« 僕と うつ病、闘病記 社会復帰に向けての感覚的な話 | トップページ | あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ ほうじ茶と薩摩芋のスフレ »

2012年10月11日 (木)

JOJO展に行ってみた

20121011jojo今日の話は、JOJOの奇妙な冒険を読んだ事の無い人には、サッパリ分からないと思います。
堪忍して下さい。

六本木ヒルズで数日前から開催されている、JOJO展に行ってきました。
荒木飛呂彦先生の原画を生で見る事ができます。

しかししかし、原画展の話をする前に、書いておかないといけないのです。
会場までの道のりが、非常に分かりづらい。

六本木ヒルズの52階でやっているというので、エレベーターを探すのですが、それが無い。
あちこち見て回ったのですが、オフィスエリアばかりで、立ち入り禁止。
写真のようなJOJO展のポスターはあちこちで見る事ができるし、物販コーナーで何かを買ってきた人がJOJO展の袋をさげてすれ違う。
もう会場に到着できないんじゃないかと不安になってきて、袋をさげている人に、道を教えてもらいました。

すぐ隣のエリアが正解だったのですが、本当に分かりづらいよぉ~
52階へ行くには、3階までエスカレーターで移動し、チケットを3階で切ってもらう必要があったのです。
しかも、地下鉄からの出口は2階に続いていて、出てきた時はそこが地上1階のように感じるのです。
斜面に建っているのか、盛り土をしたのかは分かりませんが、1階のように見せて、実は2階というのが、混乱させます。
開場の15分前には到着できたから、良いのですけどね。

さて、会場に入ってすぐに思った事。
写真撮影がOKならなぁ~ って事です。
いきなり石仮面が飾ってあります。
その他にもプラックの剣、エイジャの赤石、弓と矢、スティッキーフィンガーズで穴の開いた壁、承太郎のディスクを運ぶ伝書鳩など盛りだくさん。
その他にも等身大の承太郎、DIOなど原画以外のお楽しみが沢山。
AR技術を使ったスタンドの戦いが見れるiPadや、杜王町の地図からそこで起きたストーリーを表示するiPadなども用意されていました。
原画も生で見ると迫力満点で、一つ一つをいつまでも眺めていたくなる程でした。
6部の原画は、鉄格子越しに見るなど演出も心にくい。
荒木飛呂彦先生のインタビューやARの展示物を体験していたら、2時間はかかると思います。
最後に物販コーナーに通されるのですが、売っているものをオーダーシートに記し、何が売っているかが一目で分かるのが親切でした。
大友克洋さんの原画展では、物販コーナーは2時間待ちで何が売っているのか、何が売り切れているのかは、店内に入らないと分からないという状態で、買い物を諦める必要があったのですが、JOJO展ではそれが無くて、感心しました。
みんな熱心にオーダーシートに記入していて、次々に写真のイラストが描かれた袋を肩にさげている様子を見て、僕はなんだか嬉しかったのでした。

今までJOJOが好きだという友達はあまりいなくて、「あの独特の絵が苦手」とか言われていたので、世の中にはこんなにJOJO好きが隠れ住んでいたのか! と絶滅危惧種が山奥に行ったら、まだまだ生きていたというような嬉しさがありました。

女性が多いのがビックリでしたね。
男女比は半々くらい。
年齢は20代~30代前半がほとんどでした。

物販コーナーや、エレベーター付近に、JOJOのフィギュアが大量に鎮座していて、お祭り騒ぎでした。

荒木先生、今後も、否、どこまでもついて行きます(笑)

« 僕と うつ病、闘病記 社会復帰に向けての感覚的な話 | トップページ | あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ ほうじ茶と薩摩芋のスフレ »

まさ爺のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

わ~!行ってきたんですね。
うちの夫もジョジョ好きなので「行きたい~」と、言っていましたし。
友達も、旦那さんの影響で夫婦で行くそうです!!
で、みんなが大絶賛するものだから、実は私も読み始めたんです(笑)
昨日、第2部まで読み終わりました!ワムウ!!
やばい~はまりそうです~~!!

ひとみさん、お早うございます。
カップルの姿も数組いましたよ。
パートナーがJOJO好きだというのは、良いですね。
読んだ事も無いのに、会場に連れて行かれても、つまらないだろうし。

第2部まで読んだなら、もう峠は越しましたよ。
第3部からは、いよいよ大人気キャラの承太郎が登場します。
部が変わるにつれ、絵も見やすい洗練された物になっていくので、最後までよんでほしいです。
って全部で100巻以上もあるから大変なんですけどね。


とうとうこの日がきたんですね(・∀・)!
ジョリーン?のとこしか呼んだことないのですが、大御所漫画家の展示会はいきたいですねぇ~(*´Д`*
最近はしょこたんとかそれよりも若いひとが呼んでたりしますよね。もはや二世代?
わからなくても夏の展示会いけばよかったなぁーと今更おもいます。
本物の迫力はちゃんとこの目で確かめないと!

ふゆみさん、こんばんは。
仙台でのJOJO展に行きたいのに行けなくて、ガッカリしていたわけですが、やっと東京のJOJO展に行く事ができ、大満足です。
元気を取り戻したような気分です。

徐倫の原画で、ハッとするような物があったのです。
色気があって、格好良くて、目が離せない状態です。
その複製が売店に売ってました。
値段は、35000円です。
高い・・・・・・ 欲しいけど諦めました。
3万円しか持ってなかったし・・・・・ っと自分に言い訳してみたり・・・・・・

いったんですね兄貴!

そこにしびれる憧れるぅ!

(うらやましいな・・・)

せーさん、こんばんは。
行きましたよ~。
苦手なローソンのロッピーに行って、チケット買いましたもん。
すごい人気だそうで、JOJOファンには嬉しい話なんですが、人気がありすぎて、チケットは持っているのに、入場制限があって、、見る事ができない事もあるそうです。
土日のチケットは完売だそうです。

せーさんにもあの会場の雰囲気を味わってほしいなぁ・・・・・・

この記事へのコメントは終了しました。

« 僕と うつ病、闘病記 社会復帰に向けての感覚的な話 | トップページ | あぁ、食い道楽 トシ・ヨロイヅカ ほうじ茶と薩摩芋のスフレ »