« 独り図書館 電子書籍デビューか!? | トップページ | 最近、天気予報当たりませんよね? »

2012年8月 2日 (木)

僕と うつ病、闘病記 生きてる意味なんて無い

人は何故生きるのか?
体力的なピークは20代で過ぎ、あとは落ちぶれていくだけななのにだ。
知識は若い人には負けないかもしれないが、それを有りがたく聞いてくれる若者も少ないだろう。
やり残した事があるっていっても、現実的な事じゃなかったり、金銭的に無理だったりする。
じゃぁ、なぜ生きるのか?
何が楽しいのか?
ただただ何となく生きているだけではないのか?
生きていても何も楽しくないし、自分が生きている事に罪を感じる。
僕のようなゴミは早く消えてしまった方が、世の中の為になるだろう。
この話を読んで、まさ爺に救われてるや、生きている意味があるとコメントをくれる人もいるかもしれない。
でも、僕は自分が生きている意味が見出せない。
弟の一件が無かったら、僕は死んでいたのだろうか?
のうのうと生きているような気もする。
反吐がでる。
早く死ねばいいのに。

« 独り図書館 電子書籍デビューか!? | トップページ | 最近、天気予報当たりませんよね? »

僕 と うつ病、 闘病記」カテゴリの記事

コメント


まさ爺さん、こんばんわ。

まさ爺さんの言ってる通りかもしれません。(前半部分)
人間の本当の寿命なんて30才過ぎ。今は薬やなんやかんなで人工的に寿命のばしてますからね。
スッゴく昔みたいに生きるために働いて15才くらいで結婚出産。こどもが結婚するころに寿命でしぬのが幸せだと思います。
誰の為とかではなく自分が生きるために生きるのが理想です。
だって大抵の人が亡くなったって周りは悲しむけど世の中は変わりません。
そんなちっぽけな存在なんですね。

あと、決まり文句ですが死にたくなるのは病気が思わせてること!
これは自分に言い聞かせるためにいいました。

実は私も、今同じ考えで頭ぐるぐるでした。
とりあえず、明日のことまでしかかんがえません、

まさ爺さんも考えるのはほどほどに……

まさ爺さんこんにちは。
生きる意味。人類の永遠のテーマですね。
たぶん納得のいく答えなんてないと思います。

でも死ぬなんてもったいない。
私はずっとバカになりきれず人生を楽しめていませんでした。
人の目を気にしたり自分に都合の良い正義感を理由にして逃げたりしていました。
今でもそうですが。
だから今の目標はとことんバカになって人生を楽しめるようになることです。
もっとワガママになっていいんだと思います。
自分を責めることができる人はワガママになればとても人生を楽しめると信じています。

人生を楽しんでる人も、寿命が来ても死ぬのが嫌だって人もこの世の中には沢山いるだろうね。反対に生きる希望もなく死にたいと思ってる人も沢山いるだろうね。
有難い事に将来に不安も感じない変わりに期待も持てない。若い時にやりたい事はやりつくした
病院に通ってる間は死ねないので(商売とはいえ一生懸命診てくれてる先生達に申し訳なくて)いつも言ってるみたいに総ての治療を止めて何の薬も飲まず好きなもの食べてたら私の場合確実に死ねます。死ねたらいいけど下手したら夫に迷惑をかけながら生きなきゃならないのが申し訳ないので病院に通ってます。
自殺未遂をして誰かに物凄心配かけるくらい自分を表現出来たら…なんて卑怯な考えも過ります。

考えるときりがありませんが考え過ぎると良くない事は事実です。
そのうちイイ事もあるよ!なんて無責任な事は言えません。今はご両親やブブちゃんの為に“生きて”

ふゆみさん、こんにちは。
あまり考えないようにする。ですね。
難しいですが、やってみますね。

shiroさん、こんtにちは。
少しは自己中になっても、僕らの自己中なんてたかが知れてますよね。

M-soさん、こんにちは。
ブブ彦のために生きないとね。
でもブブう彦がいなくなったら、どうなるんだろう?って考えてしまいます。

苦しいよね
悲しいよね
俺も早く解放されたい

なのになんでだろ
もう少しだけそばにいたい人がいる
そんなことは絶対言わないけどね

ろくでもないよこんな世界

せーさん、こんばんは。
もう少しだけそばにいたい人がいるか・・・・・・・・
いないいかも・・・・・・・
代わりに、あと少し食べたい甘い物があるかも、
生きる理由はそれぞれですなぁ。

はじめまして。まさ爺様。
毎日ブログ、寝ながら携帯から読んで心の支えにさせてもらってます。

昨年夏にうつを発症しました。苦しい毎日です。消えてなくなりたい。そう願って寝るのに朝が来てしまいます。
私は今小学生の子どもがいるから生きてます。家事は出来ず寝てばかりでも洋服選びの相談位は乗れるからまだいようと思ってます。
今は生きているだけでいい、自分に言い聞かせる綱渡りの日々です。この命は大して価値がないけど周りに必要としてくれる人はいるからもう少し生きようと。

まさ爺さんもご両親の宝物です。生きていてください。存在しているだけで充分価値があります。
でも苦しいですけど。
いつかいつかここから抜け出せる日が来ますように。

とっぴんばらりさん、はじめまして。
毎日ブログを読んでくれているなんて、すごい人がいたももんですね。
時間が有ったら、コメント書いて下さいね。

僕はこんな状態なので、子供は作りませんでした。
そして、嫁に見限られて、一人になりました。
嫁には嫁の人生があるのですから、一人で生きるっていう選択肢も正しいのかも、と思っています。

僕を必要とする人ですか。
ただいないと寂しいだとか、その程度だと思います。
絶対に必要という事は無いと思います。
生まれてくる事は選べないのだから、せめて死ぬ時は自分で選びたいと思います。

この記事へのコメントは終了しました。

« 独り図書館 電子書籍デビューか!? | トップページ | 最近、天気予報当たりませんよね? »