたらこうたらと言っていた(思い出せない・・・w)

とにかく、また一週間様子見です。
抗生物質はご飯をちょっとだけ入れた海苔巻きにして食べさせるのが恒例になっているので、ブブ彦は喜ぶでしょうな。
あの海苔巻きを目の前にした時の、お手の早さといったら・・・・
食い意地がはっているのは、飼い主似か・・・・

2012年2月 2日 (木)

右だけが、落ちるぅぅぅ

この前、左のウィンカーだけがやたら速くて、気持ちが悪いと書きました。
今回は右の話です。

どういうわけだか分からないのだけど、右足の靴下が落ちてくる。
左足は落ちてこない。
右足だけなのだ。
歩いていると、靴の中で、土踏まずの辺りにシワが出来て、なんともいや~んな感じ。

右足に履いた靴下だけが大きく伸びてしまったのかと思って、左右の靴下を取り替えてみたが、やはり右足だけが落ちてくる。
さらに、違う靴下でも試したが、やはり右だけが落ちる。

右足が小さいのか?
右足の靴のキツさに原因があるのか?
右足だけ変な足の着地の方法をしているのか?

う~ん、分からないよぅ。

2012年2月 1日 (水)

ゲームしてみる? えいご漬けをやっているのだが・・・・

Nintendo3DSを買ってしまったわけだけど、あるソフトをやるために買ったと言っていい。
「えいご漬け」だ。
そのストレートで、ちょっと皮肉めいたネーミングは、一度聞いたら忘れられない。
本体は最新の3DSなのに、ソフトはDSの物。
800円だったので、かなりいい買い物をしたと、一人ニヤニヤしている。

えいご漬けはゲームではなくて、語学の勉強ソフトと言うべきである。
ディクテーションと言って、耳で聞いた事を、文字に起こすのだ。
語学の勉強としては、かなり有効な方法らしい。
ネイティブの発音を聞いて、それをタッチペンで画面にスペルを書いていく。

問題が流れると、画面には日本語訳も表示されるので、知らない単語も意味と一緒に覚えることができ、とても勉強になる。

問題は1900問くらいあるらしく、全てを覚えるのはかなり時間がかかるだろう。
でも、毎日やるモチベーションを持たせるために、カレンダーにプレイするとスタンプを押せたり、ミニゲームも入っていたり(もちろん英語に関するゲームw)とても良く出来たソフトだ。

毎日トレーニングが終わると、テストを受ける事ができて、実力を教えてくれる。
今のランクは、「アルファベットが読める程度」という、恥ずかしいものだが、いつか最高ランクを取れるように頑張ってみようと思う。

スラスラスペルが出てきて、サラサラと書けた時の気持ちよさは癖になる。
向上心のある人にはオススメの一本である。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »