« 丘サーファー、海に戻る | トップページ | ポイントは限られている »

2012年9月11日 (火)

僕が丘サーファーになった理由

病気になって、仕事を辞めてから、2つほどバイトをしたことがある。
どちらも長続きしないですぐに辞めてしまうのだが・・・・

一つ目は、セブンイレブンでおなじみのブリトーを作る工場勤務。
流れ作業で、チーズを延々と乗せ続けました。
3交代制で僕は深夜のシフトに入った。
すると吐き気に襲われました。
消毒や手洗い、何十もの衛生チェック、目だけしか出ない作業着が恐怖になったのか?
下を6時間も見続ける事が首に負担になったのか?
(僕は背が高いから、おのずと真下を見る事になる)
仕事自体ができるほど病気が回復していなかったのか? は分かりません。
謎の吐き気は原因が分からないまま、辞める事にしました。
2日で。

次に始めたのが、またセブンイレブンなんですが、配送の仕事。
コンビニに行くと、たまにカートにお惣菜やパンなどを乗せた人が、店内に入ってくる時ってありますよね。
あれです。
配送センターで荷物を乗せ、それを10店舗以上を周って、置いていく。
いきなり1人では無理なので、ベテランの人とチームを作り、道を覚えていく。
これは研修が終わる直前。
一人で全てやる事になる直前に、体が動かなくなって、バイトを辞める事にしました。
バイトの時間が近づくと、怖くなり、布団に包まってました。
何が怖いのかは自分でも分かりません。

この2つのバイトを紹介してくれたのが、サーファー仲間のKさん。
普段は元気そうにしているから、バイトもできるだろうと思ったのだろう。
Kさんもこの時セブンイレブンの配送のバイトをやっていて、仕事内容から、一人で気楽に店を周ればいいのだから、僕に向いていると思ったようだ。

Kさんには何も言わずに、会社に電話して一方的に辞めてしまったので、僕を紹介したKさんには、迷惑をかけてしまったようです。
僕が担当するはずだった困難なコースを、Kさんが責任を取る形で、担当する事になったそうです。
それまでKさんは楽なコースを担当していたので、そこを怒っているようでした。

メールのやり取りでは、Kさんはうつ病がどういう病気なのかは知っていましたが、どういう症状で、どこまでできるかなどの知識は無かったような印象だった。
Kさんは親切でやってくれた事なのでしょうが、配送のバイトなどは僕の意見も聞かずに、勝手にやるやらないも聞かないで、面接の日時を決めてきてしまうなど、暴走気味な所もありました。

メールででもいいから、辞める事で迷惑かけるけどよろしく とでも送れば違う結果になったのかもしれません。
とにかく身体が重くて、メールも打てないし、もちろん、謝罪に家まで行く事も無理だったんです。
友人とはそれっきり、サーフィンもやめて、引きこもりです。

Kさんと離れる事になり、僕の病気も安定していくのですが、また海で再会する事になると思うと、精神的に来る物がありますね。
いまだに、Kさんが怖い。
どうなることやら。

海で会った時に謝罪するか、こちらからKさん宅にお邪魔して、謝罪するか?で今迷っています。
あの時できなかった事をやっとやろうと思えるようになったのです。

勝手に仕事をさせられたんだから、勝手にやめても文句は言えないだろう。という考え方もあります。
しかし筋は通せよという気持ちもあります。

どうしようかな・・・・

再会したら、仕事なにしてるんだ? と絶対に聞いてくるに決まってます。
無職と言えば、どういう表情をするのやら・・・・・
まだ親のスネをかじっているのか、なさけない奴め。という顔はすると思う。
まぁいいや、嫌な思いをするのは最初の1回だけ。
そこを乗り越えればなんとかなる。 かな?

« 丘サーファー、海に戻る | トップページ | ポイントは限られている »

まさ爺のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

名無しさん改めひとみと申します。
なんとか、浮上して来れました。まさ爺さん、助けてくれて本当にありがとう。
沈んでいる間、まさ爺さんのブログを順番に読ませていただきました。
わたしにはまさ爺さんの言葉、記事すべてが驚くほどすんなり心に溶けていきました。

「でも死にたい気持ちがゼロになったわけじゃなくて、生きようと思う事の方が強い状態なだけなんです。」というまさ爺さんの言葉、私も同じです。出来ることなら、治りたい、治らない自分がもどかしい。私には夫だけが病気の理解者で、いつも助けてくれて、夫のためにも良くなりたい。悪くなるとまた夫に心配をかけてしまうという気持ちがまたストレスになっていたようです・・・。難しいな・・・。

あと、友人の件ですが、まさ爺さんは本当にその人に謝りたい??

私は中学時代に自分をいじめた子から、フェイスブックで友達申請を受けて、大人になったんだから許そうと、友達になりました。でもやはり心がもやもやして、結局その子の記事を見るのも嫌、何が友達だ!許すことは出来ない・・・と思いました。
そんな自分が嫌で、また落ち込みました・・・。すごく悩んで、済んだ過去は捨てようと思いました。「許さなくてもいい」そう思うようになりました。

まさ爺さんも、その人に会うのは嫌だろうけど、無理して会話すること無いと思います。私は、まさ爺さんに思いっきりサーフィン楽しんで欲しいな!!

文章へたくそでごめんなさい。
まさ爺さんは、素敵な人です。

そっか!そうだね、難しい山があったんだね…

サーフィンがしたいと言う気持ちを大切にして、その為には やっぱり一度謝罪すべきかもね。
Kさんの暴走はあったにせよ多分その人は良かれと思い紹介してくれたバイトだろうし。今回のまさ爺のブログを読んでたら当時の正直な気持ちが伝わってくる。それは私も病気だからかな?ココロを込めたら気持ちは伝わると信じてる。相手が理解してくれなくても謝ったと言う事で自分のココロは少なからず晴れるはず!
今、お仕事をしてない事も気になるね…解る解る。私は“専業主婦”や“親の介護”と言う逃げ道があるからいいけど男性の場合はヤハリ気になる所でしょうね。
難しいけど、海に行って会った時に「あの時はゴメンなさい。当時は思い悩んで苦しくて何も出来なかった。でもやっと外に出れる様になり大好きなサーフィンをしたいと思える様になりそしてKさんにあの時の事を謝れます。ゴメンなさい」みたいに謝ったらKさんも快く思うんじゃないかな?その後Kさんが元の様に仲間になるか また別の仲間が出来るかはその時次第!
って。人には言えるんだよねぇ~
私は幸い手紙派なので謝りごとは大概手紙です。ズルいね…

海がまさ爺を待って

ひとみさん、こんにちは。
返事待ってましたよ。

旦那さんが理解者なら、それは最高な事ですよ。
他人がどう言おうと、関係ありません。
旦那さんが気持ちを理解してくれるんら、それで、すべてOKです。

謝りたいかどうかですが、会わないで済むならそれが一番良い。って考えで、謝りたくない。
勝手にやらされた仕事とはいえ、迷惑をかけたのは事実なので、そこは謝るべきかと。
でも、謝った後は、つるまないつもり。
海で会っても挨拶する程度でしょうね。
もう距離は近づきません。


M-soさん、こんにちは。
やっぱり大人ですからね。
会っても無視はまずいですよね。
大人の対応をして、大人の距離感で適度に離れようかと思います。
大人って大変だなぁ・・・・

前回のコメント


海がまさ爺を待ってるゼ!


で終わりたかったのですが…変な所で切れちゃっててf^_^;
大体、毎回、私のコメントは長すぎるんだね…すいません(^_^;)


大人の距離感。すんごい解るよ。でもそこの所を誤解される事が多いよねB型って…メチャクチャ好きな人にでも適度な距離感を持つから“本心が読めない”とか言われる。だいたいツルムの嫌いだしね“仲間”は大切だし楽しいと思うんだけど独りでも楽しめちゃうんだな(^w^)

ほら、また長くなった…ゴメンね

Mーsoさん、こんばんは。
長いコメント大歓迎ですよ。

謝罪して、和やかな雰囲気になってもいいし、あれから8?9?年経っているのに、まだ無職で親のスネかじってんのかと、呆れられるのもいいです。
どっちになっても、挨拶を交わす程度の付き合いにしますから。

波を待っている時、波の音しかしなくて、ゆっくりと揺られて、癒されるんです、サーフィンって。
癒されに行っているのに、人間関係でドロドロしてるのっておかしいじゃないですか。
上手に謝罪しないとね。

この記事へのコメントは終了しました。

« 丘サーファー、海に戻る | トップページ | ポイントは限られている »