« あぁ、食い道楽 色んな意味でビックリなキムチ | トップページ | ブブ彦日記 のけぞり万歳 »

2012年4月 5日 (木)

あぁ、食い道楽 謎の韓国人奥さんが作る絶品キムチ

前回、あぁ食い道楽のカテゴリーに過去ワースト1に輝いた、マズイキムチを買ってしまったと書きました。
(参照:いろんな意味でビックリなキムチへのリンクはこちら

別にキムチに詳しくて、評価が厳しくなっているのではありません。
海原雄山のような舌を持っているわけでもありません。
僕はキムチ素人です。
ただ昔、旨いキムチを食べた事があったので、舌が旨いキムチを覚えているというか、そんな感じなのだ。

そのキムチは、韓国人の奥さんが作っている物だった。
一般の店には流通してなくて、自宅の隣にプレハブを建て、そこで細々と販売していた。
場所も田舎の森の中にあるような感じで、っと言っても、僕が住んでいる茨城自体が田舎の塊なのであるが、その中でも更に更に田舎な部落にその店はあった。

日本ではあまり見かけない、ぶつ切りにした蟹が丸ごと入っているキムチや、イカ素麺のようにカットしたイカをキムチに漬け込んでいる物などがあった。
このイカのキムチが最高に旨かったのだ。

真っ赤で、相当辛いかと思うのだが、食べてみるとかなり旨味があり、そんなに辛くない。
ご飯と一緒に口に運ぶと、最高にハッピーな時間がやってきたものだ。
本場のキムチ=辛くて食べられない
というイメージをぶっ壊してくれた。

この店があるのが隣の隣町なので、しょっちゅう買いに行く事はできなかったのだが、定期的に食べたくなり、無理して買いに行ったりしていた。

でもある時、この店が突然閉店する。
韓国人の奥さんが離婚をしてしまったという噂だ。
その後、この奥さんの行方を知るものはいない。
何処かでキムチを売っているならば、評判が聞こえてきそうなものだが、まったくそういう話は聞かない。
韓国に帰ってしまったのだろうか?

っと言った訳で、旨いキムチをそれ以来口にしていない。
前回話に上った、超マズイキムチは、まだ捨てていません・・・・
どうしようw

« あぁ、食い道楽 色んな意味でビックリなキムチ | トップページ | ブブ彦日記 のけぞり万歳 »

あぁ、食い道楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。