« トラベル・レポート 京都 薩摩藩邸跡、蛤御門 | トップページ | トラベル・レポート 京都 銀閣寺、大覚寺 »

2012年5月 8日 (火)

トラベル・レポート&あぁ、食い道楽 京都 竹邑庵太郎敦盛

20120508京都に旅行に来ているわけですが、次は竹邑庵太郎敦盛 (ちくゆうあんたろうあつもり)です。
お蕎麦屋さんです。

京都御所の南端の近くです。
ってそんな説明じゃ、とても辿り着けないですね。

通りを入った路地に、お店の看板が小さくあって、それを見逃したら、おしまいです(笑)
かなり分かりづらいかも。
行きたい人は、ネットで細かい地図を出して行く事をおすすめします。

お店は満席に近かったですが、なんとか入店できました。

僕は、温かい蕎麦を注文しました。
あつもり蕎麦って名前だったかな?
すぐに蕎麦がやってきました。
箱に入っていて、蓋も閉まってます。
開けると玉手箱のように、煙(湯気)が上り、檜のいい匂いが。
ザルの下にお湯がはってあり蕎麦が冷めないようになっています。

蕎麦は細めに切ってあり、パンチの利いた味。
つけ汁が個性的で、大量の葱とワサビ、卵黄が入っています。
それを麺ツユで伸ばすような感じです。
葱が京都産なのか、関東の葱と味が違って、旨かったです。
蕎麦食べてるというよりは、葱を食べている感覚。
京野菜恐るべし。

蕎麦の量が多めで、お腹いっぱい。
京都は食事代が高くて、ランチですら3000円以上はざらですが、ここは1000円せずにお昼が食べられる。
ありがたや、ありがたや。

蕎麦好きもうなる?個性的な味の蕎麦、ご賞味アレ。

明日は、銀閣寺、大覚寺です。
銀閣寺の現状に唖然。

« トラベル・レポート 京都 薩摩藩邸跡、蛤御門 | トップページ | トラベル・レポート 京都 銀閣寺、大覚寺 »

あぁ、食い道楽」カテゴリの記事

トラベル・レポート」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。