« あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ マンゴ・リゾット | トップページ | あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 喜瀬 »

2012年7月16日 (月)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ スフレ・ア・ラ・リュバーブ

トシ・ヨロイヅカに来ているわけですが、2皿目の紹介。
スフレ・ア・ラ・リュバーブです。
要するに、リュバーブのスフレです。

以前、アンニャに入っているリュバーブのジャムを食べましたが(アンニャについては こちら)、良いアクセントになっていたのを記憶しています。
隠し味的な使われ方でしたが、さっぱりとさせて、一本芯が通っているような印象になったっけ。

今回は、そのリュバーブが主役ですから、期待が膨らみます。
ネットでリュバーブを検索すると、「酸味がある」って書かれているんですよね。
酸味がエグみに変わらないかと心配したのですが・・・

出てきました。
リュバーブのスフレ。
スフレは何頼んでも外見は一緒だね・・・w
スタッフに
「真ん中に穴を開けるように食べて、穴が開いたら、このソースをかけて食べて下さい」と言われる。
ソースだけ舐めてみたら、ほんのり甘い、フランボワーズのソースでした。

スフレの表面の焦げた部分をスプーンで食べる。
まだ、プレーンのスフレの味しかしない。
底の方にスプーンを入れてみる。
リュバーブが出てきた。
細かく切ってあって、ジャムのようになっている。
それだけ食べてみたら、やはり酸味が残っている。
このままでは、悪い印象の一品になってしまうと思い、フランボワーズのソースを全てかけ入れてみた。
するとどうだろう、完璧なバランスになった。
主張しすぎるリュバーブの角が取れて、甘いソースとリュバーブの酸味が丁度良い所でまとまった。

これも旨いなぁ。
味のバランスで言ったら、今回はリュバーブのスフレが一番だと思う。
絶妙とはこういう事を言うのだろうね。

旨かった。

因みに写真が無いのは、僕のミスです。
間違って消してしまって・・・ という言い訳をしたかったけど、そんなんじゃない。
スフレは1秒でも早く食べないといけないので・・・という教えを守り、写真の事などすっかり忘れ、スプーンを握ってました。
半分くらい食べてから、写真の事を思い出し、後の祭りとなったとさ。
すまん。

« あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ マンゴ・リゾット | トップページ | あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 喜瀬 »

あぁ、食い道楽」カテゴリの記事

コメント

キャ~shock
二皿目も美味しそうだなぁ~
ってか味の想像がちっともつかないのになぜ美味しそうだと思うんだろう…?
いっぱいカタカナが出てきたねsmileスフレくらいしか解らない…私の中では今回の説明は英文に近いかも(笑)
写真がないし余計にね…
でも解るsign03熱いうちにとか冷たいうちにってお料理を出されると「はい」って忠実に守りますよねdelicious
3皿目が楽しみだ

M-soさん、こんばんは。
過去に、薩摩芋のスフレ、卵のスフレ、今回のリュバーブのスフレと3品食べましたが、どれも、優しい味でしたよ。
スフレの見た目は地味ですが、味はムラがなく、安定して美味しいですね。

写真を撮らなかったのは失敗でしたね。
ホントすっかり写真の事など忘れてましたからね・・・・・・
食い意地はってますな、僕

この記事へのコメントは終了しました。

« あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ マンゴ・リゾット | トップページ | あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 喜瀬 »