« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月の31件の記事

2012年10月31日 (水)

コタツを出しました

1週間ほど前に、コタツを出しました。
僕は暑いのは我慢できるけど、寒いのは耐えられません。
四季の中で好きなのは夏。
苦手なのは当然冬であります。

季節はすっかり冬になり・・・・ って今は10月末なので、まだ秋なのですが、僕の中では冬になったくらいに寒いのです。

11月は冬。
12月も冬。
1月、2月は本格的に冬。
3月はまだまだ冬。
なのであります。

もうねぇ、まだ10月だと言うのに、コタツから出られません。
ブブ彦の散歩も、コタツに入ったまま行きたいくらいです。
背負い込めるコタツを開発してくれる人がいたら、大ヒットするはずです。
でも見た目が悪いかな?
亀仙人のじっちゃんみたいになってしまうし・・・・(笑)

コタツはダメ人間製造機。
早くもコタツから出られないダメ人間が、今年も登場ですw。

2012年10月30日 (火)

僕と うつ病、闘病記 ありがたい距離

随分と書くのが遅くなってしまったけれど、NHKでうつ病特集が放送されました。
うつ病の番組は別に珍しい事ではなくなりましたよね。
結構な頻度でうつ病特集をやっています。
それだけうつ病で苦しんでいる人が多いという事なのでしょう。

こういう特集の番組が放送されると分かると、パソコンで録画するようにして、一人自分の部屋で見るようにしています。
と言うのも、僕の病状に対して、両親から口を出されたくないからです。
うつ病特集を親と一緒に見る事になると、アレコレ言われてしまうから、一人で見るようにしています。

自分の子がうつ病になり、苦しんでいるならば、何とか助けてやりたいと思うだろうし、何かしら状態を把握したいという事もあるでしょう。
でも僕の場合、できる限りほっといてほしいのです。

病院に行き、薬をもらって帰ってくると、薬がどうなったのか? だけは聞かれます。
薬の量が増えた減っただけ、簡単に報告します。
病院で何を話して、何を言われたかなどは言いません。
僕が病気の話をするのが嫌だという事は、なんとなく両親も分かっているみたいです。

これくらいの距離感が、とてもありがたいです。
何も聞いてこない事で、僕の居場所が出来、安心して病気と向き合う事ができます。
両親は本当は僕の事をきちんと聞きたいと思っている事でしょう。
それを我慢して、僕の回復をじっくりと待っていてくれる。それだけでどれだけ僕が救われていることか。

そういう親の気遣いが分かるからこそ、早く病気に打ち勝って、恩返しがしたいと思っています。
今、僕にできる事と言えば、薬をきちんと飲んだり、規則正しい生活をすること、あとは、なるべく外に出るようにする とか、ちょっとした事だけ。
まったく恩返しはできてません。
早く社会復帰しなくては!と気持ちは焦りますが、薬を飲むくらいしかできない。

だから薬を切らしてしまうなんて、もってのほか。
でも体が重くて病院に行けない。
あぁ、まったく前進してないです。

2012年10月29日 (月)

寝ているのに、起きている!?

眠りながら起きてる事ってありませんか?
僕結構やるんですよね。

寝ていて夢を見ているのだけど、あぁコレは夢だからこういう行動をしても大丈夫。
夢だからあんな事も言っちゃったりしても大丈夫。 って計算してるんです。
ズルイ男です、ちっちゃい男だとも思います。

そんな言動をしているもんだから、夢の中で追い込まれていくんです。
そうするとやっぱりズルイ男だから、「じゃ、そろそろ俺起きるわ。」と言って、夢を強制的に終わらせて、目覚めてしまうのです。
う~ん、リセットボタンを押している気分。

で、起きた後に、あんな事を言ってしまったと後悔します。
夢なんだから、誰にも迷惑はかけてないのですが、身勝手な行動をとってしまったと反省。
体はだるくて、疲れは全然とれません。
夢は眠りが浅い時に見るそうですが、半分起きているというのは、さらに浅い眠りになっているって事なのかな?

もっと楽しい夢が見たいのです。
夢を見る事を途中でやめて目覚める事はできるけど、どういう夢を見るかは選べません。
そう、何か美味しい物を食べている夢がいいです。

2012年10月28日 (日)

デジ物コバナシ 裏話 (名前を変えました&プチこだわり)

畦道通信というブログ名が読めないと指摘がありました。
昔、友達に「蛙(カエル)じゃないし、何て読むの?」とは言われてました。
言われてみれば“畦道通信”と漢字4文字で、ちょっととっつきにくいかな、冷たい印象を与えるかな、とも思えてきます。
ブログの中身は、読んだ人なら分かるとおり、グダグダなんですけどね。

一度「畦道通信(あぜみちつうしん)」 という書き方に変更したのですが、どうもシックリ来ない。
そこで「畦」の字だけをひらがなにして「あぜ道通信」としました。
スッキリしたし、読めない人もこれならば大丈夫でしょう。

前の書き方でもそうだったんですが。
「畦道通信」「あぜみち通信」「あぜ道通信」で検索すると、農業関連のサイトが表示されます。
それらのサイトよりも、上の位置に表示されるように、皆さんにリピーターになってもらえるように頑張ります。

もう一つ、ブログの裏話を。
ここ半年くらいは、毎日のアクセス数が250~350くらいあります。
アクセス数が増えるは、0時、15時、18時頃です。
僕的には、0時に来てくれる人は、更新を楽しみにしている人だと思うので、やりがいがあります。
おやつの時間にアクセス数が増えるのは、僕の影響でしょうか?w
おやつを食べながら、あぜ道通信を眺める というのが、まったりして良いのかも。

あと、細かいこだわりとして、w( ̄◇ ̄)wのような、顔文字は使わない というのがあります。
あとは、wobblycake とかの絵文字も使わないようにしています。
なぜかというと、文章だけで勝負したいからです。
書いても、wとか(笑)だけですね。
コメントには、たまに顔文字を使ったりしますが、そこは本文じゃないので、良いかなと。

もっと面白い話を書かなくては!
そして、毎日の更新を絶やさないようにしなくては!
気合入れなおそうっと。

2012年10月27日 (土)

ブブ彦日記 きな粉ウマ、黒蜜ウマ、信玄餅の誘惑

20121027僕が病院に行く事になり、ブブ彦は母が帰ってくるまでの1時間半の間、一匹で留守番する事になりました。

母が言うには、帰ってきたら、部屋中ゴミだらけになっていたらしい。
どうやらゴミ箱をひっくり返して、中に捨ててあった信玄餅の容器や黒蜜が入った醤油入れのような物を舐めていたみたいです。
ゴミ箱をひっくり返すなんて事は今までやらなかったので、ちょっと驚いてます。

病院から帰ってきて、この話を聞いたのですが、現行犯じゃないので、ブブ彦を怒る事ができません。
ゴミ箱がある部屋で一匹にした僕の責任です。
今後ブブ彦を留守番させる時は気をつけよう。
そう思ってこの日は終わったのでした。

翌日。
散歩に行くと、ブブ彦はいつものようにウンチをします。
すると、ウンチに赤い塊が!
真っ赤なので、出血したのか、また腫瘍が取れて出てきたのかと思って、マジマジと観察すると・・・・
黒蜜が入っていた醤油入れのキャップでした。
なんと昨日ゴミ箱をあさった時に、舐めるだけではなく、飲み込んでいたとは!
ウンチをしおわって、その場を後にしようとするブブ彦の後姿を見て、また気付きました。
ブブ彦のお尻の穴から、2センチほどの何かが垂れさがっている。
近くに生えていた雑草の葉っぱを使って、それを掴み引っ張ってみると、垂れていた物が現れました。
長さ15センチほどのビニール。
信玄餅の包装ビニールだったのです。

黒蜜のキャップだったら、密が付いているから食べてしまうのは分かるんだけど、ビニールは何の味も臭いもしなかったはず。
何故食べた・・・

とにかく、体内で詰まったりしなくて良かったよ~
いやしい犬は健在だった。

2012年10月26日 (金)

僕と うつ病、闘病記 やっと行けました

やっと病院に行く事ができました。

薬が切れてから2週間、薬を飲まなくても、死にたくなったり、病気が悪化する事がなかった事が不思議。
どうして平気なのかを先生に聞いてみたが、「ラッキーなだけだった」と言われる。
病気は治っている と言われるわけはないと分かっているつもり。
でも、薬の助けがあまり必要じゃなくなってきている くらいは言ってくれても と思っていた自分がいます。
病気が悪化しなかったのは、たまたま体調が良い波に当たっただけだったようで・・・
同じような事を以前も先生に言われてたっけ。
本当に薬が必要になるのは、社会復帰したときだ と。

悪化してから薬を飲んでも、効きだすのに2週間かかるので、なるべく薬は切らさずに、早く病院に来るようにと、ごもっともな事を言われてしまった。
まだまだ薬は必要という事でした・・・・・

その他には、病院に行かなくてはと思えば思うほど、体が重くなり起き上がれなくなってしまうとも伝えました。
この話について、先生何て言ってたかな? 良く覚えてませんが、特に何も言わずに、話を聞いていたような気がします。

薬に変更は無し。
朝:セレネース3mg、アキネトン1mg
夜:セレネース3mg、アキネトン1mg
就寝前:リーマス200mg3錠、ジプレキサ10mg、ハルシオン0.25mg

ブログの常連さんたち、心配かけてゴメンよぉ~

2012年10月25日 (木)

あぁ、食い道楽 料理の鉄人、復活

料理の鉄人が復活するそうですね。
今週の金曜日からです。
以前は23時からでしたが、今回から20時の放送になります。
当時から、その面白さは認められていましたが、そうですか、ついにゴールデン進出ですか。

なんと前料理の鉄人から13年も経ってしまったそうですが、当時の様子はハッキリと覚えています。

緊張感のある真剣勝負、手際の良い料理人たちの動き、美味しそうな料理、主催の決め台詞。 どれも懐かしい。

初回は2時間スペシャルだそうです。
新鉄人の紹介などで盛り上がる事でしょうね。

主催の新しい決め台詞もあるそうで、それが気になります。
毎週見るぞ。

2012年10月24日 (水)

あぁ、食い道楽 永井食堂に飛び込んだ

群馬県渋川市にある、永井食堂に行ってきました。
モツ煮込みで有名な店で、自称「日本一のモツ煮込み」。
どれほど美味しいのか気になり行ってみる事にしたのです。

永井食堂までは、茨城の我が家から、車で3時間の距離です。
山道にあるチェーン装着場のようなスペースに、小さなお店が建っています。山の中に突然現れ、びっくりします。
駐車場は車でいっぱい。
雨が降っていましたが、永井食堂では、すでに行列ができてました。

店はカウンターのみ。
席数は20席くらい。
とても狭いですが、席の後ろは全て、ガラスの引き戸になっていて、お客さんが席を立ったら、その後ろの戸を開けてすぐに座れるようになっているので、思ったよりも狭さは感じません。
カウンターのみなので、座るのも楽、食事を提供する側も歩き回る必要は無し、お会計もその場でするというシステムなので、狭さを逆手に取った感じ。

メニューは数種類あるのですが、全てのお客さんがもつ煮定食を注文するようです。
そうそう来れる場所じゃないので、もちろんもつ煮定食を注文します。
注文から1分ほどで、料理が出てきたでしょうか。早い。
ビックリしたのは、ご飯の量。
とんでもなく多い。
大きめ(小さな丼サイズw)の茶碗に、こんもりとご飯が乗っている。
食べきれない・・・ 見た瞬間に思いました。
周りを見ると、男性なのに、半ライスを注文する人が続出。
で、半ライスの量もチェックしたのだけど、それでも、一般の茶碗でよそるご飯の大盛りくらいはあります。

さて、なにはともかく、最初はもつ煮を食べます。
ニンニクが効いてます。
後から辛味もします。
そして濃厚です。
もつ煮は母が作った物しか食べた事がありませんが、その母も他では食べた事が無いとの事で、このパンチの効いた味に戸惑います。
もつ煮にはレンゲが付いていて、スープも飲みなさいという事みたいです。
スープは美味しいかったです。

店を仕切っている、女性がとても感じが良く、お客さんにチョクチョク話しかけています。
僕は、ご飯を残しちゃダメだからねと言われました。
かなり苦しかったけど、言われてしまったので、なんとか食べました。
これだけのボリュームがあり、580円? もつも美味しいし行列ができるわけです。
持ち帰り用(通販用)も用意されていて、5袋買って帰るつわものもいました。
1袋3人前なので、15食分になります。 すごい。

開店率がとても良く、次々にお客さんが入れ替わります。
僕も15分くらいしか席に座ってなかったようです。

すぐに、車に乗り、また3時間かけて、家に帰ったのです。
身体は疲れたけれど、美味しい物を食べて心は充実です。

今度家でもつ煮込みを作る時は、永井食堂の味を参考にしてみます。
美味しかった。

2012年10月23日 (火)

独り図書館 高田郁 みをつくし料理帖、読み終えました

みをつくし料理帖を読み終えました。
読み終えたと言っても話はまだ途中なんですけどね。
現在までに7巻発売されていて、その7巻まで読んだと言う事です。

これから読む人もいるかもしれないので、ネタばれは書けませんが、いやぁ~面白い。
面白いっていうのは、ちょっと違いますかね。
面白いと言うと、好奇心の色眼鏡で見てしまうようなニュアンスがありますから。
心があったかくなると言えば良いでしょうか。
タイトルからも分かるとおり料理が絡んでくる話ではあるけれど、登場人物が皆魅力的で、人情が織り成す話はとても心地よく、本を開くと帰る場所に帰ってきたと言うような感覚になります。登場人物から「おかえり」と言われるような。

それにしても、この後の話はどうなってしまうのでしょうか?
かなり続きが読みたい所で終わってしまいました。
ファンからのハガキに対し作者が答えるあとがきに、どうしても1冊出すのに半年かかってしまうとありました。
1年に2冊しか出ないという事。
う~ん、早く続きが読みたい。

作者によると、最終話の最後のシーンまで、すでに決まっていて、何巻にどういう話を書くかも決まっているそう。
全部で何巻まで続くとは明言してなかったけれど、人気が出たからもうちょっと話を延ばそうとかいう事は無さそうです。
果たして最後はどういう終わり方をするのか。
登場人物全てが、幸せになれればいいのですが・・・

一日のうち、ちょっとだけでも時間があるという人は、第1巻だけでも読んでみる事をオススメします。
絶対にハマると思うし、後悔はしないと思う。
字も大きくて、読みやすいですよ。

みをつくし料理帖 第○巻 とか書かれてませんのでご注意を。
第1巻は「八朔(はっさく)の雪」というタイトルなので、本屋で慌てないように。
多分「みをつくし料理帖シリーズ」と宣伝されているコーナーがあると思います。
是非是非読んでみてください。

星5つ満点で
☆☆☆☆

2012年10月22日 (月)

ダイエット奮闘記(プチ) いきなり痩せました

体重が落ちました。
前回から1.5kg減の67.4kg、体脂肪率22%。

前回、体重が落ちないと書きましたが、落ちない理由が分からない。
そして、今回はなぜこんなに落ちたのか、また理由が分からない。
運動はしてないから、食事が全てなんだけど、食事の量に変わりは無いので本当に理由が分からない。

今の食事は、朝食昼食は無し。
夕食は、半半ライスに、味噌汁、おかず少々。
食べてないようだけど、おやつにどら焼きを食べたりしています。

フラフラになったりはしてないので、このペースで行こうかと思う。
ご心配なく。

2012年10月21日 (日)

あぁ、食い道楽 ケーキが来るとジャンケンが

ケーキの話になって、ふと思い出しました。
当たり前になりすぎて、何とも思わなくなっているのですが、我が家は昔からケーキを買う時に、人数分全て違う種類にするのです。
わざとそうするのです。

当時、5人家族だった我が家は、ケーキを買ってくると、まずテーブルの中央にケーキの入った箱を置きます。
次に箱を開け、ケーキを全員で覗き込み、ケーキを買ってきた人から一個一個どういうケーキかの説明を受けます。
各人お目当てのケーキが心の中で決まると、ジャンケンが始まります。
3人兄弟だったわけですが、お姉ちゃんだから我慢しなさいという事も無かったし、末っ子が泣いてあれが食べたいという事もありませんでした。
親も子も性別も歳も関係なく、ジャンケンをする。
これが一番平等なのです。
兄弟間で一つの物を取り合うような事は一度も無かったはずですが、いつからかジャンケンで優先順位を決めるというのが、我が家の習わしとなっていました。

ジャンケンに勝った人から、お目当てのケーキを取っていき、ビリになった人は黙って残り物を食べねばなりません。
文句を言ってはいけないのです、負けた自分が弱いだけなのです。
家族全員がジャンケンを楽しみ、勝ち負けとそれについてくるケーキに一喜一憂したものです。

弟は亡くなってしまいましたが、ケーキを買ってくる時は必ず弟の分も買ってきます。
姉は嫁ぎ、Y家は両親と僕だけの3人家族になりましたが、ジャンケンは健在。
ケーキやコンビニスイーツを買ってきた時は自然とジャンケンが始まります。
弟はジャンケンには参加できないので、誰も選ばなかった最後のケーキを位牌の前に供える事になります。

誰よりもケーキが好きだった弟が、一口もケーキを食べてくれない。
この事を考えると、ケーキを供える時に辛くなりますが、舐めてでも食べてくれていると思うようにして、自分のケーキにフォークを入れます。

一口ケーキを食べれば、弟の事など忘れ、アレコレ品評が始まります。
これは美味しい、これはイマイチ、前の店のが旨い、これは甘すぎる などそれぞれ独り言のように意見を言い出し、一口くれだの、交換しようだの始まります。
イマイチなどと言っておいても、残す人はいません。
ケーキについてアレコレ言っている両親に、鎧塚さんの店で食べた物をアレコレ言っている自分と重なり、苦笑いです。
血ですかね。

これからもケーキは買い続けるだろうし、ジャンケンも3人で続ける事でしょう。
我が家の伝統です。

2012年10月20日 (土)

あぁ、食い道楽 なかなか当たりに出会えない→らーめん

義理の兄貴が、ラーメンジャンキーで、週に3回はラーメンを食べるようです。
行ける範囲の、あらゆるラーメン屋を食べ歩いているのですが、僕はそこまでラーメンに熱くなれません。
食べ歩きするなら、ケーキ屋だと思っているような自分です。
ラーメン好きな人がこの話を読んだら、異議アリと突っ込みたくなるでしょうが、ラーメン素人の戯言だと思って、読み流して下さい。

関東地方でとんこつラーメンというジャンルは確立したのは、何年前なんでしょうね。
福岡では、ラーメンと言えばとんこつ だったのでしょうけど、昔は関東では食べられない物でした。
関東地方にとんこつラーメンが登場したのは15年前くらいからでしょうか。
ウィキペディアで調べれば、きっと詳しい事が分かるでしょうけど。

東京に住んでいた頃、珍しいとんこつラーメンの店に入った事があります。
完食はしましたが、また来ようとは思わない。
しばらく経っても、あぁあの味が恋しいとはならない。
最初に書いたようにラーメンに熱くなれない人なのである。

その後、魚介系というジャンルが加わり、またラーメンを食べに出かけました。
鶏や豚からとる出汁しか知らないわけですから、このジャンルには驚きました。
しかしそこはラーメンに熱くなれない男。
また食べたいとは思わないのであった。

そもそも、僕はラーメンの何味が好きなのか?という事ですが、今はとんこつ醤油とか、わけの分からない立ち位置の店が増えました。
そういう事は、とりあえず置いておいて、単純にコレ といえば、塩ラーメンが好きなのである。

塩ラーメンを売りにする店が少ないのは、作るのが一番難しいからである。
透明な澄んだスープで、なおかつ旨味がなくてはいけない。
とんこつのように煮込めば良いという物ではないのです。
料理人の腕が一発で分かってしまうのが塩らーめん。
次々に開店するらーめん店に塩ラーメンをやる店が無い事からも、塩ラーメンがいかに難しいかが分かります。

美味しい塩ラーメンの店があるならば、通っても良いかなと思えます。
でもそこは、ラーメンに熱くなれない男。
同じお金を使うなら、ケーキを買ってしまうだろう。

ラーメン屋って、比較的簡単に出店できてしまうので、ちょっと修行しただけの人が店主になってお店を開く事が多いようです。
そして、ろくに修行もしてないから、味もイマイチなのでしょう。
次々にラーメン屋が潰れていきます。
そして店名を替え、別のラーメン屋が開店する。
そんな事ばかりです。

ラーメンを食べ歩かない理由の最大の要因は、食べても食べても、美味しい店が無いからである。
都会のラーメン激戦区のような、レベルの高い店が集まる地域ならともかく、田舎ではポツポツとラーメン屋があるだけ、そして美味しくない とくるからやってられないのである。

やっぱり僕はケーキの方が良いのです。

2012年10月19日 (金)

デジ物コバナシ セキュリティソフトで大誤算

パソコンのセキュリティソフトを更新する時期になりました。
別に時期とか無いのでしょうけど、初めてソフトをインストールしたのが、この頃なので、毎年この時期になると、更新を迫られるのです。

毎年、どのソフトを入れるか迷うのですが、口コミや、総合力で判断しても、ノートン、インターネットセキュリティにするのが恒例。
今年もと電機屋に行き、ソフトを買ってきたのだが・・・

上手くインストールできない。
全部でパソコンが3台ある我が家。
2台はなんとかインストールできたが、残りの1台が上手くいかない。
ブログ更新やコメントの返信、ネットを見たりメールのやり取りは、この最後の1台でしているので、ネットにつなげないのは致命的。
色々インストールする方法を試したのだけど、機種との相性が悪いらしく、無理だという事になりました。

じゃぁ、どうするのか?と言いますと、この1年間使ってきた、古いソフトを“延長”する事にしました。
もちろん、別料金です・・・

電機屋で買ってきた、3台までインストールできるソフトが6400円。
延長料金が6000円です。
1台だけの延長に6000円って、ぼったくりじゃないか! と叫びたい気持ちですが、1年間使ってきて、快適だったので、安心感を6000円で買ったと思って、堪えるしかないでしょうな。

だったら、最初から延長を3台分買えば、12000円も出費が無くて済んだのに・・・
来年どうしよう・・・
1年も先の事は、考えない事にしよう・・・

2012年10月18日 (木)

孤独な大統領、チーズリゾットを食べる

長い夢を見ました。
僕がアメリカ合衆国大統領になるという物だ。
合衆国大統領なんだけど、同時に宇宙飛行士というありえない設定。

選挙を勝ち抜いていった記憶は無く、大統領就任直後から話は始まる。
大統領らしからぬ大統領で・・・というか僕が国を動かせるわけがなく、側近達の助けを受けて、なんとか大統領という職務をこなしている程度である。
まったくの無能大統領なんだけど、人前に出る時は国のトップ、世界のリーダーを完璧に演じないといけません。

しかし、一度人前からさがると、お子チャマ状態で、また側近達を困らせる子供大統領。
バイクに乗ってSP達を困らせたり。
体育館でバスケをしたりするのだが、みんな僕を大統領としてしか見てくれず、友人にはなってくれない。
バスケをしていても、最後のシュートは必ず僕にボールが回ってくるなど、明らかにおかしな気遣いを感じ、自分は孤独だと感じる日々。
本当の友達などいないのだと、理解してしまうのでした。

チーズリゾットが食べたいと前もって言っていたらしいのだが、それが届く。
大統領が食べたいと言えば、すぐにでも用意されるのだろうけど、何故か冷凍が半分溶けている状態の物が届く。
1週間以上待って、冷凍物である。

透明な真空パックに入ったチーズリゾットを片手に、これをお昼に一緒に食べようと言って周るのだが、海老アレルギーだからと断られてします。
海老など入っていないのに・・・

電話ボックスのような狭さのシャワールームで孤独を感じ、叫びながら出て行ったり、何処までも続くホワイトハウスの廊下を見て、とんでもない所に来てしまったと実感したり、旧友に距離を置かれて接せられるなど、設定は大統領だけど、僕が感じている孤独感を反映した夢でした。

宇宙飛行士の訓練なんかもやったのだけど、体育館の中をランニングするという、そんなんじゃ、絶対宇宙に行けない! という訓練で、今思うと笑ってしまいます。w

あのチーズリゾットはどんな味だったのだろうか?
って、結局は食べる事かい!

2012年10月17日 (水)

ダイエット奮闘記(プチ) ほぼ足踏み状態

体重がなかなか落ちません。
おやつにカステラを食べたのがいけなかったか・・・

バームロールも、ジャム入りマシュマロも、有るのは分かっているのに、手をつけない頑張り。
でも結果がついてこない。
う~ん、何がいけないのだろう?

体重 68.9kg
体脂肪率 20%

前回から、マイナス100gです。
コップ1杯の水を飲んだら、ちゃらになってしまうじゃないか!

厳しい戦いになりそうです。
今年中にサーフィンを始めるのは無理かな・・・

2012年10月16日 (火)

僕と うつ病、闘病記 病院にいけません

薬が切れて3日が経ってしまいましたが、病院に行く事ができません。
薬を飲めない反動で体調が悪くなるかと思いましたが、なんともないし、死にたくもならない、自分を責める事すらありません。
もう病気は治って、何処かに行ってしまったのかと思いましたが、病院に行けない事を考えると、体調が良いのは、自分の部屋にいる時に限られるって事なんだと思います。
こんな無菌室で健康だと思っていてもしょうがないですね。
外に出ないとっ!

明日行くことにしよう、明日こそは行こう と毎日思い続けてダラダラと3日過ぎてしまいましたが、本当に明日行けるかは自信が無いです。
病院へは、車で1時間かかります。
到着しても2~3時間待ちです。

なので、病院に行くには元気がないと行けないのです。
ちょっとでも体が重いと無理なんです。

薬を切らしている状態は、ちょっと危険ですが、昔、断薬実験を勝手にやった事もありました。
あの時もなんともなかったので、薬が切れても意外と平気なんじゃないかと思っていたり。
でも、薬があるにこしたことはないので、なるべく早くに病院に行くように頑張ります。

2012年10月15日 (月)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ ババ

20121015トシ・ヨロイヅカに行ってきたわけですが、お土産にケーキを少々・・・
「まだ食べ足りないのかいっ!」というご指摘、その通りでございます。
本当は4皿プラスお土産にしようと思っていたくらいです。
3皿にしただけでも偉いじゃない???
ハイ、全然偉くないですねw
トシ・ヨロイヅカは何食べても美味しいし、いつまでも食べていたい気持ちになるのです。
それに、お土産を買って帰ると、両親がとても喜びます。
弟の前にも供えてやりたいですし。
まぁ、それらは言い訳ですね。
もっと食べたいというのが本音なのでしょう。

今回買って帰ったのは、数種類あるのですが、僕が食べたのは、「ババ」です。
焼いたブリオッシュ生地をラム酒に漬けたケーキです。
サヴァランと言えばピンと来る人もいるかもしれません。
僕が小さかった頃は、サヴァランは何処のケーキ屋でも売っていたのですが、サヴァランはすっかり見かけなくなってしまいましたね。
美味しいのにどういう事なんでしょうね。
人気が無いから消えていったという事しか考えられないのですが、そうですか、今の人にサヴァランは口に合いませんか・・・

早速、トシ・ヨロイヅカのババを食べてみます。
周りに巻かれているフィルム???(あの透明でケーキに巻かれている物って何て言うの?)を取ると、ラム酒の香りがふわぁ~と僕を包み込みます。
ババを買う時に「こちらお酒が効いてますけど宜しいでしょうか?」と一言いわれます。
どれほどアルコールが強いのか見当も付かないけれど、「いいんですね、本当に」と脅されたような気分です。
念を押されるような、言い方にちょっとビビリました。
酒弱いからなぁ・・・

一口食べてみます。
すげ~ラム酒の量w
フォークを入れるとジュワっとラム酒が出てきます。
てっぺんにはドライ無花果が乗っていて、生地にも無花果が練りこまれているのか、プチプチとした食感も楽しめます。
生地の中心をくり抜いて、そこにカスタードクリームが入っています。

いやぁ~ 酒が強い。
酒を飲んでいるような感覚です。
お酒好きにはたまらない一品でしょうね。
甘さも控え目です。

僕には、お酒が強すぎました。
でも美味しいのは確かです。
こういう大人の味が楽しめない僕は、損しているんだろうなぁ。
酒、強くなりたい・・・

2012年10月14日 (日)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ デザートブルーマウンテン

20121014トシ・ヨロイヅカに行ってきた訳ですが、3皿目の紹介です。
デザート ブルー マウンテンです。

一体ブルーマウンテンとは何だ?と思ってしばらく考えていたのですが、缶コーヒーにブルーマウンテンという物があったなと思い出しました。

思い出したと同時に、今回の一皿が目の前に置かれ、まずは警戒して様子見。

キャラメリゼしたクリームの上にプチシューが4個、その上にクッキー、更にその上に茶色のアイスクリームです。

茶色のアイスを食べると、予想通りコーヒー味。
コーヒー味のアイスって珍しくないですか?
普通コーヒーってデザートなどと一緒に飲む物なので、デザート自体がコーヒーの味ってあまり見かけませんよね。
僕はあまりコーヒーが得意じゃないので、このアイスの味もちょっと苦手。
ブルーマウンテンって最高級?のブランド豆ですよね。
それを贅沢に使っているのでしょうけど、僕は違いが分からない男なのでw このアイスの味を評価できません。

土台になっているシューにも、ブルーマウンテンのクリームが入っているような感じ。
3皿目に食べたという事もあって、もう味が分からない状態だったのかな?
言われてみれば、コーヒーのクリームなんでしょうけど、ちょっと何のクリームなのか分からない僕でした。
温かいソースと冷たいアイス。 デザートライブでしか味わえない組み合わせですよね。

コーヒー好きにはたまらない一皿なんでしょうけど、僕はちょっと苦手でした。
どうして注文する時にコーヒーの事だと気付かなかったのでしょう・・・・
自己責任ですな。

因みに、ドリンクは、コーヒーなわけなく、小田原産みかん?(オレンジ?)ジュースにしました。
果汁100%です。
ポンジュースよりも更に濃い蜜柑の味に、大満足でした。

2012年10月13日 (土)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ 無花果のミルフィーユ

20121013トシ・ヨロイヅカに行ってきたわけですが、2皿目の紹介。
イチジクのミルフィーユです。
コンポートした無花果に、赤ワインのジュレ、カシスのアイスが楽しめます。

カシスのアイスと下に敷いてあるパイ生地を一緒に食べます。
カシスの爽やかさと、香ばしいパイが相性抜群。
パイはスプーンで切れ、ナイフは要りません。
毎度毎度書きますが、鎧塚さんの焼き菓子が絶品なんですよね。
このパイもそうです。
サクサクで、香ばしくて、旨いのです。

パイの下には無花果を半分にカットした物が乗っています。
残りの半分は、4等分にカットして、周りに置いてあります。
僕、無花果が大好きなんです。
手で触ると、蕁麻疹が出てしまうのですが、食べるのは平気。
あのネットリとしたほのかな甘味が最高なんですが、これはコンポートしてあるので、味はしっかりしています。
それはそれで、また美味しい。
赤ワインのジュレとカットされた無花果の相性も良いですね。
コンポートした時に赤ワインを使っているはずなので、相性が良いのです。

無花果をもっと食べたかったのですが、一皿に2個使うわけにもいかないのでしょうね。
それに、もうちょっと食べたいという量が、一番良いという事もあるのでしょう。

来年も、無花果食べるぞ。

2012年10月12日 (金)

あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ ほうじ茶と薩摩芋のスフレ

20121012JOJO展を開催している六本木ヒルズから東京ミッドタウンに徒歩で移動して、トシ・ヨロイヅカに行きました。

13時半くらいに着いたのですが、イートインには、お客さんが一人もいない。
平日とは言え、お客さん、少なすぎだろ と心配したのですが、僕が食べてる間に、次々とお客さんが来店し、満席&外に行列となりました。
良かった良かった。

今回のアヴァン・デセールは、南瓜の冷製スープでした。
南瓜のオレンジ色のスープの上に、ほのかに甘い生クリームと南瓜の種?が乗っている。
一口食べて、納得。 旨いのである。
生クリームが甘いのに、スープの方はほのかにしょっぱい。
絶妙です。

さて、一皿目が到着です。
ほうじ茶と薩摩芋のスフレです。
本当はそういう名前じゃなくて、ちゃんとした物が付いていたのですが、メニュー表を撮った写真が光を反射していて、名前の部分が丁度見えないようになってしまいました。
なので正式名は 不明 です。
スフレの写真は、毎回同じに見えてしまいますねw
熱々のスフレの上を軽くすくい、口に運びます。
うん、ほうじ茶の香ばしい香りが口の中に広がります。
中に進むと、一口大にカットされた薩摩芋の甘露煮が顔を出します。
ほうじ茶の部分は甘さ控え目なのに対し、薩摩芋はしっかりと甘い。
これも和テイストな一皿ですね。
底には、裏ごしした薩摩芋が敷いてあって、これがまた旨い。

あっという間に完食しましたが、スフレって地味なのか、他のお客さんは誰も注文しないようでした。
美味しいのになぁ。

トシ・ヨロイヅカでスフレは、良く食べますが、今回のスフレが、今まで食べたスフレの中で一番美味しく感じました。
鎧塚さん、まだまだ引き出し持ってるのね。
なんだか感心してしまった僕である。

明日は2皿目を紹介します。

2012年10月11日 (木)

JOJO展に行ってみた

20121011jojo今日の話は、JOJOの奇妙な冒険を読んだ事の無い人には、サッパリ分からないと思います。
堪忍して下さい。

六本木ヒルズで数日前から開催されている、JOJO展に行ってきました。
荒木飛呂彦先生の原画を生で見る事ができます。

しかししかし、原画展の話をする前に、書いておかないといけないのです。
会場までの道のりが、非常に分かりづらい。

六本木ヒルズの52階でやっているというので、エレベーターを探すのですが、それが無い。
あちこち見て回ったのですが、オフィスエリアばかりで、立ち入り禁止。
写真のようなJOJO展のポスターはあちこちで見る事ができるし、物販コーナーで何かを買ってきた人がJOJO展の袋をさげてすれ違う。
もう会場に到着できないんじゃないかと不安になってきて、袋をさげている人に、道を教えてもらいました。

すぐ隣のエリアが正解だったのですが、本当に分かりづらいよぉ~
52階へ行くには、3階までエスカレーターで移動し、チケットを3階で切ってもらう必要があったのです。
しかも、地下鉄からの出口は2階に続いていて、出てきた時はそこが地上1階のように感じるのです。
斜面に建っているのか、盛り土をしたのかは分かりませんが、1階のように見せて、実は2階というのが、混乱させます。
開場の15分前には到着できたから、良いのですけどね。

さて、会場に入ってすぐに思った事。
写真撮影がOKならなぁ~ って事です。
いきなり石仮面が飾ってあります。
その他にもプラックの剣、エイジャの赤石、弓と矢、スティッキーフィンガーズで穴の開いた壁、承太郎のディスクを運ぶ伝書鳩など盛りだくさん。
その他にも等身大の承太郎、DIOなど原画以外のお楽しみが沢山。
AR技術を使ったスタンドの戦いが見れるiPadや、杜王町の地図からそこで起きたストーリーを表示するiPadなども用意されていました。
原画も生で見ると迫力満点で、一つ一つをいつまでも眺めていたくなる程でした。
6部の原画は、鉄格子越しに見るなど演出も心にくい。
荒木飛呂彦先生のインタビューやARの展示物を体験していたら、2時間はかかると思います。
最後に物販コーナーに通されるのですが、売っているものをオーダーシートに記し、何が売っているかが一目で分かるのが親切でした。
大友克洋さんの原画展では、物販コーナーは2時間待ちで何が売っているのか、何が売り切れているのかは、店内に入らないと分からないという状態で、買い物を諦める必要があったのですが、JOJO展ではそれが無くて、感心しました。
みんな熱心にオーダーシートに記入していて、次々に写真のイラストが描かれた袋を肩にさげている様子を見て、僕はなんだか嬉しかったのでした。

今までJOJOが好きだという友達はあまりいなくて、「あの独特の絵が苦手」とか言われていたので、世の中にはこんなにJOJO好きが隠れ住んでいたのか! と絶滅危惧種が山奥に行ったら、まだまだ生きていたというような嬉しさがありました。

女性が多いのがビックリでしたね。
男女比は半々くらい。
年齢は20代~30代前半がほとんどでした。

物販コーナーや、エレベーター付近に、JOJOのフィギュアが大量に鎮座していて、お祭り騒ぎでした。

荒木先生、今後も、否、どこまでもついて行きます(笑)

2012年10月10日 (水)

僕と うつ病、闘病記 社会復帰に向けての感覚的な話

相変わらず僕の引きこもり生活に変化はありません。
9年闘病生活を送っていますが、振り返ってみても、何も成し遂げられていないんです。

一番の目標の社会復帰は、いつになるか分かりません。
親の元で、ぬくぬくと生活をしているから、働かなければと思う事が少ないのでしょう。
これが一人暮らしでもしていたら、高い家賃を払わないといけないので、体調が悪かろうが働かないといけなくなる。
弟がそうでした。
僕は長男だからという事をいいことに、甘えた生活を送っています。

感覚的な事ですが、おそらく僕は今働いたら、また病気が悪化すると思います。
病気になった初期の頃より、病状は良くなりましたが、人が怖いのは相変わらずです。
これも感覚的な事ですが、一日3時間くらいで週2回くらいのバイトならできるかもしれません。
就職して、フルタイムで毎日働くのは、まず無理でしょうね。

社会復帰して、その後また辞める事になると、反動でかなり病状が悪くなると思います。
9年かけて準備した事が全くの無駄だったと思い、自分の存在意義を疑う事でしょうから。
何度も何度も働いては辞めるを繰り返すような事になると、どんどん、何をやってもまともにこなす事ができないのだと思うだろうから、病状は悪化するはずです。
だからそうならないためにも、一番最初に何を仕事に選ぶか?は重要です。

病院の先生とこの辺りの話は良く相談しておかないといけないと思います。
先生はたまに、そろそろ仕事でも と言うのですが、僕は無理だと思っているわけで、その辺りの見解の違いは無くさないといけないのかもしれません。
もっと腹を割って話さないといけないのでしょうが、僕はあまり病状を話さないので、元気になったと思われているみたいです。
病状を全て話しておかないと、処方される薬も違ってきてしまうので、もっと先生と話をしないといけないですね。

病状を話すのは、自分の状態状況を認める事になるので、辛い作業になります。
でも、そこを乗り越えてこその、社会復帰なので頑張らないといけません。
今回の話をそのまま先生に言えれば良いのですが、口にするのと、一人で書く事では負担が全然違います。
ブログではありのままの状態をお知らせする事ができるのになぁ。

近々病院に行く事になるので、今回こそは頑張って、先生と話をしてこようと思います。

2012年10月 9日 (火)

デジ物コバナシ 野球がオススメです ってどういう事?

YouTubeで見たい動画を探す。
それが当たり前の世の中になってしまいました。
僕もその一人です。
自分が見た動画の傾向を勝手に分析して、絶妙な所をオススメしてきます。
YouTubeのページを開けば、退屈せずに、フレブルだの、JOJOだの、サーフィンだの、X JAPANだのの動画が次々表示されるのだから、たまらないよね。

しかし今日、いきなりYouTubeが野球の動画を薦めて来た。
誰それが引退しただの、○○の試合だの、全く興味が無い動画ばかりである。

どうしちまったんだいYouTube。
僕を再教育するつもり?
どうしちまったんだいYouTube。
いつも最高のひと時を約束してくれていたじゃない。

しばし画面を睨み、やっと答えが見つかった。
ログアウトしていたのだ。
YouTubeのアカウントを作ると、ログインする事ができます。
先に書いたように、見た動画から好みを分析して、色々な動画をオススメしてくれます。
ログアウトすると、野球になってしまいます。
いつも野球じゃないのでしょうが、この日は野球の日だったようです。

YouTubeのアカウントは、無料だし、お知らせメールが届くような事もなく、本当にただ登録するだけです。
何倍も楽になり、何倍も楽しくなるので、アカウントを作るのをオススメします。

なぜログアウトしていたのかは分かりません。
自分がどこか変なボタンを押してしまったのかもしれないし、一定期間を過ぎるとログアウトする仕組みなのかは分かりません。

とりあえず、ログインし直したら、あっさりといつもの状態になりました。
フレブルだの、JOJOだの、サーフィンだの、X JAPANだのにまた囲まれて、自分の居場所を再確認しました。

お気に入りの漫画や映画のフィギュアに囲まれている自分の部屋に、帰ってきた感覚です。
あ~ ここが落ち着くわ やっぱり。

2012年10月 8日 (月)

あぁ、食い道楽 ペニーレインにて、贅沢なひと時

栃木県那須郡那須町にあるベーカリー、ペニーレインに行ってきました。
TVチャンピョンで優勝した事がある店で、関東では有名な店である。
8時開店で8時半に到着したのですが、数十台停められる駐車場は満車。
店内も人がいっぱいであった。

初めてペニーレインに来た時は遅い時間に行ってしまい、パンはほぼ全て、売り切れ。
焼きたてのパンが並べば、それに群がる人たちによって、すぐにまた空になってしまうという状態。
一日中パンを焼き続けてますが、焼くのが追いつかない。

パン屋の楽しみは、トレーを持って、どのパンにしようかな?と迷う事でしょう。
ペニーレインでその楽しみを味わえるのは、開店から1時間後までに行かないと無理だろうなぁ。

車が渋滞して、車が停められないから、店内に入るまでが、まず試練なのである。
ハンドルを握っている間に、パンはどんどん売れていってしまうという焦りは、ペニーレインでしか味わえないでしょう。

今回食べたパンは、カスタードクリームと林檎が2層になって入っている、アップルパイ。
それと、クリームチーズがたっぷり入ったパイ、の2つ。
店の外のテーブルでカフェ・オ・レと一緒にいただきました。
店外の席は木陰になっていて、朝の清々しい気温の中、美味しいパンをのんびり食べるという贅沢。

犬連れも店外の席では連れて座る事が出来るので、犬が沢山目に付きます。
こういう場所に慣れている、社交的なワンコばかりなので、迷惑する事はありません。

福島の原発の風評被害で、少しお客さんが減った時もあったけど、すっかり元に戻ったようです。

オンライン販売もやっているので、関東以外に住んでいる人にもオススメです。
ペニーレインのHPへのリンクは こちら
オンライン販売のページへのリンクは こちら

2012年10月 7日 (日)

更にボリュームUP、ワフワフ頭を楽しめ

毎度の事で、嫌になっちゃいますが、美容室に予約の電話をかけるのに、数週間かかった。
本来なら、8月に行くべきところでした。
って事は、数週間どころの話じゃないではないか。

そろそろ美容室に行く頃かな? 良し!今電話しよう!。
とはならない。
やっつけ仕事を片付けるように、やるべき事をこなすのは、一生無理なんじゃないかと思う。

さて、毎度の事なんだけど、どういう髪型にするか、全く決めないで美容室に行きます。
今回は、どうしよう。
椅子に座ってから考え出します。
このまま伸ばすのか? カットして小奇麗にまとめるか?
迷いました。
どうしようかと思ったけれど、伸ばす事にしました。
切らずにパーマです。

今の長さが一番、ボリュームが出る頃 と説明があったのですが、どえらい事になってしまった。
南波六太もビックリです。
アフロじゃないのだけど、結構細かめのパーマがかかっていて、フワッフワです。
これからどんどん寒くなりますが、着る物一枚減らしても大丈夫なほどである。
ウルトラライトダウンの帽子でもかぶっているかのよう。

次回美容室に行くのは2ヶ月後、っと言いたいところだけど、どうせまた電話できずに数週間なんてことになるのでしょう。
いや数ヶ月遅れかな?

とりあえず、このワフワフ頭を楽しもうと思います。
あぁ、行動に移すのが、本当に遅い!!

2012年10月 6日 (土)

ブブ彦日記 今年もまた、あの戦いが

20121006秋です。
この時期になると、毎年恒例のブブ彦の戦いが始まるのです。
対戦相手は・・・いが栗(笑)

ブブ彦が子犬の頃から続く、このバトル。
たまたま道に落ちていた いが栗をブブ彦が咥えようとしたのが始まり。
当然噛めば痛いし、肉球でも踏み潰せない。
自分の思ったようにならないこの物体をニブニブの部分で転がすのが、楽しいらしい。
見ているこっちが痛くなるような、転がし方なのですが、ブブ彦は降参せずに、延々といが栗を転がす。
最終的にこのいが栗をどうしたいのか? まったく見えてこないのですが、とにかくブブ彦はいが栗と勝負がしたいらしい。

そして、今年もいが栗を拾ってきて与えると、毎年同じリアクションをする。
痛くて素早く顔を背ける、すぐにまたニブニブで転がそうとする、また痛くて顔を背けるを繰り返し、左右に顔を振っているような動きをする。
それがなんとも面白くて家族の爆笑を誘う。

今年は台風で、まだ青いいが栗が落ちているのを見つけられました。
普通、木から落ちる いが栗は、お腹がパックリ割れて、中の栗が飛び出さんばかりですが、台風で落ちた青いいが栗はまだ割れてなく、完全な球体。
これではブブ彦も噛み付く部分が見つからない。

長く遊んでくれそうな予感です。
ブブ彦、長生きしておくれ。

2012年10月 5日 (金)

ダイエット奮闘記(プチ) 誘惑のカレーを乗り越えて

4度目のダイエットを始めた僕。
前回、ダイエットしているつもりがマイナス1kgにしかなってないと書きました。
その後、問題のカレーを完食し、大盛りの誘惑から解放されました。

最初からやっているダイエット方法に変更は無し。
食べる量だけ気にして、何を食べても良しとする。
カロリーの高い物を食べたと自覚したら、その後の食事を減らして、調節する。
くらいである。

今日体重を量ったら、マイナス2kgです。
4日でマイナス1kgという事になります。

成功した第3部のダイエットでは、もっと食事の量を減らしていたように感じる。
空腹で胃がキリキリと鳴り、空腹を紛らわせるために買っておいた、烏龍茶を一気飲みするダイエットは、ちょっと行き過ぎていたと思う。
まぁ、それくらいやらないと30kgは落とせなかったと思うけど。

とりあえず、夕食はあと気持ちちょっとだけ減らそうと思う。
ご飯の量は半ライスくらいに減らすのは良いけれど、おかずをしっかり食べ過ぎている。
あれをもっと減らせば、良い感じに、体重が落ちると思う。
朝食は食べたり、食べなかったりと、お腹と相談して、その日の朝考えようと思います。

体重 69kg
体脂肪率 21%

目標体重まで、あとマイナス9kg!!

2012年10月 4日 (木)

独り図書館 高田郁 みをつくし料理帖 全巻借ります

先日、TVドラマとして放送された「みをつくし料理帖」が面白く、原作を読んでみたくなったと書きました。
図書館から借りてこようと思ったのですが、隣町の図書館にしか置いてなく、そこから取り寄せる必要があるとの事。
数日して本が届いたという連絡を受けて、借りてきました。

ただ、2巻以降は、他の人が借りているらしく、その人が返却してきてから、また僕の街の図書館に本を運び、それを借りる事になるので、3週間くらいは待たされそう。
いっその事、買ってしまった方が良いのかも。と思っていたら、母が友人に読書好きな人がいたのを思い出しました。

もしや持っているかも?と思って母が電話すると、案の定、最新作の7巻まで持っていると言うではありませんか。
今、図書館から第1巻を借りているわけなので、2巻~7巻までを、その母の友人から借りる事になりました。

これで、最後まで一気に読める! と思ったのですが、僕は本を読むのが遅いのです。
一文字も逃さないように読みたいので、どうしてもじっくり文字を追う事になるのです。
そして、すぐに疲れてしまう。
話の続きは気になるけど、疲れはドンドンと溜まっていき、15分と続けて読むことができない。
こんなんだから、7巻を読み終わるのは、ひと月後くらいになるかも、否、ふた月かかるかも。

でも、面白いので、必ず最後まで読みます。
感想は7巻が読み終わってから かな?
読書好きにはもちろんですが、そうでない方にもオススメです。

2012年10月 3日 (水)

親子揃ってまぁ・・・・

話は2年ほど前にさかのぼるのですが、“閉鎖的な土地柄、「よそ者に通す道はねぇ」”という題名で書いた話があります。
ブブ彦の散歩をしていると、住んでいる場所を聞いていくるオバサンがいて 理解できない という話でした。
(参照:閉鎖的な土地柄、「よそ者に通す道はねぇ」 へのリンクは こちら

田舎ですから、そういう話が大好き。
誰それが何処で働いているとか、誰それが結婚したとか、家庭内がどうだとか、とにかくそういう情報が大好きなのです。

“閉鎖的な土地柄、「よそ者に通す道はねぇ」”でも書きましたが、三方を囲まれ、人が通り抜けるという事が無い土地柄で、部外者に対しての異様な警戒心、好奇心、懐疑心を持っている人種が部落の中心に住んでいるのです。

今日出会った人は、「お姉さんは何処に嫁いだの?」と聞かれた。
いきなりそう聞いてきたのである。
僕が挨拶をした、その返しが、「お姉さんは何処に嫁いだの?」だから、挨拶もできないのである。
しかも会話するのはこれが初めてというから、本当についていけない。
そういうプライベートな事を聞くのって、何回か会話して、お互い馴染んできたらだと思うのだけど・・・
この人は、“閉鎖的な土地柄、「よそ者に通す道はねぇ」”に登場するオバサンの息子である。
50代後半くらいかなぁ。
とにかく、挨拶くらいしようよ。

曖昧に住んでいる土地の名前だけ言って立ち去ったのだが、“閉鎖的な土地柄、「よそ者に通す道はねぇ」”で決めたように、「それが何か?」と言うべきでした。
全く親子して同じような事を聞いてきやがって。
あの親にして、この子ありと言ったところか。

都会的な、隣人がどういう人かも知らないような、冷たさ、興味の無さはちょっとあれですが、田舎のお互いを監視し合っているような、好奇心も困ったものです。

その他にも、「Yさん(僕の苗字)の弟さん?お兄ちゃん?」と、これまたいきなり初対面で聞いてきたオバサンにも、最近声をかけられました。
やはり挨拶無しの、いきなり質問から始まる会話。
なんなのそれ、流行ってるのか?
土地柄?
弟の事聞かれると、辛いものがあります。
もうほっといてくれ。

プライベートな話は聞かない常識のある人もいるので、それが僕の希望ではある。
常識のある人は、部落のある最奥から離れた、新しく出来た集落の人です。
僕は住んでいる場所は聞けないので、正確に常識のある人たちが住んでいる場所は分かりません。
犬の散歩で、僕がちょっと歩いた所でUターンする人は、遠くから歩いてきているのだろう という予想でしかできないですが。

10回以上会話して、ブブ彦とわんちゃんが仲良くなって、「○○さんですか?」と聞いてきたお爺さんがいましたが、これは嫌じゃなかったです。
それに○○さんという名前も全然違う名前で、外れてたし。
それに比べて、今回の話に出てくる「姉は何処に嫁いだ?」さんも「弟さん?お兄ちゃん?」さんも、正確に僕の事をYさんの息子だと知っているのだから、ちょっと怖くなります。
こっちは全く相手の事は知らないのに、向こうは詳しく知っている、顔を覚えているというのは、盗聴でもされた気分です。

ホドホドの付き合い方という物があるだろうに。

2012年10月 2日 (火)

あぁ、食い道楽 貧弱男子、カツを喰らう

僕は豚カツが苦手です。
フライは全部苦手です。
嫌いじゃなくて、苦手なんです。
味は美味しいと感じます。
では何が苦手なのか?
非常に貧弱で、情けないのですが、フライを食べていると口の中が痛くなってしまうのです。
サクサクの衣が口の中で擦れて、擦りむいたような感じになってしまいます。

あとは、トーストも苦手です。
味は美味しいのですが、やはり口の中が痛くなってしまう。
カレーパンでもそうなります。
そうそう、ポテトチップスでもなりますね。

こういう事って、他の人はならないのかな?
誰にも聞いた事がないので分かりません。
皆痛いのに、我慢しているのかな?

僕の食べ方がおかしいのか、噛み方がいけないのか、もう骨格からして、そうなる運命なのか。
分からない。
う~ん、そんな事を書いていたら、今夜の晩御飯は豚カツ。
やはり痛くなってしまうのでした。

貧弱、貧弱、貧弱ぅ~~~

2012年10月 1日 (月)

ダイエット奮闘記(プチ) 更に更に、

体重が落ちません。
間食をやめました。
ブンブンにチーズケーキを買いに行く事も止めました。
でも、体重が1kgしか落ちてない。
1kg減なんて、体重を量るタイミングを調整すれば、どうにだってできる値。
1kg減は痩せたとは言えないと思っている僕である。

それにしても、もっと落ちても良いはずだ。

もっと、食べる量を減らさないといけないのかもしれないけれど、大好きなカレーになると、大盛りにしてしまうという意思の弱さ。
もっともっと気合を入れて、覚悟を決めないといけない。

ダイエットが辛いものだとは分かっているはず。
これは自分との戦いだ。
ポヨヨンお腹のままで良いわけがない。

ぼかぁ、やるよ。
やってやるとも。
目標体重60kgまで、あとマイナス11kg

って11と書いていて、改めて厳しいダイエットになると実感。
でも やる と決めたからには、達成できるように頑張ります。
もはや(プチ)とは言えないほどになってきました。
ダイエット後の後日談をチョコチョコっと書くつもりだったのに、これじゃぁ、奮闘記第4部じゃないか・・・・・
早く決着がつくように、気合いれます。

体重 71kg
体脂肪率 22%

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »