« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の32件の記事

2012年5月31日 (木)

僕と うつ病、闘病記 悪い波が来てるけど、結構楽観視してます

軽くではあるけれど、死にたい。
この前、調子がいいと書いたばかりなのに、すぐにこれだ。
闘病記の読者さんは、いつもの事 というか、ほれみたことか! というか、また始まったよ という感じなんでしょうね。

僕にとってもこのアップダウンは日常的で、また来たかという感じです。
一生治らないような気もして、投げやりになってしまう気持ちも有りますが、そのうちケロっと良くなって、面白い事をブログに書いている事だろうなとも考えられます。
「そのうち良くなる」っと、そう考えられるようになっただけでも、前進できてるのかもしれません。

落ち込む波が来ている人には辛いでしょうが、その時に衝動的に死んでしまったら、もったいないと思います。
「死んだらもったいない」っと、こう考えられるようになったのも、やはり前進したからなのでしょう。

何人のうつ病の人が、このブログを読んでいるのかは、分かりません。
でも、一人でも多くの人に言ってあげたい。
「そのうち良くなるから」と。

うつ病と闘っている人の、気持ちのはけ口にこのブログを使ってくれると嬉しいんだけどなぁ。
あ、うつ病限定にする必要も無いですね。
病気と闘っている人達が、このブログを使ってくれると嬉しいです。
皆で意見を言い合って、サポートしていく事ができるようなブログを目指したいと思います。
あれ?僕変な事言ってます?
結構マジなんですよ。

2012年5月30日 (水)

ダイエット奮闘記(プチ) WiiFit恐るべし

ジムに通いだしたわけですが、初回を終えて、その後5日が経過。
それっきりジムに行ってない。
ジムまで車で15分かかり、チケットを買ったり、着替えたり、飲み物買ったりする事が、けっこう億劫になってる。

ジムには通えないけれど、運動はしたい。
そこでWiiFitを出してきて、運動する事にした。
運動を始めて1400日と出ていたので、何年放置してたんだか・・・その計算はやめよう・・・・・

とにかくWiiFitだ。
筋トレだけを集中して行う。
体重計を利用する筋トレに限られるので、足を使う物が多いが、基礎代謝を増やしたいので、それは願ったり。

ランジという名前の筋トレが一番キツイ。
足を前後に開いて、腰を落としていく。
前に出した足の角度が90度になるまで曲げて、落としていくので、ももに負荷がかかるかかる。
それを20回。
終わったら、前後の足を逆にして20回。
これは辛いっす・・・・・

翌日、筋肉痛になった。
ジムで運動しても筋肉痛にならなかったのに、WiiFitではすぐになった。
恐るべしWiiFit。

インナーマッスルを鍛え上げ、間食をキッパリやめる。
これでどうだ? お腹の脂身よ。
早く退散せいっ!!

2012年5月29日 (火)

シネマごしっぷ クラリス と ハンニバル

現在、米NBCが「羊たちの沈黙」などに登場する殺人鬼ハンニバル・レクターを主人公にしたテレビシリーズを制作中ですが、そのレクターと対決するFBI女性捜査官クラリス・スターリングのドラマが別途企画されていることが分かりました。

番組名は「クラリス」。
「羊たちの沈黙」「ハンニバル」に登場するFBI女性捜査官クラリス・スターリングの、FBIアカデミーを卒業した直後の日々を描くみたい。
企画はまだ初期段階で、脚本家や監督、キャストなどは未定です。



なお、NBCの新シリーズ「ハンニバル」のレクター役のキャスティングはまだ不明。
今秋の放送開始を予定している。

スターウォーズのテレビシリーズはあと5年は始まらないだろうから、今秋放送開始のハンニバルは超期待。
クラリスも当然面白い物になるでしょうね。
こちらも楽しみ。
あぁ、こりゃまだまだ死ねないなぁ。

あぁ、食い道楽 イマイチなグラタン、作ってしまった

ペンネがあったので、グラタンを作った。
鶏肉とブロッコリとシメジのグラタンです。

チーズもパン粉もあったのですが、ホワイトソースが無い。
仕方なく、小麦粉とバターと牛乳で作りました。
が、どうしても重くなってしまって、粉っぽい。
出来上がったグラタンは、大量に食べられる物ではなく、ちょっとイマイチ 。
どうしても重い・・・
どうしたって重い・・・
ホワイトソースの失敗が、最大の敗因である。
残念・・・・

ビールが飲みたくなって、ちょっとだけ飲みました。
薬の影響で酒は禁止だったのですが、ちょっとなら良いかと飲んでしまいま した。
でも、つまみというか、メインというか、グラタンが失敗作なので、ビールの味もイマイチに感じる。

うーん、グラタンもビールもイマイチで、本当にがっかり。 美味しい物を食べた時の満足感とは正反対の、この残念感よ。
次回はペンネアラビアータでも作ろうかな?
あれはシンプルだから、失敗はしまい。

美味しい物が食べたい、その一心だけである。
写真を撮るのを忘れました・・・

2012年5月28日 (月)

ブブ彦日記 間抜け顔の職人

20120528ブブ彦はペットボトルの蓋を取るのが好きである。
台所に捨ててある、飲み終わったペットボトルを見つけて、咥えて持って来る。

両手でペットボトルを挟み、安定させてから、蓋にかじりつき、すぐに蓋を取ってしまう。
犬なので、蓋を回して取る事はできない。
噛み付きのオン、オフ、だけで取ってしまうのだから、かなり強い力で噛んでいるようだ。

写真はアクエリアスのペットボトルをやっつけにかかっている、豚子ニャニャン。
口を開けると一気に間抜け顔になるので、激写してみた。
簡単に撮れた(笑)

2012年5月27日 (日)

あぁ、食い道楽 味覚音痴にきき水

酒蔵で使っている井戸水と水道水を飲み比べる事にした。
きき水ってやつだ。
誰が飲んでも、明らかに味が違うのだが、Pちゃんだけは違いが分からなかった。
味音痴である、完全に。

別に自分の味覚が海原雄山並みだと言っているのではない。
片方が無臭でまろやか、片方が味も香りも消毒臭い。
臭いだけでも分かってしまう、本当に簡単な問題だったのだが・・・・
Pちゃん、あなたの舌は大丈夫ですかい?
否、鼻が悪いのかもしれない。

お米を炊くときは、この酒蔵の井戸水を使うようにしているそうだが、味はどうだろう?
若干米がまろやかになったような気がするが、言われてみないと分からない程度の違いかもしれない。

お茶なんかで使うと、まろやかで優しい味になるようです。
コーヒーは今の薬と相性が悪いから、飲めないんだけど、コーヒーでも美味しい物が作れそうです。

酒蔵の水は週イチで貰ってくるそうな。
この水に慣れてしまうと、水道水が消毒臭くて飲めなくなります。

水が美味しい土地っていうのは、贅沢な事だよなぁ。
食べ物全てが美味しくなるんだから、ずるすぎるよ。

2012年5月26日 (土)

ダイエット奮闘記(プチ) 貧弱貧弱貧弱ぅぅ~~

ジムに行ってきました!
友人がこのジムに詳しいので、言われるがままにマシンに乗り、運動しました。

まずエアロバイクを30分。
これがキツイ。
負荷をけっこうかけて、軽く坂道を登っているくらいにしました。
一人でやっていたら、3分で終わらせていたと思います。
でも友人がいる手前、降りるわけにもいかず、ズルズルと頑張る事に・・・
じんわり汗がにじみ、足のももが痛くなってきました。
30分かけて消費したカロリーは覚えてませんが、飴玉2個と表示されました。
あれだけやって飴玉2個ですか・・・
食べるのは一瞬だけど、消費するのはこんなにも大変だとは・・・・
もう間食はやめよう。

次に筋トレマシンを各種。
エアロバイクで足がフラフラになっているため、踏ん張りがきかず、カタカタいってるし・・・・
筋トレは、何回もやる必要は無くて、10回をやっとできるくらいの負荷にするだけで良いと聞いた事があるので、かなり重くしました。
辛い・・・・
背筋、腹筋を鍛えるマシンをやってたら、ぎっくり腰にでもなりそうだよ・・・・
しんどい・・・

最後にランニングマシンで歩きました。
ランニングマシンなのに、走らずに歩いてるじゃん・・・という突っ込みが飛び交ってそうだな・・・
もうフラフラで、足が上がらないのです。
シューズの滑り止めがマシンとこすれてしまい、シュッシュと音がしています。
もっと足を上げて、手を大きく振って、と思っても体がついてこない。
足を引きずっているので、転倒の危険が出てきて、自分でもやばいと思い、マシンを降りました。
2kmくらい早歩きで歩いたかな?

これで1時間です。
1回のチケットで3時間ジムを利用できるのですが、3時間なんてとても無理。
でも初回としては頑張った方じゃないかな?
こんなに運動したのは6~7年ぶり。

さて、これだけ疲労して、もう嫌になってしまったか?というと、少し・・・(笑)
でも週に2回~3回は通おうと思いました。

60歳くらいのオジサンが、ランニングマシンで30分以上、休み無く、猛ダッシュしていたのが印象的。
どうやったらあんなに走れるのだろうか?
自分もあそこまで出来るようになるのだろうか?
無理だろ。

2012年5月25日 (金)

僕と うつ病、闘病記 また薬が増える、もうこのままなのか?

ブブ彦ではなく、僕の方の病院に行ってきた。
4月下旬までは旅行の準備、旅行、帰ってきてからもバタバタしていて、体調が良かったが、5月に入ってからはまた死にたくなってしまっていると話す。

先生はインヴェガが効いているから、インヴェガを増やそうと言う。
インヴェガは9mg以上は無いはず と言うと、6mgを2錠飲むようにするというではないか。
12mgか・・・
左手が痙攣するけど、それ以外はこれと言って副作用が無いから大丈夫だろうと思うが、
2錠飲むとどうなってしまうのか、少し怖いものがある。

睡眠薬は慣れてきてしまって、効かなくなり、どんどん重い薬にならないのか?と聞いたら、そんな事は無いと一蹴された。
よく聞く薬がドンドンエスカレートして強い物になっていってしまうという話は、完全に作り話だと言われた。
それならいいのだけど・・・・・

体調が良いと思ったら、また死にたくなり、もう一生この苦しみからは逃れられないのでは?と思っている、と聞こうと思っていたけど、聞くのを忘れてしまった。
病気になりたての頃や、離婚する直前の頃が一番体調が悪かったと思うが、
その頃よりは、随分と良くなった。
でも、もうこれ以上は良くならないような気がする。
何年も停滞しているから・・・・
病気と決別する日を夢見てこれまでやってきたけど、もうそんな事は諦めて、病気と共に生きる方法やコツを学んで、一緒に生きていく事にしないといけないのかな?
治そう治そうと思ってこれまでやってきただけに、その考え方になると、投げやりになるというか、全てを諦めてどうにでもなれ って気持ちになりそうである。
そうなると病気に負けそうだよ・・・・・・
死んで楽になりたい・・・・・

薬はインヴェガが9mgから12mgになっただけで、他は変更なし。
朝:インヴェガ6mg×2錠、アキネトン1mg
夕:セレネース3mg、アキネトン1mg
寝る前:レンドルミン0.25mg

また死なないように頑張ります。

2012年5月24日 (木)

incoming ピョンピョン蜘蛛 の行き先・・・

暑い・・・
まだ5月だというのに、すでに日中暑い。

最近は、網戸にする事が増えたのですが、そうすると隙間からピョンピョン蜘蛛が入ってくるんだよね。

説明しよう! ピョンピョン蜘蛛とは、小さくて、捕まえようとするとピョンピョンジャンプして逃げる蜘蛛の事である。

蚊や蝿なら対応できるが、ピョンピョン蜘蛛は、すばしっこい。
あれ? すばしっこいって方言ですか?
言い直そう、ピョンピョン蜘蛛は素早い。
なので、確実に捕まえられず、逃げられる事もしばしば。

あの逃げたピョンピョン蜘蛛が何処に行くのかが分からない。
その後、見かけないからである。
押入れの中にでも入っていってしまうのだろうか?
網戸の隙間から、出て行ってくれてるとは思えない。
部屋の中に巣を作っているならば、すぐに見つけられるのだが、巣は作らない。
う~ん、謎だ。
何処に消えたのだ?

部屋の中に次々と入ってくるピョンピョン蜘蛛。
いつしか部屋の中はピョンピョン蜘蛛で溢れかえり、満員電車状態に・・・
そんな事を想像するが、部屋に入ってきているのは確かだが、一向に蜘蛛が増えない。
どこに行っているのだろうか?

ブブ彦が食べてるのか?
餌の取れない部屋の中から出れなくて、餓死しているのか?
まさ爺が寝ている時に、鼻の穴にでも入ってきている?

う~ん、分からない。
分からないだけに、気味悪い。

2012年5月23日 (水)

ダイエット奮闘記(プチ) 勝手に痩せる謎と モツ煮込み

いよいよジムに通おうかという今日、体重計に久々に乗ったら、体重が1kg落ちていた。
それは嬉しい事だけど、どうもふに落ちない。
2食食べているし、おやつも食べているからだ。
しっかりと、確実に(笑)

特に間食はひどく、ドーナツ、みたらし団子、クッキー、チーズケーキ、アップルパイ、シュークリーム、雪見大福、モツ煮込み など食べまくっている。
モツ煮込みに至っては、ご飯もセットでついてきて、間食と言うよりも、れっきとした食事になってしまっている。

これだけ食べても太らない。
太らないどころか痩せている。

運動もしてないし、本当に意味が分からない。
まぁ、1kgくらいは一日の間でも上下する事は知っているし、こんなんブログに書く事じゃないのかもしれないけれど、嬉しかったので、書いてしまった。

あと3kg落とせば、理想体重の62kgである。
手が届きそうな気がしてきた。

因みに、ここで言う理想体重とは、僕が勝手に “理想” と言っているだけであり、本来僕の身長から理想体重を割り出せば、70kgくらいになる。
70kgじゃぁ、ポヨポヨになってしまう。
70kgはマズイでしょう。

2012年5月22日 (火)

ブブ彦日記 ガッツリ食べた、食べてしまった

20120522マズイと言われていたノンアレルゲン食のドッグフード。
ブブ彦は食べてくれるだろうか?と心配していたが、食べた。
涎を垂らして、ガツガツ食べた。
いつもよりも旨そうに食べているような気がする。
味音痴め・・・・・
ブブ彦はバナナ以外は何でも食べるなぁ(笑)

とりあえず、食べてくれたので一安心。
さっそく病院に電話をして、ノンアレルゲンのドッグフードを一月分取り寄せてもらう事にした。

ー翌日ー

病院にドッグフードを取りに行く。
問題は値段。
5kgで8000円!!!!!
今まで与えていたフードは8kgで3500円。
4倍もする。
高い・・・・

これでかゆみの原因が餌にあるのかが分かるわけですが、餌に原因があった場合、一生このフードを買い続けないといけないわけですよね。
毎月これだけの金額がかかるとなると結構負担だなぁ。

ステロイド飲ませてる方が安上がりだよ・・・
でもブブ彦の体の負担を考えたら、餌の方を選ばないといけないわけだけど・・・
ま、いいか、旨そうに食べてるし(笑)

2012年5月21日 (月)

美容室のアレ、顔がニヤける

美容室に行ってきて、パーマをかけてきました。
それ自体は問題なく終わったんだけど、いつものアレが苦手です。
全てが終わって、肩やら、首やらをマッサージしてくれるアレです。

もう、くすぐったくて、しょうがない。
正面に鏡があるから、笑ってしまうと、美容師さんにバレてしまう。
でも顔が明らかに、にやけてる。
バレるか?
バレてしまっているのか?

首の辺りは大丈夫。
肩の端の方も大丈夫。
首と肩の間辺りがダメ。

普段から体に触られるという事が無いので、慣れてないって事もある。
しょっちゅうマッサージされてる人は平気なんだろうなぁ。
でも僕はダメです。
声が出てしまうほど、くすぐったい。

マッサージはやらなくていいです。って言ってしまった方が良いのだろうか?
でも、美容師さんは良かれと思ってやってくれてるわけだし、一連のサービスの一環だと思うので、断りずらい。

シャンプーしている時の「痒い所ありませんか?」に答えるとどうなるのか?も疑問だけど、マッサージを断るのも、どうなるのか分からない。
謎が多いぞ、美容室は(笑)

2012年5月20日 (日)

ダイエット奮闘記(プチ) 講習でフラフラ

市で運営しているスポーツジムに通う事にしたわけですが、初回は講習を受けないといけません。
マシンの使い方や、このジムのシステム的な事、トイレやロッカーの場所の説明など、1時間で叩き込まれます。

マシンの使い方はよく分かったのだけど、何やらファイルを渡されまして、それを毎回使うとか?そんな話になりました。
心拍数?消費カロリー?回数?有酸素運動?などが話に登場し、それを渡されたファイルに記入して・・・・・とか言ってたかな?
厳密に自分を管理したい人は、こういう物を記入する必要があるのだろうけど、僕は必要無いかな?
ただファイルは渡されてしまうらしいので、運動している間、それを管理しないといけないんだよなぁ・・・・
めんどくさい・・・・・

講習を受けたらすぐにでもトレーニングをしようかと思っていたのだけど、タオルを忘れてしまった事に気付く。
マシンに汗が飛んだら、拭かないとマズいので、今回はトレーニングは諦めて、講習を1時間受けるだけで帰ってきました。

直立して1時間立つというのは疲れるもので、後半はフラフラしてきました。
軽く足踏みして気を紛らわせていたけれど、おしっこでも行きたい人なのかと思われたかも・・・・(笑)
他に講習を受けに来ていた人が4人いましたが、皆50代、60代。
でも足踏みしている人は一人もいなかったなぁ。
あの中で一番体力が無いのは僕なようです。

次回はいつ行くか決めてません。
本当に痩せられるのかなぁ・・・

2012年5月19日 (土)

ブブ彦日記 マズさがウリのドッグフード

20120519ブブ彦を病院に連れて行った。
フィラリアの薬をもらいに来る人が多く、大混雑だ。
1時間ほど待って、名前が呼ばれた。

ステロイドを毎日飲ませると、ほとんどかかない。
2日に1回だと日に20回ほどかく。
3日に1回だとけっこう頻繁にかき、体も赤くなる。
と伝える。

ステロイドは毎日与えたくないそうです。
何だい、最初はステロイドは量を守れば、毎日与えても大丈夫だと言っていたじゃないか。
話が変わってきた・・・・

やはり、ステロイドが効く量を見極めるよりも、原因となる物を探し出し、それを取り除く事しか解決の道は無いそうです。
原因が無くなれば、ステロイドも必要無くなるし、薬代もかからないわけですから、それがいいでしょうと言っておいた。

とりあえず、食事から疑ってみましょうという話になり、食品サンプルを6種類ほど貰ってくる。
ただし、マズイらしい。
ワニだか、ダチョウだかの肉を使っているとか、ナマズが入っているとかも言っていたな。
ノンアレルゲン食で素晴らしいのだが、そうとうマズイらしい。
食べさせてみて体のかゆみが治まるか?というよりも、とにかく食べるか?たべないか?をまず調べたいようだ。
食べたら、病院に注文をして、大きな一袋とかで買う事になるみたい。

かなりの種類のドッグフードが世に出回っているが、どれもいかに食べさせるか?を考えているはず。
それなのに、このサンプルはマズイときた。
成分や原料にはこだわっているが、味まではどうにもならないようで・・・
そんなドッグフードがある事自体驚きだった。

ブブ彦は食べてくれるだろうか?

2012年5月18日 (金)

僕と うつ病、闘病記 淡い期待とその先にあるもの

アクセス数が今日中に、22万2千2百2十2 になりそうです。
いつも読みにきてくれる読者の皆様、有難うございます。
区切りが良いので、ここで重大発表が・・・・ っという事も無く。
心機一転、話が面白くなるわけでもありません。
これからも、このブログのユルさは変わりませんが、毎日更新をモットーにやっていきますので、できれば毎日見に来てください。
頑張ります。

さて、しばらくトラベル・レポートが続いて、僕の体調について書く事が無かったのですが、ご心配おかけしました。
とても安定しています。
京都に行く10日くらい前から、しおり作りや、ブブ彦の手続きなどバタバタしている間に旅行がやってきて、帰ってきても、そのままの勢いで過ごしている そんな感じです。

なんとなくですが、気持ちに張り詰めた物がありまして、ぼ~っと死ぬ事を考える なんて事がほぼ無くなりました。
何か作業をしていると、一日があっという間に終わるし、お腹もきちんと空くし、気持ちがシャッキリしているし、イイ事尽くめ。
今の作業をしていて一日が充実している という事と、
作業をしたいけど、起きていられなくて、横になって、死ぬ事を考えている というのは紙一重な気がします。

ダイエット奮闘記に、「ジム通い篇」を書き始めた事でもわかるように、外出して体を動かす事が増えそう。

ここから一気に元気な頭に戻れればいいのだけどね。
でも、今までもそうやって期待しといて、ガクンと落とされて、絶望してきたから、今回も何も期待しません。
今やれる事、やるべき事を精一杯やるだけですね。

っと、こう書いといても、ちょっと期待はしちゃうんだよなぁ。
期待はしないけど、希望は持っていたい。
また落ち込む波が来るんだろうけど、もう来ないかもしれないって、考えちゃうんだよね。
ちょっと考えるくらいはイイのかな?

また死なないように頑張ります。

2012年5月17日 (木)

ダイエット奮闘記(プチ) 靴選びで、驚き

ジムに通うには、屋内で履くシューズが必要。
そこでスポーツ用品店に行ってきた。
色々シューズがスポーツごとに分けられて売っているが、ランニング用のコーナーが大きく設けられていてビックリ。
ランニング人口ってそんなにいるんですか!?
他のスポーツの倍のスペースがあるような・・・・

靴には名前、値段の他に、フルマラソンを○○分で走る人向きなど書かれている。
そんな事で靴を選んだ事など無いので、戸惑いました。
僕は完全に運動不足なので、フルマラソン6時間以上というコーナーから靴を選びました。
一番最低ランクが6時間以上というコーナーですw

高い靴を買って、これを買ってしまったのだから、ジム通いはやめてはいけないと、自分にハッパをかけるか?
それとも、プレッシャーにならないように、安い物を買うべきか?

結果は、安い物にしました(笑)
5000円です。
ナイキだし、見た目もカッコイイし、いい買い物をした・・・はず。

あとは初回の講習を受けるだけなのですが、電話で予約をしないといけない・・・
これが結構、デカイ壁になってます。
電話嫌いだからなぁ・・・・
困った・・・

でも痩せる為だと思って、ここは頑張らないと!!

こんなんで、本当に痩せられるのかなぁ・・・・・(涙)

2012年5月16日 (水)

ブブ彦日記 ステロイド、その後の経過

20120516ステロイドを飲ませて1週間が経過。
まったく体をかかなくなったは良いが、ステロイドはなるべく与えない方が良いに決まっている。
1週間分の薬を与え終わったので、病院に行ってきた。

また同じ薬を飲ませるのだが、今度は間隔をあけるように言われる。
毎日から、2日に1回になり、さらに3日に1回に減らしていく。
途中で皮膚が赤くなってきたり、ブブ彦がかきだしたりしたら、病院に連絡をする事になった。

3日に1回で済むならば、ブブ彦にもお財布にも優しい。
どうなる事やら・・・・・

写真は、肉球クッションの上で、顔色をうかがうブブ彦。
体が少し赤いのが、見て取れます。
どうなる事やら・・・・・

2012年5月15日 (火)

最新のとんでも洗濯機、驚愕の機能

親が使っている洗濯機に、驚くような機能が付いている事が分かった。
今や当たり前となった、「予約」ですが、なんと9時間後に開始する というコース “のみ” があるそうです。
予約は9時間後のみ・・・
普通の洗濯機だったら、何時間後に開始するか細かく決められるでしょう。
それが9時間後のみしか無いという事は、前の日の晩(9時間前)に、セットしないといけない事になります。
時計見て、そろそろ予約の時間だわ って洗濯機の前に行くというのは、おかしくないか?
早い時間に予約してしまうと、翌朝、変な臭いがしだした洗濯物とご対面になりますしね・・・・

後は、粉石けんは、洗濯そうに直接入れないといけないが、前もって入れておいてはダメ という縛りもあるそうです。
つまり、予約は9時間前という制約をクリアしても、翌朝、洗濯機が回りだしてから、洗濯機の前に行って粉石けんを入れないといけない という事であり、これじゃぁ、予約の意味無いよ。 というわけ。

安い物を買ったので、失敗だったと嘆いています。
メーカーは何処なの?と聞いてみたら、シャープ だってさ。
シャープってテレビは強いけど、洗濯機はどうなんだろう?
微妙・・・・w
完全にハズレを買いましたな。

2012年5月14日 (月)

あぁ、食い道楽 甘い物、食べちゃった・・・

セブンイレブンに飛び込んで、ベイクドチーズケーキ、抹茶杏仁豆腐、みたらし団子、メイプルシロップのパンを購入。
買ったはいいが、それからがまずい。
全て一気食いしてしまった・・・。

これをやると目に見えて体重が増えるんだよね・・・・・・
分かってます。
ダイエット奮闘記というカテゴリを作って、減量日記を書いているのに、矛盾している行為をしている事は・・・・・
分かってますって。

でも、ど~~~しても食べたかったのです。
体が重くて、外出は控えているというのに、わざわざ車で運転して、コンビニまで行くんですから、相当食べたかったのだろうなぁ・・・
っと、ちょっと他人事のように書いて、客観的に見てみる。

「さすがまさ爺っ!おれたちにできない事を平然とやってのけるッ そこにシビれる!あこがれるゥ!」

絶対にリバウンドするね、これは。
でも、旨かったなぁ。
今は、幸せのひと時を過ごしております。
今だけは、
「いいんですっ。」

2012年5月13日 (日)

ダイエット奮闘記(プチ) “待ち”から“攻め”へ

仲の良い友人にジムに通わないか?と誘われた。
病院の先生には運動した方がいいと言われているので、タイミングがばっちり。
お誘いに乗って、ジムに行く事にしました。
ありがたや、ありがたや(笑)

じつは昔、ジムに通っていた事があったのだけど、否、通ったとは言えないか・・・5回と行かないで終わってしまったのです。
月額制で月5000円くらいだったと思う。
毎日のように行く人には安上がりだけど、5回で終わってしまっては大損である。
家から自転車で通い、ジムでバテバテになり、自転車でゼェ~ゼェ~言いながら帰る。
これには無理があったようです。
嫌になってしまったんです。
最初からバテバテになるまでやったのが良くなかったのかも。

お腹周りのお肉が、どえらい事になっているので、まず、それを落とさないと。
お腹のお肉がスッキリ落ちたなら、理想体重の62kgに近づけると思うのですが・・・
筋肉を付けると言うよりは、体重を落として、スッキリしたい。
後は走りこみをしっかりして、持久力を付け、日中横にならないで済むくらいの体力を取り戻したい。

食事制限をして、体重が落ちるのを待つ作戦から、運動して積極的に体重を落とす作戦に切り替えます。

果たしてどうなる!?
細マッチョになれるのか!?
腹筋は割れるのか!?
続報待たれよ。

2012年5月12日 (土)

仙台、やはり無理なのか・・・

仙台に行きたいっ!!

7月に荒木飛呂彦先生の原画展が仙台で開催されるらしいのです。
10月には東京でも開催されるそうですが、どうせならJOJOファン達の聖地、仙台に行きたい。

茨城から宮城まで、高速道路の行き方を調べたら・・・
よく分からない・・・(笑)
高速道路の知識が全く無い僕は、○○自動車道と言われても、さっぱり分からないのである。
カーナビ付いてない車だし、未知の東北、しかも高速。
不安ばかりである。

無理か・・・
無理なのか・・・

「せんだいメディアテーク」が会場なんですが、あの建物、昔、建築関連のTV番組で特集されてたっけ。
あの個性的な建物。よく覚えてます。
場所までは覚えてなかったけど、あれは仙台に建っていたのか。
是非行ってみたい。

東京と異なる展示内容になるようなので、どっちも行ってみたい・・・
「仙台も行く、東京も行く。 どっちも行かなきゃならないのが辛いところだぜ」

無理か・・・
無理なのか・・・

2012年5月11日 (金)

トラベル・レポート 京都 渡月橋、天龍寺、竹林

20120511京都に旅行に来ているわけですが、次は最終目的地、嵐山です。

渡月橋を渡って、戻って、天龍寺に移動。
しかし、天龍寺は寺田屋と同じ、インチキの臭いがする場所でした。
普通に庭園の拝観料を500円を取っているのですが、雲龍図があるお堂を見るだけでも、別途500円でした。
雲龍図は立派ではあったのですが、一枚の龍の絵が描かれている小さなお堂だけで500円です。
高いです。
その他、本堂を見ると100円。
トイレのトイレットペーパーも有料でした。
そこまでして儲けたいか!!という印象。
雲龍図を見ていると、住職の話が聞こえてきました。
修学旅行の学生に説法を説いているようです。
しかし住職の口調に唖然。
「おまえらは~」 とか言ってる・・・・・
「君達は~」が普通じゃないですか?
ロックシンガー気取りで、寺の品位を下げまくりでした。
そこに来て、あの儲け優先の価格設定。
なんだかガッカリでした。


その後、天龍寺の北門から外に出て、竹林へ移動。
朝早い事もあり、誰もいませんでした。
竹が擦れるサラサラという音が心地よく、ここだけ別世界のようでした。


その後、嵐山の甘味処に入り、3日目のお茶。
3日続けて、甘味と抹茶をいただけるなんて、贅沢な時間の使い方をしているなぁと。
抹茶のアイスと焙じ茶のアイスと、白玉とあんこ、それと八橋が乗っているパフェを注文。
もちろん抹茶も付いてきます。
旨かったなぁ~~
3日間全てに抹茶をいただくこの贅沢さよ。
ちょっと食べ過ぎ感は否めません・・・・・


その後、ブブ彦を回収して、家に帰りました。
8時間かけて・・・(笑)
いやぁ~ツアーじゃ、絶対無理なマニアックなコース、目的地の多さ、好きな物を食べ、お土産屋には寄らないという、超贅沢旅でした。
もうこういう旅はツアーじゃ無理だろうなぁという話です。

しかし、疲れました。
3日間で何歩歩いたのやら・・・・
体重は1.2kgほど落ちてました。
普段一日一食しか食べない僕が、旅行中は3食しっかり食べていたにも関わらず、体重が増えるどころか減ったという辺りからしても、いかにハードなスケジュールだったかが分かります。
しばらくは余韻に浸れそうです。
足の筋肉痛と共に・・・・

2012年5月10日 (木)

トラベル・レポート 京都 石碑巡り

20120510京都に旅行に来ているわけですが、次は旅のハイライト、石碑巡りです。
そんな物の何が楽しいのか?と言われたらそれまでですが、誰が建てたか分からない寺に行くよりは、知ってる人物のゆかりの地を巡る事の方が何倍も楽しいと思います。

さて、今回はかなりの場所を周りました。
ホテルオークラに車を止めて、
長州藩邸跡(石碑のみ)

木戸孝允邸跡(石碑のみ)

武市瑞山先生寓居之跡(石碑のみ)

池田屋跡(石碑のみ)

酢屋(休館日で外観のみ)

土佐藩邸跡(石碑のみ)

土佐稲荷(軽くナムナム)

近江屋跡(石碑のみ)

中岡慎太郎寓居跡(石碑のみ)

三条大橋

ホテルオークラに戻る。

と、周りました。

全て、石碑が建っているのだけですが、肝心なのは、それぞれの距離がとても近い事。
数分歩くだけで次の場所に到着してしまいます。
徒歩で数分ですから、距離にしたら、100メートルそこいらの距離感です。
土佐藩邸から、近江屋は直線距離にして、数十メートルというのも驚きです。
龍馬は土佐藩邸に行っていれば、死なずにすんだでしょうに・・・・・
中岡慎太郎の家も、近江屋から100メートルも無い所にあって、あの日、家にいれば死なずにすんだんですよね。
うーん、歴史の偶然ってすごいです。

石碑を探すのは、なかなか大変なわけですが、ここでラーメン屋の主人に会いました。
地元の歴史に詳しく、歴史の組合(保存会?)を組織しているようです。
お店の準備を途中でやめて、店に鍵をかけて、次の石碑までの隣を歩いてくれました。
もうねぇ、語りたくて語りたくて、しょうがない、そんな感じの人でした。
木戸孝允寓居跡の幾松という料亭は、嘘の石碑を建てていて、実際には何も無かった場所だった事。
平井収二郎の寓居跡が近くにあったが、最近結婚式場になってしまって、石碑が取り壊されてしまった事など、熱く語ってくれました。
その他、聞いた事も無いようなマニアックな人の名を語ってくれましたが、付いて行く事ができずに申し訳なかった。
寺田屋のインチキ合成写真の件はこのタイミングで聞きました。
僕は寺田屋に行く前からこの写真の問題は知っていたのですが、この主人の話を聞いて納得した感じ。
やっぱり歴史を曲げてはいけないよね。
最後にこのラーメン屋の主人と握手をして別れました。
熱い人だったなぁ。

史跡と史跡の距離感がわかり、位置関係もわかり、かなり興味深かったですね。
道路は幕末と変わっていないわけですから、ここを龍馬が歩いたとか、想像をめぐらせるだけでもゾクゾクものでした。
やっぱり歴史はイイ!!

その後、ホテルオークラに戻り、5000円のバイキングを食べました。
高いだけあって、旨かったです。
もっぱら、カマンベールチーズばかり食べてましたけど・・・・(笑)

明日は最終日にして、トラベル・レポート京都篇の最終回、嵐山に行きます。

2012年5月 9日 (水)

トラベル・レポート 京都 銀閣寺、大覚寺

20120509京都に旅行に来ているわけですが、次は銀閣寺と大覚寺です。

銀閣寺は物凄い学生さんの数で、人ごみが凄い事になってます。
あの銀閣寺の前にある、砂の山は何なんだという話になりました。
あんなの無い方が、いい雰囲気になるのに。
しかも昔よりも砂山がどんどんデカクなってきてません?
何なんだあれは・・・・・
庭園をぐるっと回るように順路が出来ていて、後戻りはできませんし、近道も途中下車もできません。
人ごみに流されて、押し出されるように歩いただけでした。
苔むした庭は美しかったけど、あまりそれを楽しむゆとりはありませんでした・・・・・
ちょっとイマイチだったかな、銀閣寺は。
あの砂山さえなければ・・・・・


次に大覚寺に行きました。
時代劇の撮影所が多い太秦の近くということもあり、寺の境内(大沢池や明智門など)は映画やテレビなどの撮影によく使われているそうです。
ノーマークだったのですが、ビルや電線などがまったく視界に入ってくる事なく、完全に一つの世界が出来上がっていて、圧巻でした。
大沢池に月が映りこんでいる写真や、紅葉の季節の写真も見ましたが、素晴らしかったです。
天皇家とゆかりがあるらしく、昭和天皇、大正天皇などの位牌が置いてありました。
皇太子さんも植樹に来たりしているそうな。
う~ん、ノーマークだっただけに、ビックリ。

ここに来て足の疲れがピークに。
初日から歩きまくってきたので、疲れが溜まってしまってます。
しかし、この後、この旅のピークがやってきます。
盛り上がりも足の疲れも・・・・・・・・

明日は、2日目と旅のクライマックス、石碑めぐりを書きますね。
石碑がクライマックスなのか?という残念感を払拭しますよ。

2012年5月 8日 (火)

トラベル・レポート&あぁ、食い道楽 京都 竹邑庵太郎敦盛

20120508京都に旅行に来ているわけですが、次は竹邑庵太郎敦盛 (ちくゆうあんたろうあつもり)です。
お蕎麦屋さんです。

京都御所の南端の近くです。
ってそんな説明じゃ、とても辿り着けないですね。

通りを入った路地に、お店の看板が小さくあって、それを見逃したら、おしまいです(笑)
かなり分かりづらいかも。
行きたい人は、ネットで細かい地図を出して行く事をおすすめします。

お店は満席に近かったですが、なんとか入店できました。

僕は、温かい蕎麦を注文しました。
あつもり蕎麦って名前だったかな?
すぐに蕎麦がやってきました。
箱に入っていて、蓋も閉まってます。
開けると玉手箱のように、煙(湯気)が上り、檜のいい匂いが。
ザルの下にお湯がはってあり蕎麦が冷めないようになっています。

蕎麦は細めに切ってあり、パンチの利いた味。
つけ汁が個性的で、大量の葱とワサビ、卵黄が入っています。
それを麺ツユで伸ばすような感じです。
葱が京都産なのか、関東の葱と味が違って、旨かったです。
蕎麦食べてるというよりは、葱を食べている感覚。
京野菜恐るべし。

蕎麦の量が多めで、お腹いっぱい。
京都は食事代が高くて、ランチですら3000円以上はざらですが、ここは1000円せずにお昼が食べられる。
ありがたや、ありがたや。

蕎麦好きもうなる?個性的な味の蕎麦、ご賞味アレ。

明日は、銀閣寺、大覚寺です。
銀閣寺の現状に唖然。

2012年5月 7日 (月)

トラベル・レポート 京都 薩摩藩邸跡、蛤御門

20120507京都に旅行に来ているわけですが、次は薩摩藩邸跡です。

薩長同盟が結ばれた場所ですね。
寺田屋で襲撃された龍馬が伏見の薩摩藩邸から担ぎ込まれた場所でもあります。
現在は同志社大学の敷地になっていて、入り口に石碑が建っています。
薩摩藩邸の敷地の広さは5,805坪(約1万9千平方メートル)で、9棟の建物と多くの土蔵が立ちならんでいたらしいです。
学生さんがたくさん歩いてましたが、誰も石碑などに足を止める人はいませんでしたね。
爺さん、ちょっとさみしい・・・・


そこから南に100メートルも行くと、京都御所があります。
御所の敷地に入り、さらに南下すると、蛤御門があります。
御苑の周りには、九つの御門があって、蛤御門は、もとは常に閉ざされていたが、江戸時代の大火で初めて開門されたことから、焼けて口開く蛤にたとえられ「蛤御門」と呼ばれるようになりました。
また、幕末の蛤御門の変では、御苑一帯が主戦場となり、この戦いに長州藩が敗れた。
その最大の激戦地だったのが蛤御門で、弾傷跡が残っている。
蛤御門の変後、長州藩は「朝敵」となり、第一次長州征伐が行われるなど、機転となった事件ですね。

御所の壁を触ろうとしたら、警報がなり、警備員が車でやってきました。
御所があまりにも広いので、車でやってくるみたいです。
よく見るとセンサーが取り付けてあるのが分かります。
警備員さんは、明らかに僕を疑った目で見てますが、モニターなどで確認をしてから来ているわけでは無さそう。
確信は無いらしく、壁をチェックしているだけでした。
「ウィーーーン、ウィーーーーン、この建物は、貴重な歴史遺産です。大切にしましょう。」みたいな事を放送で言ってました。
何回鳴らしても(何回も鳴らして遊んだんですw)、同じサイレン、同じセリフだったので、録音された音声のようです。
警備員の人には悪かったけど、面白かったなぁ。

次回は、昼食に、超見つけづらい蕎麦屋に潜入します。

2012年5月 6日 (日)

トラベル・レポート 京都 壬生寺、旧前川邸、八木邸

20120506京都に来ているわけですが、2日目の最初は、壬生寺です。
新撰組で有名な寺です。
新撰組が、武道の修行や、大砲の訓練にこの寺を使っていたりします。
新撰組の近藤勇像から、芹沢鴨たち隊士の墓もある。
お寺は壬生狂言と言われる、仏の教えを分かりやすく、庶民にパントマイムで教えたと言われる、京都の伝統芸能でも有名。
また、沖田総司が境内で子供達を集めて遊んだり、近藤勇をはじめ隊士が壬生狂言を観賞したり、新選組が相撲興行を壬生寺で企画し、寺の放生池の魚やすっぼんを採って料理し、力士に振る舞ったという逸話も残っている。
新撰組と言えば、成り上がりの人斬り集団とだけの認識で、嫌いな存在だったのですが、こういう逸話を聞くと、少しは人間の血が流れていたかと思えました。


次に旧前川邸へ移動。
壬生寺から歩いて1分くらいです。
旧前川邸は、新撰組の屯所だった場所。
隊士が増え、八木邸が手狭になったことから、この場所も屯所にした。
近藤勇や土方歳三ら幹部はこちらにいたとも言われている。
山南啓介、野口健司が切腹した部屋や古高俊太郎を壮絶な拷問に掛けたという地下室、当時の落書きが残る雨戸などがあるが、今は私有地となったため非公開となっています。
う~ん、古高俊太郎を拷問した部屋は見てみたかった。
足に釘刺して、突き抜けた釘にロウソクを立て、火をつけるという拷問ですからね。
新撰組が好きという人は、こういう事実を知った上で、好きと言ってもらいたい。
そうですか、見れませんか。
しょうがないですね。生活があるのですから・・・


次に八木邸に移動。
入館料が1000円と高いが、ガイド付きで、終わった後に屯所餅と抹茶がいただけるので、安い物でしょう。
八木家は新撰組の屯所だった場所。
芹沢鴨を斬った場所として有名。
芹沢鴨は新鮮組隊士ですが、酒癖がかなり悪く、やりたい放題になっていたため、近藤勇らに暗殺される事になったのです。
ガイドさんの話は面白く、暗殺時の天気、暗殺するまでの緊張感、切りあいの様子、芹沢鴨の最後などとても生々しく興味津々。
まさにこの場所でという事も教えてもらい、ゾクゾクしましたね。
寺田屋と違い、当時の建物がそのまま残っているわけですから、ここで死んだとか言われると、怖い怖い。

その後、隣の和菓子屋で、屯所餅をいただきました。
屯所餅とは何ぞやと思っていたら、壬生菜を刻んで中に入れているとの事。
食べたら緑色の壬生菜が入っているのが分かりました。
2日続けて、抹茶をいただき、ほっこりしましたね。
まさ爺には、甘い物さえ与えていれば、それで良いという噂は本当です。

次回は、薩摩藩邸跡から、蛤御門へ行きます。

2012年5月 5日 (土)

トラベル・レポート 京都 石塀小路、花見小路

20120505京都に旅行に来ているわけですが、初日の最後は、石塀小路(いしべこうじ)と花見小路です。

霊山護国神社から坂を降りて、最初の角を右に。
その道が「ねねの道」です。
ねねの道を70メートルほど進むと、石塀小路と書かれた、灯りが見えるので、それを左へ。
あとは道なりに進むだけ。
車も自転車も走れない道なので、そぞろ歩きに最適。
雰囲気もあって京都に来ている事をしみじみ実感。

舞妓さんを見つけて写真を撮ったのですが、これは一般の人が衣装を借りて歩いているだけのようです。
隣に立っているお婆ちゃんに、「お婆ちゃん、お婆ちゃん」と話しかけてましたから。
貸衣装のお店が結構多くてビックリしましたね。
そうか、そうなのか、そういうシステムなのか・・・(笑)

石塀小路を抜けて、少し歩くと、花見小路があります。
こっちは広い通りで、料亭や飲食店が並びます。
観光客が多くて、とても賑やか。
花見小路に入ってすぐの所に、、一力亭がありました。
祇園の中でも最も由緒のある「お茶屋」のひとつで、大石内蔵助が豪遊したとか、近藤勇や大久保利通、西郷隆盛も通ったとかという話があります。
う~ん、京都ってすごいなぁ。

一日中歩いて、足がクタクタ。
万歩計によると2万歩くらいは歩いたそうです。
ぐったりしてホテルに帰り、風呂にすぐに入って、19時には寝ました。
あと2日もあるわけですが、歩きまくります・・・・・・頑張ります。
頑張れる?のか?

2012年5月 4日 (金)

トラベル・レポート 京都 霊山歴史館

20120504京都に旅行に来ているわけですが、次は霊山歴史館です。

霊山護国神社の正面にあって、結構目立つ。幕末・明治維新期の歴史を研究する専門博物館です。
坂本龍馬、中岡慎太郎、西郷隆盛、木戸孝允、高杉晋作など、倒幕派志士の遺品とともに、新選組、徳川慶喜、松平容保など、幕府側に関する資料も数多くあり、倒幕・佐幕両派を、双方の視点から見ることができる。

話が二転三転するややこしい幕末を、できるだけ分かりやすく理解できるようにと説明してくれるのが嬉しい。

あまりメジャーじゃなくて、知らない人の展示物が半分くらいはあったけど、見ごたえはありました。
池田屋騒動と、近江屋事件の模型による再現VTRは分かりやすくて面白かったなぁ。
そうそう、あとシリコン製、等身大龍馬があって、血管やら、うぶ毛などリアルに再現されていて、ビックリ。
なんだか、本人に会ったような感覚になり、気味悪かった(笑)
いやぁ、会えて嬉しいんだけどね。
リアルすぎて、ちょっと怖かったですw

龍馬の墓参りで汗だくになっていたので(この日の気温は26℃)、涼しい館内でリフレッシュしました。

次回は、石塀小路、花見小路を歩きます。
旅行初日もあとわずか! ってまだ一日目なのか・・・・・

2012年5月 3日 (木)

トラベル・レポート 京都 霊山護国神社

20120503京都に旅行に来ているわけですが、次は霊山護国神社です。
りょうぜんごこくじんじゃ と読みます。

坂本龍馬、中岡慎太郎、木戸孝允、高杉晋作の他に、蛤御門の変・天誅組の義挙等に加わった志士の墓300余基が合祀されてあり、明治維新をしのぶ史跡です。

山を切り拓いて、お墓を建てているわけですが、龍馬の墓が何処にあるかが分からない。
山の中を歩き回る事になるのか?と思っていたら、龍馬の墓への行き方が、矢印で丁寧に案内されていて、すぐに到着。
山の上の方にあるのかと思っていたけれど、山の下の方、入り口からすぐの場所にありました。

龍馬だったら、山の一番上などに祀られるのは嫌だと言うでしょうね。
俺は端っこでいいから とでもいいながら、頭をかいているような気がします。

この下に龍馬が眠っている そうなった時、自分は何を感じるのか? と思っていましたが、実際そうなってみると何も考えられなかったです。
頭が真っ白になって、ただ手を合わせているだけでした。
気が付いたrら涙が出ていて、泣いていました。
「あなたのように生きたい」、と武田鉄矢は若い頃、高知の龍馬像の前で泣きながら叫んだそうですが、僕も同じ気持ちになりました。
龍馬のお墓に限らず、お墓を手で撫でると、眠っている人と握手でもするような、語り合うような感覚になって、感動するのですが、龍馬の墓では何も感じませんでした。
龍馬が死んでしまった事、あんな死に方だった事が悲しくて悲しくて、語り合うなんて事はできませんでした。
龍馬の墓参りに来た人が次々登って来るので、あまり墓の前を占領しておく事ができず、龍馬の前を後にしました。

その後長州藩士たちが眠っているエリアに行き、高杉晋作、古高俊太郎のお墓を見つけました。
その後、山の頂上の木戸孝允と幾松のお墓を見て、霊山護国神社を後にしました。
暑くて、足もフラフラになったけど、墓マイラーとしては、イイ場所だったと思う。
今度は龍馬の命日に墓参りに来たいなぁ。

2012年5月 2日 (水)

トラベル・レポート&あぁ、食い道楽 京都 甘春堂

20120502京都に旅行に来ているわけですが、おやつの時間です。
耳塚の正面にある、甘春堂東店です。

店内で出来たての和菓子を抹茶と一緒にいただく事ができます。
8種類の上生菓子から一つを選んで食べるシステムなんですが、けっこう迷う。
僕は新緑の楓の「音羽の風」を注文。
注文が入ってから、作り出すのですが、職人さんが手早く作るんでしょうね。
トイレに行って帰ってきたら、もう出来上がってました。

生菓子と干菓子と抹茶で700円くらいだったかな?
上品な甘さで、抹茶も苦くない。
中にこしあんが入っていて、ねっとりと甘い。
美味しかったなぁ。

場所柄、あまり人が来ないかと思っていたのですが、知る人ぞ知る名店だそうで、観光客の人が次々に入ってきてました。
京都で和菓子を食べるなんて、贅沢しているなぁ と思ったのですが、この後の2日目、3日目と毎日お菓子をいただく事になります。
贅沢。

2012年5月 1日 (火)

トラベル・レポート 京都 豊国神社、方広寺、耳塚

20120501京都旅行に来ているわけですが、豊国神社、方広寺、耳塚に行きました。

豊国神社は秀吉を祀っている神社ですね。
豊臣秀吉は没後、壮麗な豊国社に祀られたが大坂夏の陣後、徳川家康の手で取壊されました。
現在の社殿は1880年(明治13)に再建のもの。
唐門(国宝)は伏見城の遺構で桃山期の逸品。
おさい銭出して、ナムナムして、終わり。
特に見所無し。


つぎに方広寺。
ナムナムした唐門から30メートルくらいの場所にあり、豊国神社の敷地内に方広寺があるような感じ。
歩いて1分もかからない。
鐘がデカイデカイとは聞いていたけど、本当にデカイ。
日本一の大きさではないでしょうか?
豊臣氏滅亡のきっかけとなった「国家安康の鐘」(重要文化財)で知られている鐘です。
1586年(天正14)、秀吉が奈良・東大寺を模して建立したが1596年(慶長元)の地震で大破。
豊臣秀吉の没後、徳川家康が淀君と秀頼にすすめ再興させたが、大鐘の銘に「国家安康・君臣豊楽」とあったのを口実の一つとし、大坂冬の陣、夏の陣を起こし、豊臣氏を滅亡へと追い込んだ。
現在は鐘のみが現存しています。
この鐘は東大寺、知恩院のものと合わせ日本三大名鐘のひとつ。
「国家安康・君臣豊楽」と確かに書かれていたけど、この大きさの鐘の中で10センチにもならないかき方で書かれ方をしているのに、これにいちゃもんをつけるとは、家康、狸ジジイだな。
これだけの大きな鐘を木造の鐘楼で支えているのが凄かった。
鐘の下に入るのはちょっとだけ勇気がいります。


次に豊国神社の正面にある耳塚に行く。
16世紀末、天下を統一した豊臣秀吉が大陸にも支配の手をのばそうとして、朝鮮半島に侵攻した文禄・慶長の役(1592~1598年)で、秀吉の命により武将らは「戦功の証」として朝鮮の人々の鼻や耳を削いだ。
当初は、朝鮮軍将兵の首を送っていた。
やがて首の代わりに耳を、さらに鼻に代わった。
やがて、鼻は塩漬け、酢漬けにして本格的に持ち帰るようになる。
その数は桶15杯にもなった。
推定5万とも10万個以上ともいわれる。
軍目付が数を点検し、名護屋を経て京都に送られていた。
耳塚は、安土・桃山時代、1597年に築造されている。
当初の規模は小さく、翌年に拡張された。
京都五山の400人の僧を集め、盛大な施餓鬼供養が行れている。
江戸時代、朝鮮通信使の歓迎の宴会が、方広寺大仏前で行われていた。
この際、耳塚には竹垣の覆いが施されたという。
以前は歴史好きがポツポツ来るような、ローカルな史跡だったが、最近は韓国・朝鮮の観光客が多く訪れるようになった。
観光ツアーの中に組み込まれているらしく、 毎日観光バスが止まる。
この耳塚は「方広寺石塁および石塔」史跡群として、今では文化財に指定されている。
写真で見るよりも、ずっと大きな山になっていて、ビックリ。
こういう歴史があるから、韓国人は日本人が大嫌いなんだよね。
この事実を学校で正直に教えないから、韓国人の怒りはおさまらないわけだ。
起こしてしまった事はどうする事もできないし、それを現代の人の責任にするのも違う気がするけど、少なくとも、事実はそのまま教育として教えるべきだと思うなぁ。

次回は、和菓子屋にて、お抹茶を飲みます。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »