« ラジオと鼻歌 | トップページ | あぁ、食い道楽 コーヒーという天敵 »

2012年8月 7日 (火)

僕 とうつ病、闘病記 自力でなんとかしたい

薬が増えた と以前書い
別に心配かけるつもりで書いているわけじゃない。

ここに薬の話を書くのは、ブログを読みに来人の役にたちたいから。
そして家族に心配や迷惑をかけたくないからなんだけど。
実際はそうも行かないのかもしれない。

薬の副作用で手足の感覚が鈍くなっている。
昨晩、大転倒をしまして、母が部屋に飛び込んできた。
本人曰く、とんでもない大きさの音だtったらしい。
幸い怪我もない、副作用はそんな所だ。

それと僕以外は薬を何飲んでいるか教えてない。
ブログには書くが、両親にも教えない事にしている。
変な心配をかけたくないし、実際にかけることになるからだ。
この前、姉が心配してメールをしてきたが、姉にもこのブログは読んで欲しくない。
メールがけっこう重い内容で、まともに最後まで読むことができなったくらいだ。

一人で治すつもりなのかね?
これまでさんざん迷惑をかけてきたからな。
病院に行った日は、薬が新しくなったか、量は増えたかなどと、母が聞いていくるのだが、これが物凄くイヤ。

これまで沢山迷惑をかけてきて、今後もかけるでしょう。
でも、なぜか薬の事を聞かれるのが嫌でたまらない。
自分勝手なのは分かってる。

一人で治すのは無理なのも承知している。
ここに来て一人で治すと書いているのは、ただの独りよがりなんだろう。
でも、ここまで来れたからこそ、自力でやってみたい気もするのだ。

勝手は重々承知です。
一人でやらせてみてください。
ダメだったらすぐにヘルプを出すので。

« ラジオと鼻歌 | トップページ | あぁ、食い道楽 コーヒーという天敵 »

僕 と うつ病、 闘病記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。