« 大友克洋 原画展 体験してきた | トップページ | あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ さくらベリー »

2012年4月11日 (水)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ クシュドゥソレイユ

20120411トシ・ヨロイヅカに行ってきました。
1時間待ちだったのですが、1時間後に行っても名前が呼ばれない。
予約の時間から20分が過ぎて、オカシイと思い、係りの女の子に声をかけたら、予約の時間に来られなかったので、キャンセルにさせてもらいました。 と言うではないか。
30分前から、ず~~と店の前のベンチに座って待ってたっていうのに。
待ってたもん とダダをこねたら、店に入れてくれました。
1人でラッキーでした。
大人数だったら、また1時間待ちとかになりそうですしね。
まぁ、僕も立って、目に入る場所にいなかった事も原因の一つだったので、怒りはしませんでしたが・・・・
見かけない子だったので、新人さんだったようです。
じゃぁ、しょうがないか。

最初の一皿は、クシュ ドゥ ソレイユ。
旬のデコポンを日本酒でコンポート。梅酒のジュレ、白餡のクリームで和風に仕上げました。 とメニュ表にある。

一人なので、すぐに作ってもらって、すぐに出てきた。
まずはキラキラプルプルしている梅酒のジュレを食べる。
旨し。
さ~らりとした梅酒のような味じゃなく、もっとスッキリした味わい。
このゼリーだけ大量に食べたいなぁ。
次に日本酒でコンポートしたというデコポンを食べる。
これは普通かな。
言われなければ、日本酒の味にも気がつかない程度の味付け。
さっぱりと甘く美味しいけど、特に驚く事は無かったです。
次に、てっぺんにXJapanマークで建ってる、メレンゲを手で食べる。
美味しいけど普通かな。
メレンゲはメレンゲでした。
オレンジ?デコポン?のシャーベットは美味しかったです。
店員さんの話によると、このシャーベットにも日本酒が少し入っているそうな。
言われても日本酒の味が分かりません。
う~ん、日本酒ってスイーツにするのは難しいのかも。
最後に、お餅?で包まれた白餡の部分を切って食べる。
ちょっと味が濃すぎるかな?
梅酒のジュレやデコポンのサッパリ系の味とバランスは取れてるんだろうけど、ブログを書くために部分部分で食べてるのが裏目に出ました。

鎧塚さんは自分の事を努力の人と言うけれど、僕は天才だと思っています。
少なくとも、持って生まれた天性の味覚は持っていると思う。
その鎧塚さんが和菓子を作ったら・・・・・そんな一皿でしたね。
そして、和菓子を作っても味覚はさえまくりだという事が判明。
なんでも出来るんだなぁ、凄い。

昔、豆腐ようを使った、喜瀬という一皿を食べ、感動したのですが、あの時の感覚を思い出しましたね。
(参照:喜瀬 新しい感動、幸せ、驚き へのリンクは こちら
和テイストでもヨロイヅカワールド全開で、旨いのなんの。

これだから、トシ・ヨロイヅカ通いは止められない。

« 大友克洋 原画展 体験してきた | トップページ | あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ さくらベリー »

あぁ、食い道楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。